« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 改訂版 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  9/11 改訂版 »

2022年6月21日 (火)

新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 10/11 改訂版

 『前方後円墳や「倭国大乱」の実像』 PHP新書 2015/10/30
私の見立て ★★☆☆☆ 傷だらけの野心作   2017/12/15 追記公開 2020/07/09 2022/06/21

◯掉尾の観察 承前
そして、海上輸送を考えても、前作で述べたが大和川を下って亀の瀬で船を乗り換え、古市あたりで外洋船に乗り換えるというのは難があり、とても洛陽に船団を送れるレベルではなかったと考えます。
 これは、広瀬氏の意見の引用の続きなのでしょうか。

 「古市あたり」は古墳群界隈の「古市」として、外洋船が浅いはずの大和川を遡上できたとは思えないのです。定説では、柏原辺りに船着き場があり、船荷の積み替えをしていたと確認されていますが、ここで外洋船に乗り換えるのが、洛陽まで一貫航行の必須条件とは、無理な思い込みです。玄界灘や狗邪で乗り換えれば良いのです。大抵は、あり合わせの航路を乗り繋いでいたはずです。

*もったいない蛇足
日本の古代史研究は科学的でないのです。中国や韓国の歴史認識が正しいものとは到底言えありませんが、日本もおかしいのです。国際的にも歴史の客観性がより求められよう。
 貴重な託宣ですがわかっている人は、とうの昔からわかっているし、わかっていない人は聞き流すだけです。わかっていても採用できない人は、無視するので、ここで言ってもしょうがないので、字数、行数の無駄です。
 ちなみに、国内では、史学は、文学部の管轄であり、安直に、自然科学の手法は適用できないことが認識されています。中国や韓国の歴史認識を一刀両断した後、「日本もおかしい」とは、ずっこけます。卑俗な突っ込みで言えば、「おかしけりゃ笑え」です。大事なところですから、「日本の歴史認識も正しいものと言えない。」と字数を費やすべきです。それにしても、「歴史認識」と言い捨てにせず、具体的に述べなければ、誰一人貴見に同意も反対もできないのです。
 いやはや、短気は損気、もったいない話です。そして、そのような壮大な断言が、本書が志した学問的な論証とどう関わるのか、不思議です。

五•五で前述した三島規裕氏は「今、全国の神社の大部分は過疎化の中で浮沈の瀬戸際にあります。今、何とかしないと神々の世界は大変になる。それには古き日本の神社に存在するコミュニティを救うことが活性化につながる」と語った。
私は、そのためには、文化庁や県がしっかりとした歴史観を持ち、中央史観の「ヤマトの古代史の収奪」という偏った現状を見直すとともに、国指定、県指定の文化財をあり方を再検討し、地方の歴史に光を当て予算を配分することが焦眉の急と考えます。古代の遺産が残る地方の神社、寺社仏閣で光るモノが見つかれば、地域のコミュニティの崩壊を食い止めるだけでなく、良い環境ができ、やがては観光振興にも役立つし、地元の日本型の伝統産業を支えることにもなろう。
 ご立派な大演説ですが、意気込みはともかく、言葉がよくわからないし、だからどうした、というのが典型的な受け止めではないでしょうか。
 国の統一性を重視すれば、「中央史観」の維持が至当であり、もちろん、信奉者は、自身の諸説を偏った史観、邪道とは、全然思っていないはずです。国を担う重責を負う官僚に対して、ここで著者の述べ立てる意見に説得力はないのです。相手を見て議論を組み立てるべきです。

 「焦眉の急」は、伝統的に切迫した危機を言うのですが、実際、焚火に近づいて、目に見えない高温の外炎で眉毛を焦がすのは珍しくないのですが、別にやけどするわけでなく、もちろん、命に別状はないのです。古めかしい例え話は、当世人に理解されない上に、的外れになっていては、徒労です。

                                未完

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 改訂版 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  9/11 改訂版 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 改訂版 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  9/11 改訂版 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ