« 私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 4/6 先行論考 | トップページ | 私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 2/6 日本國王并妻 »

2021年9月22日 (水)

私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 3/6 本藩の由来

                   2018/05/12 改訂 2021/09/22
*「本藩」の由来
 当方も、「中国哲学書電子化計劃」データベースのテキスト検索を利用しようとしたが、残念ながら、舊唐書のデータベース収録は完了していなくて、維基文庫の全文テキスト検索を利用せざるを得なかった。(注 どうも、この点は、勘違いしたようである)

 と言うものの、舊唐書で「日本」を検索した際にヒットする「日本?」(?は、任意の一文字)の、「本?」の各種用例を確かめたところ、以下のように感じた。

  1. 「本国」とは、中国王朝に臣従する諸国王が、自領を語るときに用いられる用語である。
  2. 「本州」とは、中国王朝内、諸国王の所領、ないしは、刺史などの統轄する州を言うとき用いられる用語である。
  3. 「本藩」とは、これらの用例に類する用語である。
  4. 「藩」は、元来植え込みの垣根であり、「藩屏」とは、小国が、塀となって帝都を囲んで外敵から守る姿を現している。「藩」は公式用語でなく、それ故、正史には僅かな使用例しか出現しない。
    但し、実務上、極めてありふれた用語であり、これにならって、江戸時代、家康による幕府開闢以来、各国の大名所領は、しばしば「藩」と呼ばれていたのである。

*「日本余譙」は場違い
 もし、ここに「日本余譙」と書かれていたとすると、ここまで碑文に「日本」とは何者か前触れがないから、唐突であり、読者は、一読して理解できないと予想されるのである。よく言う「不意打ち」で、無作法である。現今言われる、冷水を浴びせるような「サプライズ」で、不愉快なものである。

 つまり、当該詩文の読者は、「日本」を全く知らないから、碑文に示されたような書法は、不適切極まりないのである。詩文作者が祭祀者に提示したら、一発却下、解雇は間違いない。

 もし、つまり、英語の[If]のように、無理に仮定して、ここに書かれているのが、「日本列島からの援軍」残党とすると、当然の疑問は、肝心の「百済」残党はどうした、というところである。

 「本藩」と書かれているのは、墓誌の主人公が仕えたが、亡国の憂き目に遭った旧「百済」であり、従って、後出の「本余譙」は、本藩「百済」の余譙と解釈するのが順当と思う。

 誌文では、ここまでに「本藩」が二度書かれていて、読者は、短縮表現を理解する準備ができているのである。

*「本余譙」とは?
 ようやく、核心に辿り着いた。ついでに、用字を訂正する。

 結局、「(于時)日夲餘噍」の六文字句と解釈するのは、場違いであり、「(于時日)夲餘噍」と解すべきなのである。

 ここでは、「夲藩余譙」が、「夲余譙」と省略されたと想定しているが、誌文では、しばしば字数を揃えることが、厳しく要求されるので、時に短縮、時に延伸されるのである。

 こうして「于時、夲藩餘噍」と二+四文字では、対句となっている「據扶桑 以逋誅」と合わないので「于時日、夲餘噍」と三+三文字としたと見るのである。
                          未完

« 私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 4/6 先行論考 | トップページ | 私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 2/6 日本國王并妻 »

百済祢軍墓誌談義」カテゴリの記事

コメント

納得出来ます。示された方法も万全だと思います。古田武彦氏の残された学問を守り続けて下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 4/6 先行論考 | トップページ | 私の意見 禰軍墓誌に「日本国号」はなかった 追記 2/6 日本國王并妻 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ