« 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 2/6 本文 | トップページ | 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 序論のみ »

2021年10月 8日 (金)

新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 1/6 本文

 「魏志東夷伝から邪馬台国を読み解こう」(海鳥社)2015年2月刊 
私の見立て ★★★★★ 総論絶賛、細瑾指摘のみ  2021/10/08

〇始めに~謝辞に代えて
 本書は、しばらく前に購入して、まことに名著であると感心して、どう紹介するか迷っていたものですが、今般、高柴昭氏の好著を批評した勢いで細瑾を率直に指摘し、改善に貢献できそうだと意を決して高嶺に挑んでいます。

〇本著の美点
 本著は、史学を修めた著者が、長年の学究生活で、伊都国歴史博物館館長を務められた期間に「館長講話」として行った講演稿の集成と見受けます。豊かな学識と所蔵品含め多数の遺物の考察を踏まえた確実な内容であり、筆者ご自身の推敲と海鳥社の編集努力が見事に結実していると考えます。
 過去の書評で非難した落第例を引き合いに出しては恐縮ですが、本書は、学術書としての体裁を完備していて、編集担当者の高度な技が偲ばれます。

*構成の芳醇
 本著の趣旨は、副題に書かれているように、「魏志東夷伝」を総覧した上で、その一部である「倭人伝」を合理的に解釈するものであり、「倭人伝」集中を唱える小生には耳が痛いのですが、小生は、国内史料で形成された先入観で「倭人伝」を改竄する風潮が「倭人伝」論混迷の原因とみて、範囲を限定しているだけであり、大局的には、軌を一にしていると見ています。

*一級史料に立脚した堅実な議論
 それはさておき、氏の方針で、本書は、三国志東夷伝の書き下し文を基礎資料として収録し、同資料の考証を起点として議論を進めています。
 とかく、自説提示を急いで、論理的な筋道が交錯した、まことに多くの失敗例と大きく異なる展開です。氏の職掌柄、多くの論説を見聞きされているものと推察しますが、本著全体を貫くのは、整然とした論旨展開であり、一介の素人が云々できるものではありません。
 さて、そこまで言った後で、氏の好著に対して率直な批判を寄せるのは、小生の「門外漢」としての細やかな貢献と信じて苦言交じりで以下述べます。
 あるいは、小生の指摘は氏も承知の細瑾で、すかさず却下かも知れませんが、小生は、せめて、「見解の相違」として許容いただきたいものです。

〇緒論のお断り
 本稿に先立つ単独記事で、「後世概念闖入」を指摘する緒論をあげています。
 話の成り行きで部分的に重複する点は、ご容赦ください。

〇各論巡訪
 早速、表紙に邪馬台国への径」とされているのが、勿体ないところです。
 「邪馬台国」に関する古典的な議論は別儀として、「径」は、古代中国語では、間道、抜け道、裏街道の意で用いられことが多く、氏の真意が、真摯な小道であれば、せめて「路」と言って頂きたかったところです。(「径」の別義は、後に登場します)

 倭人伝でも現地の「道路」を評して、これでは、公道と言いつつ、まるで裏道、抜け道(禽鹿径)ではないかとする苦言があります。
 この点は、些細ですが、「倭人伝」の用語理解には、古代中国書籍の用語の理解が不可欠で、「東夷伝」まで広げても、足りないと見受けます。
 緒論の如く、国内史料世界観を三世紀に持ち込むのも禁物と感じます。
 以下、難癖と嫌われるのを覚悟で、述べていきます。

                               未完

« 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 2/6 本文 | トップページ | 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 序論のみ »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 2/6 本文 | トップページ | 新・私の本棚 榊原英夫「邪馬台国への径」 序論のみ »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ