« 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 1/3 »

2021年8月21日 (土)

新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 2/3

 日本歴史 2006年9月号 吉川弘文館       2019/02/20 補充 2021/08/21
 私の見立て ★★★☆☆ 多大な労力に敬意 孤高の徒労か

*日程 不届きなドタバタ
 日程論も、伊都国以降の里程解釈に依存していて、直線行程と解釈して最終部が否定困難となったために起こる「ドタバタ喜劇」であり、廃棄することはできないにしても、単なる仮説に落とすべきです。

 魏制が求めたのは、郡から王の居処への所要日数であり、これが「日数水行十日に加えて陸行一月」と明記されているのです。何しろ、郡から末羅国の里数は明確なのに、所要日数は明記されていないわけですから、そう理解しなければ、「倭人伝」として必須記事が欠けていると非難していることになります。

*墨守
 そこまで、内藤・白鳥論争を辿って、論争初期の諸論が行き届かないものであったことを示した後、氏は、自身の理解で捌こうとします。(現代「読者」の理解力が、三世紀「読者」の要件を満たしていれば、それが正解への最短の道里ですが、ほぼ間違いなく、理解力の不足、欠格により、題意の理解に失敗して頓挫するのが、多くの、つまり、ほぼ全員の失敗の前例に示されています)

 方位論を云えば、氏は、相変わらず魏使、つまり、倭人伝「錯誤説」を振りかざします。何しろ、倭人伝の方位が正しければ、持論である畿内説は破綻するので、倭人伝「錯誤説」に固執するのです。そのような錯誤はあり得ないと、百人、千人が諄諄と理屈を説いても、「錯誤説」を撤回できないのが、背水の陣というものなのでしょう。
 魏使が、行程上の諸国間の道里、里数を提供したという誤解は置くとしても、伊都国記事に付された各国への道里行程の方位に間違いがある途方もない言いがかりが蔓延しているために、諸兄の誤解に論拠を与えているように見えるのが、深刻なのです。

 道里論で云えば、畿内説諸兄の例に漏れず、氏は随分「数字に弱い」と思われます。短里説を認めると、畿内説は破綻するので、変則理解に固執するのです。これも、また、不退転、背水の陣でしょう。これでは、論議が収束しません。

 日程論も同様です。水行十日、陸行一月が、(投馬国から)邪馬台国に至る道里として行程最後に来なければ、畿内説は破綻するので、俗説に固執するのです。不退転、背水の陣ばかりです。

 後に、三世紀の中国史書魏志の一記事である「倭人伝」が二千年に近い考証で検証されてきたのに対して現代東夷の勝手な解釈を押しつける目的で、倭人伝と同等の考証を受けていない東夷の『不法な』史料である、四百年後の七世紀書紀記事(隋使裴世清来俀とこじつけられているもの)を動員しての畿内説墨守は、学術的論議の手順を踏み外していて、感心しないのです。(それでは駄目ですよの意です。そもそも、中華に服属するのに、自前の天子を掲げる「正史」など、自国年号共々「論外」であり、下手をすると討伐されるのです。)

 三世紀中国史書は、三世紀に書かれた文化背景、先行史書の視点で解釈しなければ、編纂者の真意と当時読書人の理解を追体験することができないのです。つまり、浅慮に基づく勝手な誤解、極論すれば史料改竄になるのです。

 学術的な論議の前提として「書記」の史料批判が不可欠なのですが、この不可欠な手順を飛ばして、国内基準の読解が超法規的に投入されるのは、問答無用の最終兵器ということなのでしょうか。

 それでは、論証として、不備が満載で、後世の批判に耐えることができません。勿体ないことです。

*数字嫌いの食わず嫌い
 氏は、この蒸し返しで、最終行程の一千三百里が、長里なのか短里なのか比較検討ができないようです。
 短里制に大きな疑問がある」と嘆じていますが、疑問があるなら、ご自身の脳内の混乱を放置せず「聞くは一時の恥」と言う至言に従うべきです。このままでは、氏の不明が歴然と残され、末代の恥で、まことにもったいないのです。
 
 理解が困難なら、当方が好むきりの良い数字で、概数が自明として、「約」抜きの短里七十五㍍、長里(普通里)四百五十㍍と「仮置き」して場合分けして評価したらいいのですが、氏は、思考が混乱して文末まで動揺し続けたようです。
 
 わかりやすく言うと、一千三百里は、長里とすると五百八十五㌖、短里とすると三十五㌖で、それぞれ、諸々の誤差、不確かさを考えれば、一応、畿内説、九州説に適した数字と見えます。

 それが、自説にとってどういう意味を持つのかは、ご自分で考えていただきたいものです。

*里程論の突き当たり
 郡から末羅国までの里数を考え合わせると、倭人伝の短里/長里判断で、短里はそのまま理解できるのに対して、長里は不合理な「誇張」が必要です。後で蒸し返しが来ますが、理屈を整理すれはそれだけです。
 
 因みに、先ほど提示したように、測定不能な海上里程や測定困難な倭地里程を、どの程度の精度のものと評価するか、掘り下げが必要でしょう。
 
 この程度の理屈が聞き分けできなければ、全て一緒くたにして排斥し、短里説全面否定となるのも無理からぬ所です。

 そもそも、論争で、相手陣営の論理が聞き取れずに、感情/情緒だけで首を振り続けると、子供の口げんかになってしまって、とても、大人の論争などできないのです。
 いたずらに醜態を露呈し続けるのは、勿体ないことです。

                               未完

« 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 1/3 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 1/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ