« 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 5/5 | トップページ | 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 3/5 »

2021年11月 1日 (月)

新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 4/5

 塚田敬章 古代史レポート 弥生の興亡 1,第一章、邪馬台国か邪馬壱国か
私の見立て ★★★★☆ 必読好著 2020/03/05            2021/11/01

*「倭人伝」の意義
 最後に念押しすると、「倭人伝」談義は、現代人が論じているものなので、「倭人伝」を「倭人伝」と呼ぶことに罪悪感は必要ないのです。「倭人伝」を「倭人伝」と呼ばないで、「三国志魏書第三十巻烏丸鮮卑東夷伝倭人条」と「正確」を記するのは、素人目にも見当違いと見えます。素人目には、何が「正確」なのか、とんとわからないのです。

*コメント~時代観への異議
 氏の「三国志」観には、「俗説」に影響された勘違いがあるように思います。

 まずは、陳寿が編纂したのは、表向きは魏の歴史であり、漢の正統を継ぐ天子に叛旗を翻した勢力の歴史を収容したとの建前です。東呉と蜀漢には、皇帝はなく、皇帝本紀もないから、魏の歴史しかないのです。
 後年、曹魏が漢を継承したとの見方が退潮して、「三国志」は、魏呉蜀三国国志が併存しているとの見方が台頭し、遂に、「三国志」に、魏国志、呉国志、蜀国志が併存している見方になったのです。陳寿が編纂したのは、晋に先行した魏の国史とされ、陳寿の目論見は表面化していなかったのです。

 蜀は「漢」と称し、漢の正統を継いで北の反乱分子を制圧する「北伐」を企て、西方の関中に「官軍」を送り込んだので、魏軍の戦死者は多く、曹魏で諸葛亮は極悪人として恨まれました。そのような視点は、魏の官僚であった魚豢の編纂・著述した「魏略」の佚文に認められるそうです。

*蜀志、蜀書の由来
 陳寿は、曹魏以来、蜀を反乱分子と見た晋朝で蜀志を遺したのです。

 国史「呉書」が整った東呉と違い、蜀には、国史が編纂されていなくて、公文書にも脱落が多く、陳寿が蜀書を実質的に編纂した深意は明白です。

 先に触れたように、それぞれの国史は、それぞれの史官が公文書を集成/編纂した国史稿があれば採用しましたが、蜀史稿は未整備であったため、遺臣を糾合して蜀志稿の編纂を進め、多大な労力を費やしたことは想像できます。

*史官の務め
 氏も誤解していますが、三国史編纂は、史官なる記録者の職業倫理を遵守して、公文書史料をもとに編纂するのであり、野史の類いは、史料批判によって確認した上でなければ採用しなかったのです。また、史官は、文筆家ではないので、自身の個性は廃したのです。ご理解頂くようお願いします。

*陳寿像の再構成
 世の中には、史官には、職業としての倫理も信条もない、気の向いたように書いていただけだと、とんでもない断言をしている方もありますが、そういう方は、中国文明を甘く見ているとしか言いようがないのですから、ご自身の器で、見繕わないようにお願いしたいものです。
 よく言えば、そのような史官像は、実は、論者の自画像です。

 つまり、陳寿の信条は、勝手な想像力を排し、史料をもって語らせる、述べて作らずという鉄則に従っていたのです。思うに、陳寿は、献帝が、厖大な班固「漢書」に不満を持ち、国史としての核心に絞った、「春秋」回帰を試みた編纂を命じた荀悦「漢紀」に範を得ていたのかも知れません。

*免責のお願い
 ご多分に漏れず、二部にわたる塚田氏のサイト記事「批判」は、「批判」を口実に、個人的な感想を気ままに述懐したものであり、別に読者に押しつけるものではないので、一読後、シュレッダーにかけても、何も問題はありません。(童謡の「ヤギ」さんのように、このお便りを「読まずに食べ」られては淋しいのです)

                                未完

« 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 5/5 | トップページ | 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 3/5 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 5/5 | トップページ | 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 3/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ