« 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 1/3 »

2021年7月19日 (月)

新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 2/3

私の見立て ★★☆☆☆ 「フェイク」蔓延の予兆 2021/07/19

*人工技術の幻妄
 磯田氏は、「不自然」な人工技術の新規性を賛美するが、先ほどまで縄文原住の者のココロを讃えていたのが急転直下で、人のココロは「豹変」と言いたいのか。

*カタカナ言葉の幻妄
 番組は、挙って生煮えのカタカナ語で新技術を褒め称えるが、当時、そのような言葉の価値観はなかったから、諸氏の内面の「幻想」に過ぎない。
 磯田氏は、しきりに、世界観、価値観の突出を語るが、もし、誰かがそのような意識変革をしても、伝わるのは至近距離に過ぎないのを忘れてはならない。
 当時は、この番組はないから、語られている世界観は、知りようがなかったのである。ここにあるのは、同時代に存在しない別世界の言葉である。

*墳丘墓談義の序奏
 歴博杉本氏は、弥生墳墓は、高い盛り土と決めているが、倭人伝記事では、封土に過ぎない。高塚は、堅固に石積みしないと、成立しないのである。

 氏の専門分野らしく滔々としているが、素人向きに言葉を改め誰でもわかるようにして欲しいのである。格闘技ではないのでキメ技名乗りは必要無い。

*硯新規発見
 そこに、文字利用の萌芽が、硯の出土によって裏付けられたという。しかし、従来発掘で、硯が出土していなかったとは、確信できないのではないか。

 先に描かれた技術者集団は、いかにして高度技術を伝承し、加工方法、加工手順を普及させたのだろうか。口伝だけだったというのだろうか。

 そのような高度な技術で、生産量を増やした稲作を、周辺に広げる際に、どのようにして、高度で握雑な新規が普及できたのだろうか。

*「ネットワーク」時代錯誤の怪
 中国銅銭出土を根拠に玄界灘を中核とする船舶「ネットワーク」なるカタカナ語を押しつけてくるが、勘違いに過ぎない。海村は近隣海村と交流したまでで、乗り継いで遠隔の海村と連携したとは見えない。文書通信も高速大量輸送も無い時代に、カタカナ語を塗りつけた幻想戦術は畏るべきである。

*文書行政・貨幣経済の輸入
 磯田氏は、海村の民が、中国統治システムを帯方郡で学んだというが思い込みに過ぎない。郡からは通貨を学んだのではないか。等価物々交換に銅銭なる指標を取り込み、市場相場に応じた市糴、古代の市場経済というものである。

 そして、多数の留学生を派遣したり、先進国の高官を招請したりして、初めて、高度な文書行政国家が創設できたのは、歴史の示すところである。

3.「古墳時代」
 ここまで、九州北部、玄界灘の視野であったのが、突如、纏向箸墓を端緒とする百舌・古市古墳群に大きく飛躍するのが、当番組の離れわざであるが、今回は、なぜか関東が皮切りである。父祖の墓地を、近郊に設けて命日に偲ぶのが日本人のこころのはずだが、関東古墳葬礼を描く。地域支配者の務めは、各集落への水分(みずわけ)であったと示している。整合しているのか不明。

*「馬」の導入~偉大な改革、謎の連発
 「関東」の支配者は、いち早く「馬」を採り入れて、地域の権力を支配し、ヤマトと交易したとの見解である。馬の繁殖と訓練には、先進地域から多くの技術者と成馬の導入が先決であるから、その由来は謎である。歴史上実現されたのは間違いないから、その歴史が残されていないのを悼むだけである。
                                未完

« 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 1/3 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 「古代人のこころを発掘せよ!!」 1/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ