« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月27日 (日)

今日の躓き石 毎日新聞スポーツ面の汚点 「五輪リベンジ」の不始末

                      2022/02/27
 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊12版スポーツ面のど真ん中である。いや、「陸上クロカン」なる記事の中程で、勝者の談話を持ち上げている小見出しだが、素人目にも、三流以下の不出来な談話で、何とも情けない。これでは当人の評判が下がるしかない。
 要は、当人が、ちゃんとした言葉遣いで話せない半人前なのがあからさまなのだが、それは、これまでちゃんと指導者が、汚い言葉遣いを直さなかったのが原因だろうが、何しろ、責任者の氏名不詳だから追及しようがないのである。それにしても、そんな、一人前の大人がしゃべるのが恥ずかしいセリフを、殊更でかでかと取り上げる担当記者の気が知れないのである。
 ここは、スポーツ面かも知れないが、世界最高の日本語報道紙の紙面なのである。言いたい放題のSNSではないのである。

 まずは、レースでコース外れをしてのけて、うまくごまかせたことを「やべって思った」と口汚く言った後で、勝者インタビューで「今の自分はダサい。オリンピックの舞台でリベンジしたい」などと、さらに汚い言葉で喚いたのを、そのまま報道するだけでも問題なのに、小見出しを立てるのだから、この言葉遣いは、担当記者の好みなのだろうか。予選下位敗退者が、別に何を誰に誓おうと、元々何の関心もなかったのだから、読者の知ったことではない。
 オリンピック代表に選ばれながら、自分が不出来で惨敗したのに、「くやしい、仕返ししてやる」しか言わないのは、何とも奇天烈な談話で、人選の誤りだろう。陸連は、ちゃんとした言葉で談話を出せない選手は、人選から外すべきではないか。

 また、毎日新聞も、このような姑息な手段で当人の評判を落とさなくても良いのでは無いか。今回の記事は、署名記者をブラックリストに載せるもののように見える。

 今回の大失態の責任は、このような記事が紙面を汚すのを停められなかった編集/校閲部門にあるように思う。記者の失態は、内部で是正して、読者に不快な思いをさせないというのが、大新聞の務めではないだろうか。

以上

2022年2月23日 (水)

今日の躓き石 NHKBS「奇蹟のレッスン」に汚点のナレーション 「リベンジマッチ」

                       2022/02/23
 今回の題材は、NHKBSの 『奇跡のレッスン「野球編」』である。[BS1] 2022年02月23日 午後7:00 ~ 午後8:50 (110分)

 番組は、最強コーチが、「楽しくて考える野球の道を日本の子供に伝える」ものであり、全体としてたいへんよくできたものと思うのだが、前半の締めの部分のナレーションで「リベンジマッチ」が出てきて、折角の番組に泥を塗ったのは、残念であった。

 いくら悪意がなくても、テロリスト紛いの「リベンジ」汚泥を子供達に擦り付けては、道に外れていると言わなければならない。
 負けたら、相手を恨んで次は血祭りに上げるというのは、野球界に長年漂っている悪習である。次世代に伝えたくないものである。

 いや、これは、復讐戦でなくて、近年蔓延している「ダイスケリベンジ」かも知れないが、野球界にしか通じない汚れた言葉を、さらに次の世代に伝えるというのは、恥知らずな汚点継承である。
 いゃ、番組の最後、試合に勝ったところで、「リベンジ」を果たしたとナレーションが入ったから、当番組のライターは、血なまぐさい「リベンジ」 が好みらしい。悪しき伝統に忠実なのか、勘違いで言い損なったのか、困ったものである。

 ついでに言うと、「因縁」などとこれまた血なまぐさい、反社会勢力紛いの言葉が出てきたが、同地域の有力な競争相手とたびたび闘うのは、別に偶然でもなんでもないし、何度も同じ相手に負けるのは、要するに、相手に比べて工夫が足りない、努力が足りないという事ではないか。子供じみた逆恨みなど、早く卒業してもらいたいものである。いや、当番組は、そうした知恵を各選手自身に気づいてもらえるようにするのではなかったか。

 もちろん、最強コーチは「平成の怪物」などではないから、「リベンジ」などと言っていないはずである。NHKの番組制作班のお粗末なスポーツ観が、またもや出てきたのだろうが、視聴者は、番組では、最強コーチと生徒達しか見ていないので、そこから出てきた言葉と思うはずである。折角の志に泥を塗っては困るのである。

 NHKにお願いしたいのは、スポーツ担当記者などの意識改革である。「復讐心」や「親/監督の遺志を継ぐ」だのスポーツに本来無縁の感情を書き立てるのは、ぼちぼち卒業してもらいたいのである。NHKが、そんな反社会勢力やテロリストの好む言葉を言わなくても、世間には、そうしたヤジが多いのである。

 NHKには、表立って、こうした悪い言葉を葬る「言葉の護り人」の役目を望んでいるものである。せめて、ナレーターが読み上げるまでに、誰かが止めることはできないのだろうか。NHKの番組は、大勢が知恵を出して作り上げているはずなので、その中に、ちゃんと言葉の意味を考えられる人が、一人もいないのかと淋しいのである。
 ついでながら、世間一般で意味の通らないカタカナ、インチキ言葉の「メンタル」が出回っているのも、NHKにしては不用意である。これは、公共放送として、大変不出来である。普通の言葉に言い換えれば、誰でも正確に理解できるのである。
 一方で、日米で抜群の実績を残して引退し、遠慮無しに名誉ある「レジェンド」と呼べるのに、なぜ、普通にそう呼ばないのかも、不思議である。失礼ではないか。

以上

2022年2月10日 (木)

今日の躓き石 オリンピックに「リベンジ」煽動の悪霊(レジェンド) 退散の祈願

                    2022/02/10

 今回の題材は、スポーツ新聞系記事なので、本来は見過ごすのだが、余りに問題が大きいので、ここに苦言を呈する。
 葛西紀明 怒り収まらず「どうしてあのような酷い涙を流させるのか!」 高梨には4年後リベンジ期待
[ 2022年2月8日 19:40 ]  

 掲載されたのは、「スボニチアネックス」のサイト記事であるが、いくら言いたい放題のスポーツ新聞メディアでも、本人に重大な危害が及ぶような報道は、厳に慎むべきである。

 それにしても、ご老体が、記事の末尾で、傷心のアスリートに邪悪極まりない呪いをかけているのは、痛々しい。
 「レジェンド」は、その栄誉に相応しく博物館に戻った方が良いのでは無いか。謹んで、送り火を焚きたいものである。それにしても、これほど、露骨に報復行為を宣言しては、指導者として大きな罪科を背負うのではないか。いやいや、次回オリンピックの審判団に、何をぶつけて報復しろとけしかけているのだろうか。これほど露骨に血を見る事態を指導しては、ただでは済むまい。

 それでも「高梨選手にはこんなことに負けないでまた四年後リベンジしてもらいたいです」とエールを送ったレジェンド。

 このような暴言が、横行しないように、当ブログは、しつこく「リベンジ」厳禁を訴えているのだが、しつこく燃え続ける山火事に、柄杓で水をかけるほどの結果も出せていないようである。とは言え、ただの一個人には、この程度しかできないのである。

 それにしても、「また」リベンジとは、どういう意味なのだろうか。スキージャンプ界には、報復行為の伝統でもあるのだろうか。

以上

2022年2月 5日 (土)

今日の躓き石 無くならない「リベンジ」蔓延の悪例 日本将棋連盟に到来

                    2022/02/05
 本日の題材は、日本将棋連盟サイトの下記署名記事である。内容は関係無い。タイトルで「ド滑り」しているのである。
 10連覇かリベンジか 第47期棋王戦五番勝負展望

 これは、佐藤康光連盟会長の真意でなく、記事筆者の「暴言」なのだろう。もちろん、タイトル戦当事者の言葉では無いはずである。当看板サイトに、ちゃんとした編集体勢があれば、編集長が発見して、叱責して改善したはずである。

 言葉自体が、自爆テロを思わせるものであるのに加えて、将棋のタイトル戦に復讐戦の意義しか無いと見るのが、記事筆者の品格の低劣さを物語っているのである。連盟として、当記事は「事故 」扱いして、当記事を取り下げることを謹んでお勧めするのである。
 せめて、このようなみっともないタイトルだけでも、なんとかして欲しいものである。

 因みに、当世若者言葉では、聖なる「リベンジ」を、「再チャレンジ」の茶化した意味で誤用する「ダイスケリベンジ」が大半であるのに対して、当記事の「リベンジ」は、昔ながらの血まみれの復讐戦を示していて、「旧式で的はずれ」の上に、大変たちが悪いのである。
 書いたものがそのまま公開される気楽な立場の人は、自分しか暴言に気づいて是正できる人がいないのだから、聞きかじりで書き飛ばすので無く、よくよく調べて、考えて欲しいものである。

以上

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ