« 新・私の本棚 番外「誕生 ヤマト王権~いま前方後円墳が語り出す」1/4 改訂 | トップページ | 新・私の本棚 古田武彦 九州王朝の歴史学~「国都方数千里」談義 再訂版 1/2 »

2021年7月24日 (土)

新・私の本棚 古田武彦 九州王朝の歴史学~「国都方数千里」談義 再訂版 2/2

 第四章 新唐書日本伝の史料批判  ミネルヴァ書房 2013年3月刊
私の見立て ★★★☆☆ 功罪相半ばの卓見 2020/11/09 改定2021/01/11 再訂 2021/01/12, 01/31 2021/07/22

*短里制実施例との解釈
 古田氏は、「方数千里」は、「日本」の領域(面積)を示す幾何学的な矩形、ないしは正方形の表現であり、現在知れている日本列島の地形から判断して、一里四百五十㍍の「普通里」、つまり、古来通用している「里」でなく、魏晋代に通用していた、「普通里」の六分の一の「短里」七十五㍍が整合すると説きました。魏晋朝限りだったはずの「短里」が、遙か後世の新唐書に援用されたとの主旨ですが、以下の通り、論拠が整っていないものと見えます。

 なぜ、「倭」継承を嫌った「日本」が、中国魏晋代独特の古制「短里」を持ちだしたか、不可解です。漠然とした国界だけで国の形が不確かなのに、「方数千里」を「数千里四方」と解するのも不可解ですが、これを、単に「誇大」と見たのは古典知識に欠けた鴻廬寺掌客の浅慮、短慮と思うのですが、史官は、史実の記録として、公文書記録の通りに書いたのでしょう。

 因みに、魏志烏丸東夷伝の数カ国記事の「方里」は、いずれも、中原の土地制度の通用しない、また、地形不明な辺境国の国力を表示したも真野であり、いずれにしろ、それぞれの「国」の正確な領域は知られていなかったのです。かといって、領域の知られている、比較的近隣の諸国に対して「方里」を適用した記事は無いので、「方里」の検証は、不可能なのです。
 と言うことで、不可能な検証の論議は無駄なので、「理解不能」を暫定的結論として、先に進みます。

*「倭」に対する誤解払拭~余談
 少し離れますが、正史記事とは言え、「倭」が悪い文字と解するのは、東夷蛮人の誤解、と言うか、勝手なこじつけであり、今さら、古代人を教え諭す術はないのですが、それにしても、現代人の追従の様は、安直に過ぎると考えます。

 もともと、無教養な「倭人の言い立て」を記録したのでしょうが、後に正史記事を書くに際して、史官は、鴻廬寺掌客の受け答えが不合理、不正確と見えても、訂正はできず、そのまま正史記事にしたと見えます。

 東夷の後裔の素人でも、中国語の古典書では、倭は、めでたい文字と解されていたと知っているので、ここでも、「上覧を経た公式記録文書は(明らかに誤伝でも)訂正できない」という、厳格な正史編纂方針が窺えるのです。むしろ、古典書以来の定則に反する、反則となる蕃人の意見を、蛮人の不見識を示すために、ことさら記したものと見えます。世上好まれている「春秋の筆法」とまで言うものではないでしょうが。

 このように、正史に書かれているからと言って、史官が「正しい」と確認した内容でないことは、あり得るのです。ちゃんと、文脈、前後関係から、真意を読み取るべきです。一度、考えてみていただきたいのです。 

*「方里」解釈への異議
 方里を、正方形一辺一里の図形とする例がありますが、そのような面積の使われた由来、根拠が不明です。面積は辺の自乗で増減して(読者の理解を超え)収拾が付かなくなるのです。

 私見では、「方里」は、国内戸籍情報に基づく「農地面積総計」であり「数千里」は、概数の定則から「二、三千里」と見ています。

 基本的に、五千里は、十進範囲を四分割する程度の概数でも、五千里と思います。つまり、(「零」)、「二,三千」、「五千」、「七,八千」、「一万」という感じです。現代では見かけない、大雑把な概数観ですが、それが時代相応とする合理的な意見に対して、現代人の「素直」な感情的な解釈を適用していては、時代人の真意を知ることはできないでしょう。

 こうした概数表示の初歩的な常識からして、数千里は 二,三千里の意です。その倍に当たる五千里程度を無造作に数千里とするのは、余りに大まかすぎます。五千里に近ければ、常識的には「五千余里」と書くものでしょう。

 恣意で概数表記解釈を撓めるのは、古代史学界の因習の一つに見えます。

 つまり、各地方の検地担当者が、一戸ずつの農地面積を「頃、畝」で書き留めたものを集計して得た「頃、畝」を一里四方の面積である「方里」に換算した統計数字であり、あるいは、倭国が、国内制度として魏晋代の旧制を維持していたのかも知れません。解釈が揺らぐところです。

 国(農地)としては、魏志東夷伝の韓国(方四千里)より狭く/弱小であり、高句麗(方二千里)より少々広く/富裕であることになります。もっとも、以上の解釈は倭人伝基準ですから、新唐書が正しく継承したかどうか、やや不安が残ります。

*試算の試み
 領域農地を方二千五百里(二千五百平方里)と見れば、一辺五十里、二十五㌔㍍程度の範囲であり、その程度の戸籍整備範囲と見えます。

 方二千五百里は、常用単位で百万畝程度であり、一戸あたり五十畝と見ると(憶測です)、二万戸に相当しますが、どの程度の領域がわからないので、それが多いとも少ないとも言えないのです。

 はっきりしているのは、戸数や方里と収穫量や動員可能兵力は、堅固な相関関係があるということだけです。一方、未開地、荒れ地の面積など、何の意味もないのです。

〇倭人伝道里記事への波及
 本記事は、近来、古賀達也氏が提起した『「南至邪馬壹國女王之所 都水行十日陸行一月」を「女王之所都」と解するのは誤解であり、「都云々」は「すべて水行十日陸行一月」の意と解すべきである』との倭人伝解釈を支持する一件と思われます。

 倭人伝道里行程論、里程論の長年の論議に於いて、大変意義深い、画期的な提言と思うのですが、余り、反響がないのが残念です。目立たない提言ですが、実は、行程記事の目的地が、九州島内から出られなくなるのであり、いわば、畿内説に引導を渡す議論なのですが、これもまた、黙殺するのでしょうか。

 因みに、古代史の泰斗、上田正昭氏は(今般の「都」の新解釈は抜きで)総日数表示という解釈に対して、「史学に於いて、自身の論議を進めるのに都合がよいと言うだけで肯定的に評価するのは、正しい態度ではない。用例、前例の確保が不可欠である」と苦言を呈されていたように思います。当解釈を加味して、それでも、証拠不十分と仰るかどうか、お伺いしたかったところです。

 因みに、このような定則の提言に対して、散発の例外用例を指摘して異議とする向きがありますが、いかなる定則にも例外は存在するというのが古来の常識であり、また、用例解釈は、厳密に交渉してから取り上げるべきだということも、手抜きしてはならないと考えるものです。
 むしろ、唐代の常識が、魏晋代に常識であったかどうかの時代考証が先行すべきでしょう。

 倭人伝「南至邪馬壹国女王之所都」の異論異説(1)
                                以上

« 新・私の本棚 番外「誕生 ヤマト王権~いま前方後円墳が語り出す」1/4 改訂 | トップページ | 新・私の本棚 古田武彦 九州王朝の歴史学~「国都方数千里」談義 再訂版 1/2 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外「誕生 ヤマト王権~いま前方後円墳が語り出す」1/4 改訂 | トップページ | 新・私の本棚 古田武彦 九州王朝の歴史学~「国都方数千里」談義 再訂版 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ