« 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 3/5 | トップページ | 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 1/5 前置き »

2021年11月 1日 (月)

新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 2/5

 塚田敬章 古代史レポート 弥生の興亡 1,第一章、邪馬台国か邪馬壱国か
私の見立て ★★★★☆ 必読好著 2020/03/05            2021/11/01

弥生の興亡、1 第一章、邪馬台国か邪馬壱国か
  1、はじめに 2、邪馬台国か邪馬壱国か 3、漢音か呉音か   
 
1、はじめに
*コメント~倭人伝復権
 「倭人伝」は、日本の古代史分野では「大変」付きで著名ですが、中国文明圏で著名だったとは言えないはずです。むしろ、中国で「正史」の格段の地位にある魏志の一部というのが合理的ではないでしょうか。倭人伝論のあちこちで見かける「曲筆」に加担されているのでなければ幸いです。

*范曄「後漢書」談義
 また、直接、間接の贔屓の引き倒しにも気をつけたいものです。今日言われる「後漢書」は、史料評価の際には、范曄「後漢書」と特定して呼ぶべきもので、南北朝「劉宋」代に范曄によって編纂されたものですが、当然ながら、范曄「後漢書」は、後漢朝で保管されていた古文書に基づく一次編纂でなく、先行する「後漢書」類の上に立った総集編纂だったのです。

*先行史書~袁宏「後漢紀」
 先行史書の中で、高評価を得て温存されたのは、比較的早期、東晋代に、に上申された袁宏「後漢紀」であり、後漢献帝が編纂を命じた「前漢紀」の簡潔、精選の方針を継いで、質実剛健の史書として、合わせて「両漢紀」とされ、范曄「後漢書」と併存し、かなり良好な状態で全巻健在です。
 ということで、早くは魏代に編纂された七家とも八家とも言われる先行「後漢書」を、集約、整備したのが范曄なのですから、魏志と異なり、洛陽の公文書庫が健在な時代にそこから取り出した史料でないのです。
*不明な范曄「後漢書」東夷列伝出典
 但し、豊富な記録が残っていた西域伝は別として、東夷伝素材は量的に乏しく、後漢末期、東夷管理不調と見られる桓霊献帝時代史料は、元文書、楽浪帯方両郡の報告が洛陽鴻臚にとどいていなかったらしく、先行後漢書類に東夷列伝は、類書所存の断片のみで、信じられないものです。
 ということで、東夷伝の元史料としては、魏代に現地、遼東郡や楽浪、帯方両郡から接収された現地資料を、魏代に史官を務めたと思われる魚豢が、公務の一環として私撰した魏書稿「魏略」にしか残らなかったようです。
 冷静に考えればわかるように、范曄の「東夷列傳」は、出所不明の史料に基づいて編纂した模様であり、魏志を利用したと見るのは、早計です。後世人の盗用糾弾も確証なしでは、誣告に過ぎず、断罪は不適切なのです。
 一度、情報源を再確認することをお勧めします。
*コメント~「ふるさと」邪馬臺国
 氏は、非正統的な呼称を起用しますが、普通、「北九州」は、現存政令都市を連想させるので、古代史論者は避けているものです。また、「大和」は、後世行政区画なので奈良盆地全域と見られるので避けられているものです。氏が、特異な印象付与が目的でない限り、「九州北部」、「畿内」と称して、余計な連想を避けるべきです。
 ついでながら、「日本古代史」談義ならぬ三世紀談義に、後世地名や政治概念を持ち込むのは、読者に誤解を植え付けかねないので、心ある論者は、時に、あえて直感的に理解されないように懸命に言葉を選んでいるのです。

                                未完

« 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 3/5 | トップページ | 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 1/5 前置き »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 3/5 | トップページ | 新・私の本棚 新版 塚田 敬章 「魏志倭人伝から見える日本」 サイト記事批判 1/5 前置き »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ