« 今日の躓き石 NHKBS1 「トレールランニング」の「リベンジ」蔓延防止 まだ遅くないか、もう遅いか | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブラタモリ 「日本の構造線スペシャル 〜“構造線”が日本にもたらしたものとは?〜」 »

2022年4月 5日 (火)

今日の躓き石 囲碁界の悪弊か、主催紙の混迷か、本因坊の「リベンジ」宣言か

                        2022/04/05
 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版「総合・文化」面の本因坊戦挑戦者決定報知である。主催紙としては、挑戦手合いへの先触れであり、大変重要な位置付けと思うのだが、最終部分に書かれた暴言が全てをぶち壊している。

 多分、署名した記者の創作なのだろうが、自紙の金看板たる本因坊が、直前の他社主催棋戦でタイトルを失ったことに対して、重大な恨みを持って、今回は、血の報復を目論んでいると、わざわざ報道する意図が不明朗である。本因坊は、どす黒い復讐心をかき立てないと、手合いに臨めないような心構えとみているのだろうか。いや、そのように報道することが、自紙の品格に傷を付けるとは思わないのだろうか。二人がかりで、このようなお粗末な下馬評記事を書くとは、困ったものである。なぜ、「棋界最高タイトルに、さらに栄誉を重ねたい」などの格調高い言い方ができなかったのだろうか。言うまでもないと思うのだが、「リベンジ」は、知勇訳聖書で厳禁されているものだから、キリスト教徒以外にも、回教徒にとっても、罰当たりであり、それ故、天の裁きの代行として、報復テロを正当化しているものなのである。

 いや、当世は、若者にはやっている「ダイスケリベンジ」が大安売りで、むしろ、気軽に罰当たりなことばを口にする原因となっているのだが、当記事は、「罰当たりな」若者ことばを知ってか知らずか、テロリスト紛いの永久復讐戦思想が語られているのである。カタカナことばの不確かな理解を、勝手にこじつける言い方と理解して書いているのだろうか。

 毎日新聞は、天下随一の名声を持つ全国紙であり、当記事は、そのような権威にもたれかかると言うより、ぶち壊すものになっていると感じるのである。

以上

« 今日の躓き石 NHKBS1 「トレールランニング」の「リベンジ」蔓延防止 まだ遅くないか、もう遅いか | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブラタモリ 「日本の構造線スペシャル 〜“構造線”が日本にもたらしたものとは?〜」 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 NHKBS1 「トレールランニング」の「リベンジ」蔓延防止 まだ遅くないか、もう遅いか | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブラタモリ 「日本の構造線スペシャル 〜“構造線”が日本にもたらしたものとは?〜」 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ