« 私の意見 「卑弥呼王墓」に「径」を問う 後編      2/2 | トップページ | 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 3/3 »

2021年8月19日 (木)

私の意見 「卑弥呼王墓」に「径」を問う 前編      1/2

  字書参照、用例検索  2021/08/19

〇倭人伝の道草~石橋を叩いて渡る
 まず、倭人伝の「卑彌呼以死,大作冢,徑百餘步」の「徑」は、「径」と「步」は、「歩」と同じ文字です。ここで、「冢」は円墓、「径百余歩」の「径」は、直径、差し渡しとの解釈が当然としているようですが、古典解釈では、当然は、思い込みに繋がりやすくもっとも危険です。以下、概数表記は略します。
 当方は、東夷の素人であるので、自身の先入観に裏付けを求めたのが、以下の「道草」のきっかけです。

〇用例検索の細径
*漢字字書の意見
 まずは、権威のある漢字辞典で確認すると、「径」は、専ら「みち」、但し、「道」、「路」に示される街道や大通りでなく「こみち」です。時に、わざわざ「小径」と書きますが、「径」は、元から、寸足らず不定形の細道です。

 ここで語義探索を終われば、「径百余歩」は、「冢」の「こみち」が百歩となります。女王の円墳への参道が、百歩、百五十㍍となります。
 榊原英夫氏の著書「邪馬台国への径」の深意かと想ったものです。

 それは、早計でした。漢字字書には限界があって、時に(大きく)取りこぼすのです。

*古典書総検索
 と言うことで、念入りに「中国哲学書電子化計劃」の古典書籍検索で、以下の用例観を感じ取りました。単漢字検索で、多数の「ヒット」がありますが、それぞれ、段落全体が表示されるので、文脈、前後関係から意味を読み取れ、勘違い、早とちりは発生しにくいのです。

*「径」の二義
 総括すると、径(徑)には、大別して二つの意味が見られます。
 一に、「径」、つまり、半人前の小道です。間道、抜け道の意です。
 二に、幾何学的な「径」(けい)です。
  壱:身辺小物は、度量衡「尺度」「寸」で原則実測します。
  弐:極端な大物は、日、月で、概念であって実測ではありません。
 流し見する限りでは、円「径」を「歩」で書いた例は見られません。

 「歩」は、土地制度「検地」単位で、「二」の壱、弐に非該当です。史官陳寿は、原則として先例無き用語は排します。「径百余歩」は確定できません。

*専門用語は専門書に訊く~九章算術
 探索を「九章算術」なる古典書に広げます。算数教科書で検索から漏れたようです。「専門用語は専門辞書に訊く」鉄則が古代文献でも通用するようです。

 手早く言うと、耕作地測量から面積を計算する「圓田」例題では、径、差し渡しから面積を計算します。当時、円周率は三です。農地測量で面積から課税穀物量計算の際、円周率は三で十分です。それだけでも、一仕事です。

 それはさておき、古典書の用例で、「径」「歩」用例が見えないのは、「歩」で表す戸別農地面積は、古典書で議論されないと言うだけです。
 個別耕作地は円形の可能性がありますが、行政区画に円形はないのです。
 このあたりに、用例の偏りの由来が感じ取れます。
 上級(土木)で墳丘の底部、頂部径で盛土量計算の例題が示されています。

 以上で、「冢径百余歩」は、円形の冢の径を示したものと見て良いようです。

                                未完

« 私の意見 「卑弥呼王墓」に「径」を問う 後編      2/2 | トップページ | 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 3/3 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝新考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の意見 「卑弥呼王墓」に「径」を問う 後編      2/2 | トップページ | 新・私の本棚 西本 昌弘 邪馬台国論争 (日本歴史第700号) 補追 3/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ