« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  7/11 改訂版 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  5/11 改訂版 »

2022年6月21日 (火)

新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  6/11 改訂版

 『前方後円墳や「倭国大乱」の実像』 PHP新書 2015/10/30
私の見立て ★★☆☆☆ 傷だらけの野心作   2017/12/15 追記公開 2020/07/09 2022/06/21

◯掉尾の観察 承前
卑弥呼の時代の倭国の祈禱の広がりは、卜骨遺構、港湾遺跡を繫げることで説明できます。
 一人芝居の自己陶酔でなく、素人にも明快な説明をいただきたいのです。このあたりの主張を裏付け、時代を特定でき、明確な文字資料は皆無です。

朝鮮半島の伽耶、釜山から壱岐の原の辻遺跡、妻木晩田あたりまで卜骨があります。
 文型から、壱岐の原の妻木晩田と読めますが、意味不明、初耳です。妻木晩田「遺跡」でないのはなぜか。妻木晩田遺跡は米子であり壱岐でないのです。「卜骨がある」とは、出土の意味か。意図不明です。そりゃの遺物として出土したのは事実でしょうが。

丹後あたりまでの日本海沿岸の小さな都市国家の船が集まり、彼女の采配で対馬海峡を団体で安全航海をおこない、鉄を得たと考えます。
 なぜ、団体航海したのか不思議です。卑弥呼が、どうやって広範囲に采配を揮えたのか、物理的にも精神的にも不審です。結局、安全保証などないのです。
 そして、衆知の如く、對海~狗邪の渡海は、当時の船と漕ぎ手では、生やさしいものではないです。
 せめて、各国が集まりやすい壱岐の島で集合したとは言えないのでしょうか。

まず、卑弥呼の倭国は九州から日本海です。決して大和ではないのです。
 九州全島と日本海全体とは、法外な大国です。そして、なぜか大和にこだわるのが、不審です。

私がそう考える理由をさらに三つ述べます。第一に当時のアジアの世界情勢や『倭人伝』の内容を考えても、いわゆる「国家」はありませんでした。
 「アジア」と言って「東アジア」と言わない趣旨が不明ですですが、「東アジア」すら時代錯誤です。単に、
 ここに来て、「いわゆる「国家」」も意味不明で誤読と思うだけです。集落の集合は「国家」といえないのです。ムラと国家の違いは何か、都市国家、集落は国家か。「大きな国」の要件は何か。趣旨不明です。

点である弥生集落が全国に拡がっていますが、朝貢している卑弥呼の国は一握りに過ぎないのです。
国家を代表しているともいえないのです。
 「卑弥呼の国」は、卑弥呼の私物として、倭人伝の三十国でしょうか。「一握り」は五国程度でしょうか、国は国連のように数で数えて、大小は考慮しないのでしょうか。「点である」集落とは、何戸までを指して言うのでしょうか。「全国」は、どんな範囲なのでしょうか。

 自説の論拠展開で、否定表現連発は、焦点が定まらず、論考として大変、大変、大変拙劣です

                               未完

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  7/11 改訂版 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  5/11 改訂版 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  7/11 改訂版 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  5/11 改訂版 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ