« 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 6/7 改頁 唐書地理志談義 | トップページ | 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 4/7 改頁 唐書地理志談義 »

2022年3月22日 (火)

倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 5/7 改頁 唐書地理志談義

2018/12/05 2018/12/07 2019/01/29 追記 2020/11/15 2022/01/16 2022/03/14~17

〇新唐書地理志再論
 新唐書地理志に見られる鴨緑江河口部を去ること一千里の仁川(インチョン)付近の海港唐恩浦口から新羅王都までの陸行七百里は、平壌(ピョンヤン)、漢城(ソウル)、清州(チョンジュ)、常州(チュンジュ)を官道で歴たと見られます。各地は、古来、水陸交通の便を得た要地であり、往年の韓国諸国の王城が継がれていると思います。
 韓国国内地図が漢字表記でなくなった現在、韓国地名の漢字検索は困難で推測に止めますが、あくまで半島内陸行で沿岸航行を含まないのは明瞭です。

 隋唐代の裴世清や高表仁の来訪は、山東半島の海港から大型の帆船であり、裴世清の泗沘訪問を除き、無寄港に近いと見えるので、先に挙げた官道行程とは別の話です。混同しないようにお願いします。(2020/11/15)
 因みに、韓国地名に冠した忠北、忠南、慶北は、それぞれ、忠清北道、忠清南道、慶尚北道の略称として通用しているものです。

〇半島内行程結論
 倭人の道は「水行」と定義した「渡海」以外は、海を行かなかったのです
 航海術が格段に進歩したと思われる統一新羅時代(668年頃-900年頃)に遣唐使が陸行したからには、倭人伝の帯方郡時代(三世紀前半)も、当然、半島陸行が唯一最善の経路であったと見るべきでしょう。
 魏の当時も、隋、初唐期も、公式経路は、帯方郡時代の官道を利用して狗邪韓国の旧地まで進み、沿岸航行など到底あり得なかったのです。

*行程不明解の理由を推測
 倭人伝原資料を帯方語で書いた魏使提出資料は、帯方郡の報告文献なので、内陸行、各国歴訪顛末を、所要日数、移動距離と共に逐一書いたでしょうが、洛陽では、些末として省略され「乍南乍東」と減縮されたのでしょう。 このように、地理観、交通観の異なる両者の意向が合わず、まことにちぐはぐですが、語彙も文体観も違うから仕方ないのです。
 目下の最終読者は現代日本人で更なる誤解は避けられず、さらには、古手の「日本人」が理解に苦しむ当世言葉の世界なので、何をか言わんやです。

追記:
〇事の発端 2022/01/16
 以上は、初出時の道里観でまとめたもので、今回編集したものの、目下の意見と異なる点があることをご理解ください。
 倭人伝冒頭部の道里行程記事の主要部は、魏使訪問以前に書かれたと見えます。つまり、倭人を鴻臚の四夷「台帳」に登録する際に、必要項目として、国名、王名、王城名、道里、戸数などが必須であったので、倭人の申告を参考に上申したと見えます。地域概念図(旧圖)まで出したかも知れません。
 魏使派遣の際、行程概要を上程する必要があり、全行程万二千里、郡から狗邪韓国まで七千里、三度の渡海水行が計三千里までは承認済みで、街道完備のあかつきには四十日程度と伝えていたはずです。

 「俗論」派の方の好む「俗な表現」にすると、「出張期間が不明では出張承認が下りない」ので、明帝没後とは言え「倭人王治まで万二千里は、『周制』に倣った形式的なものである」ことは、関係者に通じていたとみるのです。そうでなければ、魏志を上程しようにも、倭人道里万二千里が法外な誇張と指摘されて、倭人伝は没になっていたはずです。ここは、ちゃんと、根回しした上の「芸術的表現」だったとみるのです。

                                未完

« 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 6/7 改頁 唐書地理志談義 | トップページ | 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 4/7 改頁 唐書地理志談義 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 6/7 改頁 唐書地理志談義 | トップページ | 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 4/7 改頁 唐書地理志談義 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ