« 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 4/6 本文 | トップページ | 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 2/6 本文 »

2021年10月 8日 (金)

新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 3/6 本文

 「魏志東夷伝から邪馬台国を読み解こう」(海鳥社)2015年2月刊 
私の見立て ★★★★★ 総論絶賛、細瑾指摘のみ  2021/10/08

*方里と道里
 東夷伝の「方里」は農地面積であり、それを、幾何学図形として現代地図に当てはめて推定した一里八十㍍は確たる根拠が無いのです。「方里」は、面積系単位であり、「道里」とは異次元ですから、流用できないのです。
 因みに、「方千里」などの表記は、扶余、高句麗、韓、對海、一大のように魏志東夷伝固有であり、地形、地理が知られている各郡、各国には適用されていないので、背景を知らない現代人に、すんなり理解は困難なのです。

*對海国方四百里
 對海記事で、「方四百里」を国の広さとするのは、同様の思い過ごしです。「對海国」は、国邑、つまり、国王居城を囲む聚落「国家」であり、領域の広さは無意味です。他ならぬ陳寿が、郡から倭に至る諸国は全て「山島国邑」と明記しているので、そう解すべきです。「一大国」も同様です。言い換えると、「方里」は「道里」方形と証されない限り、道里検証に起用できません。

*投馬国に至る道~倭人伝限定の「水行」
 三国志以前の中国史書道里行程に「水行」は無く、倭人伝にいたって、初めて、必要不可欠な渡海行程を、海岸を背にした「水行」と臨時に定義したというのが、小生の「孤説」です。つまり、末羅以南「水行」も渡海です。
 「実際」は、大分から豊予海峡を越えで三崎半島があり、おいおい漕ぎ継げば、長期渡海も可能でしょう。ただし、玄界灘から関門海峡、芸予諸島、備讃瀬戸は、当時の船体、漕ぎ手で一貫運行できなかったはずです。
 再確認すると「水行」は「渡海」であり沿岸、河川移動ではないのです。
 して見ると、長期「水行」を要する投馬国が九州島にないのは自明です。

*周旋五千里ということ~念押しの工夫
 陳寿は、道里を辻褄合わせし読者への手がかりとして、狗邪韓国と倭の完の「狗倭」道里を明記しています。道里最終区間は明記せず「狗倭」往来を「周旋五千里」と書いたので、読者は、自身の解釈を検算できるのです。
 倭人伝に肝心なのは、郡~狗邪~對海~一大~末羅~伊都~倭が要件で、以外は余傍で道里計算外です。陳寿は、主行程国を「(行程上の)女王国以北」、それ以外は行程外「余傍」としたので余計な思案が省けるのです。

*余傍の国~見過ごされた「明記」
 陳寿は、倭人伝道里行程記事で、奴国/不弥/投馬に言及しますが、奴国、不弥道里は、百里単位の「はした」で、投馬に至っては道里不明です。道里記事に載せた三国を「余傍」として道里計算に入れないのは、史書書法に従い、整然と明記したものと理解すれば、「題意」を見失わないのです。

*半島内行程~果てしない迷走の果て
 郡から倭に文書使を送るときに、漕ぎ船乗り継ぎを標準行程とすることは「明らかに」不合理なので説明がないのです。結論を言うと「循海岸水行」「従郡至倭」の「循」「従」の二字に官道施行が「明記」されているのです。

*「短里制」はなかった~明解な中締め
 倭人伝は、万二千里を実行程に当てはめ一里七十五㍍としたものの、国家制度とする重大な主張に証拠はないので「短里制はなかった」と結論します。
 当説では、水行十日三千里、陸行三十日九千里、どちらも、一日三百里と明解です。シンプル、エレガントというカタカナ語で締めて閉店御免です。
 場内非難囂々でしょうが、まずは、話の成り行きを確認してほしいのです。

                                未完

« 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 4/6 本文 | トップページ | 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 2/6 本文 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 4/6 本文 | トップページ | 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 2/6 本文 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ