« 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 5/7 改頁 唐書地理志談義 | トップページ | 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 3/7 改頁 唐書地理志談義 »

2022年3月22日 (火)

倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 4/7 改頁 唐書地理志談義

2018/12/05 2018/12/07 2019/01/29 追記 2020/11/15 2022/01/16 2022/03/14~17

〇新羅遣唐使研究~従郡至狗邪韓国の推定(承前)
 半島西岸の海港は、南下した高句麗が、百済との紛争に勝利して百済を南方に追いやり、一度は中国への海港として確保したものの、嶺東、つまり、半島東南部から興隆した新羅に海港を奪われ、果ては、中国との交流を深めた新羅に半島統一の大命が下って、高句麗は、百済共々亡国となったのです。
 ということで、この海港は、長年に亘り、半島西岸から山東半島への渡海の要であり、新羅からの官道として確立されていたのです。一部史料に、新羅から、半島南岸、西岸を経て、中国に渡る経路が(誤って)図示されていることがありますが、それは、傍線航路を過大評価した作図者の大いなる勘違いであり、同列に見るべきではないのです。

〇遣唐使「新羅道」談義~余談
 初期の第三次遣唐使は、対馬から海を越えて慶州に入り、以下、新羅道(しらぎみち)を通ったと、日本書紀に明記されているので、半島内は、新羅官道を通り新羅の宿駅のお世話になったものと思えます。
 多分、その時期、両国は友好関係で、新羅遣唐使に随行して官道の諸関所を楽々通過し、最後に新羅の官船に便乗できたはずです。新羅道は、内陸だけでなく、登州への渡海も含めて、新羅が管理していた経路という事です。
 官道宿舎の寝床は嵐で揺れず、新羅貴人のご相伴で、地域の新鮮な食事を愉しんだと思えますし、渡海は、そこそこ大型の帆船の手慣れた運用に身を委ね、手短で難破の危険もなく、ゆったりした船室であり、揺れで転げ回ることもなく、後の遣唐使の苦難を思うと、夢のようなものだったでしょう。
 後年両国関係が険悪になってからは、そのような厚遇は受けられず、自前で「大船」を造船して、東シナ海越えに挑み、半数が難船となる難関とせざるを得なくなったものと解されます。こうして回顧すると、当時、新羅との間に「外交」関係は維持されていなかったものと見られます。(2020/11/15)

 因みに、対馬、壱岐を歴る渡来は、魏代以来の手慣れた経路でした。

*「仮想」魏使航海記~余談
 因みに、倭人伝談義で起用される「仮説」で、三世紀に仮想されている魏使一行の手漕ぎ船は、漕ぎ手の負担を軽減するために、随分小型なものであって、旅人も荷物も、甲板や船室のない筏同然の渡し舟で吹きさらしであり、いくら、後日の海峡渡海に比べると波穏やかであっても、所詮、小船で動揺が激しく、おちおち座っていられない、すさまじいものだったはずです。
 当然、船上泊はできないので、日々下船して休養し、乗り継ぎ、漕ぎ継ぎで、長旅となったものと仮想されます。いや、乗り継ぎであれば、船員、漕ぎ手は交替するのですが、旅人、行人は、公務で船賃はいらないものの、延々と乗りっぱなしで、道中、生きた心地がしなかったはずです。

 もちろん、大抵の官人は船酔いで、果てしない苦行であり、生死の境を行くものだったかも知れません。後世の論者は、別に実体験を迫られたわけではないので、平然と「仮想」していますが、当時の使者の視点で事態を眺めると、このような「仮想」は、数日と続かないで破綻すると見えます。
 言い足すと、「仮想」の魏使は、貴重で厖大な宝物と同行であり、一体、何十艘仕立てで潮風吹きさらしの闇路を進んでいたのか、気の毒です。荷物は、一応覆ったとしても、防水完璧の筈はなく、大丈夫だったでしょうか。
 いや、本稿では、余談ですが、事のついでです。(2022/03/17)

                                未完

« 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 5/7 改頁 唐書地理志談義 | トップページ | 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 3/7 改頁 唐書地理志談義 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 5/7 改頁 唐書地理志談義 | トップページ | 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 3/7 改頁 唐書地理志談義 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ