« 新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 4/9 | トップページ | 新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 2/9 »

2022年7月30日 (土)

新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 3/9

 ~七世紀の倭都は筑紫ではなかった サイト記事批判
2016/03/20 2018/05/05 2019/03/01 04/20 2020/06/24 2021/09/12改稿 2022/07/30

私の見立て ★★★☆☆ 賢察に潜む見過ごしの伝統

*客館掌客の深意
 因みに、中国古代語法で、「客館」は、「客」と美称を得ているものの、文意としては「蛮人のねぐら」です。
 北朝が天下を取り、北狄鮮卑の血を引く皇帝が、隋唐の帝位に就いて「中世」が開幕したから、蛮夷を「客」と呼ぶ官制は変わりそうなものですが、煬帝は、鴻廬寺の「典客」を「典蕃」に改称したように、むしろ「天子」の意識が強く、裴世清も東夷を見おろす意識を堅持していたでしょう。
 と言う事で、書紀に書かれた、あっけらかんとした「掌客」任命には、曰わく言いがたい不審を感じるのです。高官から下っ端まで同格、一律の「掌客」とは、何をお手本にした創作なのか、不可解です。要するに、書紀編者には、当時、中国に長く確立されていた組織的な国家体制の認識はなく、つまり、国家には、蕃夷を接待する鴻臚が存在し、そこには、最上位から下位に至る格付けがあったと見る見識がなかったのです。

*明快な一解の提示
 以上に例示した「読み」は、言うならば、誠に端的明快ですが、氏の奉じる古代「浪漫」に整合しないので、同意はいただけないでしょう。それはそれとして、倭人伝解釈に連動した史料解釈として、意義あるものと考えます。
 以下、氏の紹介に従い隋使来訪事件の顛末を読み進めますが、真剣な提言に真剣な批判を加えるのは最高の讃辞と思い、しつこく批判する次第です。

*国内史料依存の隋書解釈
 引き続き、氏が滔々と提示する、隋書の倭国(四庫全書版隋書に従ったと言うものの、実は、日本書紀に大部分を依拠)記事に関する考察を通じて、先に提示した当ブログ提示の解釈と異なる点を指摘したいところです。

 「つまり、対馬、一支、筑紫を経て東行し、秦王国を過ぎたあと、そのまま瀬戸内海を東行して大阪湾岸に着き、俀王の出迎えを受けて都に着いた、と素直に読めるである。これは魏志倭人伝と比べると、他に解釈の余地のない、あまりにも明快な行路記事である。」

 「凡庸な論客は、自信のないときは、ことさら断言する、自信の全くないときは、断然断言する」という経験則に従うと、氏は、この部分に大分疑いを抱いているようです。そのせいか、筆の滑りも不都合になっています。
 対馬、一支、筑紫を経て東行し、秦王国を過ぎたあと、そのまま瀬戸内海を東行して大阪湾岸に着き」とは、まるで、現実感のない、夢路のようです。対馬、壱岐から筑紫に至る行程は、とても、「東行」と言えるものではありません。筑紫は、壱岐のような海島ではないので、一旦上陸して、固い寝床に安着する必要があります。又、筑紫から俀王に安着の報せを送り、歓迎の返信を待つ必要があります。俀国側も、受入体制を整える必要があるのです。
 とても、秦王国を歴て、そのまま東行とは行かないのです。隋使の乗船を秦王国の東に回付するとしたら、関門海峡の難所を突っ切り、どことも知れぬ「東の海岸」で待ち合わせる必要があります。俀国の便船が、東の海岸に待機していたとすれば、其のような大層な連絡は軽減されますが、それでも、筑紫から指示して、海港で隋使の受入をしなければなりません。以降、「瀬戸内海を東行」で片付けていますが、これだけの長い行程ですから、筑紫から指示して、港港に隋使乗船の寄港体制を作り、復唱を受けて、遙か「大阪」湾岸にまで移動可能と見通した上でないと、「東行」などできないのです。「掌客」を新任して済むものではないのです。まして、そのような大規模な移動は、過去にないのです。

 素人でも見当がつく大事業ですが、隋使一行は、魔法の絨毯か、孫悟空の觔斗雲にでも乗ったように、「秦王国を過ぎたあと、そのまま瀬戸内海を東行して大阪湾岸」 に着いています。「素直」は、国内史学者の世界観が中国史官に通じているという素朴な思い込みに流されたのではないかと懸念されます。

 因みに、朝鮮半島西岸、南岸の旅路は、倭人伝で既知の行程であれば、いきなり、対馬に着いたと書けば良いのであり、殊更、要所での停泊を書くのは、倭人伝に当該行程が書かれていなかった、つまり、実は、公式道里は、帯方郡を発して一路内陸街道を移動したと見えるのです。
 また、対馬、壱岐について特に書いていないのは、倭人伝に既に書かれているからであり、竹斯国も書くに及ばないものと見えるのです。
 
*待てば海路の日和
 冗談口を叩かれるのを望んだわけでもないのでしょうが、難所続きで、とても安楽に通過できたとは思えない「瀬戸内海」を一気に過ぎているのです。古人曰く「白河夜船」でしょうか。先に触れたように、瀬戸内海を船で通るには、「既に、各地に寄港地が整備され、難所には、場合によっては迂回路を提供して、一貫した帆船航行ができた」と仮定しても、寄港地ごとの潮待ち、風待ちで、まあ、悲惨な船酔いは緩和されたでしょうが、「海路の日和」を待ち続けて、どう思ったのでしょうか。
 とても、眠り続けては居られなかったでしょう。何しろ、ゴロゴロ船室は回り続けるし、いつ難破して海のモズク、いや、もくずになるか、怖くなかったのでしょうか。

*見えない墳丘墓の景観
 「大阪湾岸」と言っても、当時、其のような時代錯誤の地理概念は存在せず、いつ、河内平野北部が乾いて、平地に隋使を迎えられる宿舎や馬車で移動できる街道が整備されたのか、それとも、湿地帯を避けて南の古墳地帯の羽曳が丘の丘陵部から、二上山の鞍部、竹内峠(「峠」は中国語にない「国字」です)を越えたのか。これも不明です。泥濘地から勃興した河内平野の繁栄を論じるには、緻密な時代考証が必要です。

 「河内湾の船上から見えるように殊更に基礎を持ち上げた」という古墳群の勇姿/絶景が、隋書に書かれていないのは、これもまた不思議です。隋使なる悪質な蛮人に見られないように覆い隠したのでしょうか。とても、素直になれないのです。

                               未完

« 新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 4/9 | トップページ | 新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 2/9 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

隋書俀国伝談義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 4/9 | トップページ | 新・私の本棚 川村 明「九州王朝説批判」最新版 2/9 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ