« 今日の躓き石 毎日新聞が蔓延被害拡大「リベンジ」~「球磨川」復興悲願に泥水 | トップページ | 今日の躓き石 NHKが新世代に贈る醜悪な言葉 「復讐旅行」 リベンジトラベル »

2022年7月 6日 (水)

今日の躓き石 NHKBS1 国際報道2022の邪悪な「リベンジ 復讐」普及策

                       2022/07/06 2022/07/07

 本日の題材は、NHKBS1 「国際報道2022」のとんでもない暴言である。一瞬、「トラブル」かと思ったが、「トラべル」である。
 予測不可能な(NHKでは、「絶対」あり得ない)カタカナ言葉が、突然出て来たので、不意打ちを食らって誤解したのである。

 パッと聞いただけでは、ありがちなこととして、テロ事件などの被害者が、「リベンジ」=復讐の目的でテロリストの母国に乗り込むのが引き起こす「トラブル」=国際問題かと思ったのである。まるで、目下紛糾している関係で、U国難民を仇討ちの刺客としてR国に送り込むようなものである。とても、とても、とても、P大統領に知らせられないと思うのである。

 どうも、字で書くと「リベンジトラベル」のようであるが、この言葉を英語で発言すると、物議を醸すこと請け合いである。よくぞ、NHKBS1が「国際報道」なる番組で堂々と放送するものである。このような刺激的で、度汚い、子供に聞かせられない言葉を、国内だけでなく、国際的に普及させてどうしようというのだろうか。まことに、まことに、まことに困ったものである。

 当ブログには、自主的なコードがあるから、このカタカナ語を、この場で英語で書けないから、回りくどくなっているが、NHKは、何もルールも倫理基準もない無法状態なのだろうか。誰が、次世代を担う子供達を、汚い言葉から守るのだろうか

 それにしても、なぜ、自分の書く言葉が、どんな意味で理解されるか、まことに無頓着で、NHKの番組を製作できるものかと、驚くのである。そして、そのように無神経に制作された番組を、このように無造作に放送するのだろうか。

 だからといって、NHKに自浄作用がないとは思わないので、こうやって、つまらない批判を公開するのである。

以上

 補足すると、NHKが信念をもって「リベンジトラベル」と報道したいのであれば、「復讐怨念旅行」と誰でもわかる日本語訳を付すべきではないだろうか。いや、赤文字にしろとまでは言わないが。

 

 

« 今日の躓き石 毎日新聞が蔓延被害拡大「リベンジ」~「球磨川」復興悲願に泥水 | トップページ | 今日の躓き石 NHKが新世代に贈る醜悪な言葉 「復讐旅行」 リベンジトラベル »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 毎日新聞が蔓延被害拡大「リベンジ」~「球磨川」復興悲願に泥水 | トップページ | 今日の躓き石 NHKが新世代に贈る醜悪な言葉 「復讐旅行」 リベンジトラベル »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ