« 新・私の本棚 塩田 泰弘 季刊 「邪馬台国」第131号 「魏志が辿った..」改2 2/5 | トップページ | 新・私の本棚 ブログ記事批判 sfuku52 「倭歌が解き明かす古代史」再 3/3 »

2021年12月11日 (土)

新・私の本棚 塩田 泰弘 季刊 「邪馬台国」第131号 「魏志が辿った..」改2 1/5

「魏志が辿った邪馬台国への径と国々」 2016/12刊行
私の見立て ★★★★☆ 不毛の道里論の適確な回顧 2020/04/08 改訂 ★☆☆☆☆ 無責任な投馬国道里 2020/09/03 2021/12/11,19

〇はじめに
 冒頭に「帯方郡から邪馬台国までの行程と里程の概要」と明記し、「魏志倭人伝に言う一里は現代で言う何㌔㍍かという問題を解決しておきたい」と端的です。「業界」風習に安住せず、課題(問題)を課題として取り上げ、明解な「解」を提示する困難に挑む気概は「優秀賞」の誉れを得ています。
 この姿勢に共鳴した上で、敢えて、手厳しい異論が多いのは、基本姿勢への共感の表れと見ていただきたいのです。
 改訂後の更に手厳しい批判は、投馬国道里行程論に、幻滅したからです。

*冒頭提言の空転
 先の端的な宣言は、反面、本論文の弱点を示しています。凡そ、論文は、先行諸論文を理解し克服しなければ意義がありません。つまり、長年にわたり諸兄が明解な「解」を与えられなかった未解決課題の挫折の原因を摘発、解決しなければ、また一つの誤解と解されます。工学分野では先行技術の克服が必須であり、それに馴染んだ当方は、この切り出しに賛同できません。

 そもそも、本論は、出所不明の行程文で始まっています。後になって、石原道夫編訳の岩波文庫版の文章とわかりますが、引用典拠の後出しは(著作権視点から)不法行為です。また、追って異論と対比するように(「郡から倭に至る」を置き忘れた)冒頭の狗邪韓国までの七千里の文は、同資料の解釈に無批判に追従しています。

*換算表の誤謬
 氏は、引き続いて、奥野正男氏が2010年の著書に提示した数表「里・㌔㍍換算表」の一里89㍍に独自の意見を加えたのですが、まずは、奥野氏の論考が適確に検証、批判されていないのが怪訝です。
 とは言え、掲載しているということは、趣旨賛成と見るもので、以下、その賛成票に異議を唱えるものです。

*里数談義
 素人考えでは、例示里数は、算用数字4,5桁で「余」有無もありますが、これら数字の根拠というか編者の真意を理解しないまま、「素直に」現代知識で計算するのは錯誤重積です。

 原史料の漢数字道里は、大半が千里単位と見えても、由来が異なっていて、安易に計算できないのです。まずは、松本清張氏も指摘しているように「奇数偏重」であり、その背景として、数学で言う有効数字一桁も怪しいと見て取れるのです。

 「余」と概数表明してない「里」は当然概数ですが、それでいて一律と見える「余」が、敢えて省かれているのは、別種の「里」だからでしょう。例えば、韓の「方四千里」は実測等でなく、郡が他領域と比較して、漠然と見なしたと見るのです。

 他で欠かさず「余」里とあるのは、道の「里」、つまり「道里」であり、移動所要期間に結びつくので、加算時の誤差累積を避けて中心値としたと言うことでしょう。大抵の人は早合点していますが、餘は、端数を切り捨てたという事ではないのです。

 このあたり、陳寿は、平静に、慎重に表現を選んでいるのです。現代人が、これをして、陳寿が数字に弱いというのは、物知らずの独りよがりです。結局、そんなことを書き散らすご当人が、古代数字にめっぽう弱いのを自覚していないだけです。
 古代に関すると知識に欠ける「無知」「無教養」の現代人が、古代史の世界観について陳寿と知性を競うのは、蟻が富士山と背比べしているようなもので、ご当人は勝っていると思っても、実はべらぼうな勘違いなのです。
 いや、ご当人以外の諸兄には、釈迦に説法ですが、現代は、誰でも、一人前に意見をぶてるので、こうした「屑意見」がのさばるのです。
 耳障りな余談をお詫びします。

*端数の意義 訂正追記
 当時の大抵の概数計算は、千里単位などの一桁算木計算で、平易で高速であり、桁違いの端数は無視してよいのです。また、十進法であったというものの、算用数字も0も存在しないの、横書き多桁表示は存在しないのです。

 一方、戸籍集計による戸数計算は、後漢書の楽浪郡戸数のように、何百万(口/戸)あっても、一の桁まで計算しますが、これは、多数の専門官が大変な労力を要する一大事業でした。後の「晋書」地理志では、両郡の統制が衰えたため、そのような集計が不可能となり、概数になっています。

 訂正:倭人伝の戸は、各国に戸籍があっての集計でなく、概算見積もりとみるべきです。何しろ、文字記録のない時代ですから、戸籍は未整備であり、郡から要求されたら、管内戸数を見繕いするしかなかったのです。
 因みに、戸数は、各戸の農地に直結していて、管内の収穫量を申告しているものです。つまり、戸数に応じて徴税されるのです。また、各戸に複数の想定がいるとの解釈となるので、管内で動員可能な兵数の表れともなるのです。因みに、今日言う「人口」は、特に重大な意味はなかったのです。年少者や老人、婦人の数を数えても、意味がないのです。

 末羅以降の百里単位の里数は、郡や倭人には大事であっても、全体の万二千里や、先立つ七千里、三千里から見れば、端数であり、些細なのです。

 諸兄の中には、ご不快に思われる方も多いでしょうが、倭人伝は、これら余傍の国の精密な位置付けのために書かれたものではなく、また、郡から倭に至る行程記事は、当時の中原人が読めば、すらすらと読解できるように書かれたものですから、現代でも、すらすらと正解に収束するはずなのです)

*論外の「方」表示 不可思議な島巡り 訂正追記
 さて、両島の「方」表示は、韓半島との大小比較目安なので、道里計算から外すべきです。また、「方…里」は、道里と異なる面積単位との説もあり、奥野氏は、不正確らしい数字を排除して計算精度を保持したと見えます。

 古代中国で、「方…里」は、地形を表明したものではなく、管内の耕地面積の総計を示したもので、収穫量に連動しています。つまり、この際の「里」は、領域の地形、大小を示すものでなく、まして、領域を方形で近似したものでもないのです。古代の計算方法では、農地が、正方形、長方形、台形、平行四辺形、円形、半月状など、いずれの形状であっても、計算方法が明確なので、それぞれ「方里」が計算できたのです。
 管内の集計は、各戸の「方里」を足していくので、管内の農地全体がどのような形状になるか不明であっても、徴税上、農地の形状は関係無いのです。もちろん、領域内の耕作不能な荒れ地や河川流域などは、集計から除外されています。

 對馬国、一大国は、「良田」、つまり、「徴税するのに相応しい収穫の得られる農地」が少ないという泣き言を入れていて、減税ないし免税をたくらんだものと見えます。従って、戸数を規準にした課税はご勘弁いただきたい」という事です。倭人伝に掲載された趣旨は不明ですが、一応趣旨を認めたということなのでしょう。。
 因みに、「田」は、倭地では「水田」の可能性が高いのですが、本来、中原の農地は、乾田が大勢で「水田」は、例外と見られます。要は、水田田作りするにも、水を通しやすい土質と降雨量の乏しい気候が災いして、成り立たないのです。そのため、中原農家と倭地の農家では、一戸あたりの「収量」が大きく異なりますが、その辺りの補正計算は、別儀とします。言うまでもないと思うのですが、水田稲作地帯の日射量、気温、降水量から得られる収量は、中原での穀物収量に比して、隔絶して多いのです。
 いずれにしろ、積載量の限られた渡船で、大量の米俵を運ぶのは、限りなく困難なので、郡として、両国からの徴税にこだわることはないと見えます。(韓、倭には、銭がないので、中原諸国のように、農民が産米を地域の商人に売り渡して穴あき銅銭に換金し、銭綛を納めることもできないのです)

 念のため付言すると、食糧の自給自足ができない状態では、食料輸入しない限り対海国は「持続」不可能です。実際は、対海国は、南北市糴の唯一無二の寄港地であり、当然、漕ぎ手を確保した市糴船を多数所有して運行していたので、通過する貨物から運賃なり、入出港の経費をたっぷり徴収して繁栄していたのであり、例えば、一船ごとに[米俵]を献上するようにしておけば、食料は、いつも潤沢なのです。

*市糴の話~余談 2021/12/19
 そもそも、対海国は、倭の国境であり、韓国領に荷物を売るときには、一大国のような同国人との取引で買い叩かずに手加減するのとは別で、好きなだけ値付けできるので、[国際交易]の利益は潤沢であったはずです。そのような商売をするためには、半島側の港に[上屋]海港商品倉庫を持ち、市を主催して、参集した半島内各地の買い手をあしらう、対海事務所のようなものを確立し派遣した監督者が警備の兵を雇っていたはずです。(当然、買付もしていますが、「当然」なので詳しく書きません)
 倭人伝には、対海国人は、「乗船して南北市糴する」と、要点だけを書いています、国として、市糴の利益を確保するためには、そのような組織が必須であり、それは、当然自明なので、要点のみにとどめているのです。この点、余り、倭人伝「對海国条」論議で聞かないので、素人考えを書き残すことにしました。

 また、古田氏提唱の「不思議」な島巡りの数百里は、勘定に入ってないのです。

                                未完

« 新・私の本棚 塩田 泰弘 季刊 「邪馬台国」第131号 「魏志が辿った..」改2 2/5 | トップページ | 新・私の本棚 ブログ記事批判 sfuku52 「倭歌が解き明かす古代史」再 3/3 »

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 塩田 泰弘 季刊 「邪馬台国」第131号 「魏志が辿った..」改2 2/5 | トップページ | 新・私の本棚 ブログ記事批判 sfuku52 「倭歌が解き明かす古代史」再 3/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ