« 今日の躓き石 低落したNHKの報道倫理  陸上世界選手権百メートルに「リベンジ」乱入 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞スポーツ面の悪しき伝統 「リベンジ」変異株発現 »

2022年7月20日 (水)

今日の躓き石 J:Sportsの適切なインタビューとぼんくらヒーローのぼけ応答

                         2022/07/20

 本日の題材は、CS J:Sports 1のヒーローインタビューである。

 勝者ヒーローたる投手へのインタビューで、折角、インタビューアーが、選手がつまらない失言をしないように、かんで含めるように、まことに丁寧に「同学年」「同期」と言葉を選んでいるのに、肝心のヒーローが「同級生」と大ぼけをかまして、笑うに笑えないのである。
 因みに、アナウンサーも、当然、正しい言葉遣いを守っている。

 衆知の如く、別に同窓生でもないのに「同級生」というのは、頭の悪い、ものを知らない、寝ぼけた三流タレントの言い間違いだったのが、一時、メディアの底層に蔓延して、情けないのだった。
 十年程度たった今、ちゃんとプロの手で是正が働いているのは、誠に尊敬に値する。ここまで、専ら公共放送の「血祭り」暴言連発を歎いていたが、ちゃんと、言葉の護り人としての務めを理解している人は、健在なのである。

 それにしても、広島の広報は、選手にどのような教育をしているのだろうか。いや、していて、それでも、落第生はいるのだろうが、責任は、そちらに向けるしか無いのである。何しろ、広報は、言葉のプロである。選手が、世間に向けて、時には、全世界に向けて、赤っ恥をかかないように、キッチリしつけをするのが、大事な役目なのである。

以上

« 今日の躓き石 低落したNHKの報道倫理  陸上世界選手権百メートルに「リベンジ」乱入 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞スポーツ面の悪しき伝統 「リベンジ」変異株発現 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 低落したNHKの報道倫理  陸上世界選手権百メートルに「リベンジ」乱入 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞スポーツ面の悪しき伝統 「リベンジ」変異株発現 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ