« 今日の躓き石 毎日新聞の全国高校軟式野球 無用の血祭り「リベンジ」礼賛 | トップページ | 新・私の本棚 笛木 亮三 「卑弥呼の遣使は景初二年か三年か」(1)補追版 »

2022年8月31日 (水)

今日の躓き石 NHK BS1 野球中継の度しがたい「リベンジ汚染」

                          2022/08/31

 今回の題材は、NHKBS1のプロ野球中継であるが、アナウンサーや解説者が「禁句」を口走ったわけではない。

 ゲームセット後の「ヒーローインタビュー」は、外国人選手となると、当然通訳付きであったが、インタビューアーがしきりに、「リベンジ」を押しつけていたのが、困ったものであった。ヘンテコな「カタカナ語」には、通訳も困ったと思う。何しろ、聞く限り、スペイン語会話で「revenge」が通じるわけでなく、多分プロの技で言い換えていたのだろうが、インタビューアーは、お構いなしで問い詰めるのであった。どんな回答があっても、聞くと決めた事を言わせたのだろうか。

 英語で「revenge」と決め付けられたら、敬虔なクリスチャンは、最悪、激怒したはずである。スペイン語で良かったと言うことか。以後、「厳重注意」いただきたいものである。

 因みに、回答には、随分たくさんの単語が含まれていたように聞こえたが、途中で通訳が省略したのか不思議である。インタビューアーが黙認して、視聴者は、選手の言葉を聞く権利を奪われたのだろうか。それで、報道の使命を果たしているのであろうか。まさしく、"Lost in Translation"なのだろうか。

 それにしても、公共放送で受信料を取り立てているNHKともあろうものが、罰当たりなカタカナ語を内部で野放しにしているのは、スタッフの日頃の不勉強丸出し「情けない」。視聴者は、日本語の部分しか聞き取れないから、選手が、忌まわしい「ダイスケリベンジ」に感染していると思うのではないだろうか。重ね重ね、「情けない」。放送されてしまった暴言は、取り消せないから、三度目の「情けない」である。

 NHKには、確たる信念があるはずだから、それが、末端まで浸透するよう、努力していただきたいものである。

以上

 

« 今日の躓き石 毎日新聞の全国高校軟式野球 無用の血祭り「リベンジ」礼賛 | トップページ | 新・私の本棚 笛木 亮三 「卑弥呼の遣使は景初二年か三年か」(1)補追版 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 毎日新聞の全国高校軟式野球 無用の血祭り「リベンジ」礼賛 | トップページ | 新・私の本棚 笛木 亮三 「卑弥呼の遣使は景初二年か三年か」(1)補追版 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ