« 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 2/3 »

2022年8月29日 (月)

新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 3/3

 アイ&カルチャ天神   資料 平成26年8月5日
私の見立て ★★★★☆ 沈着な道里論評         2020/09/24 補記 2022/08/29

「魏志倭人伝」における一里
・漢代の一里はだいたい400㍍。これを帯方郡から邪馬台国までの一万二千里にあてはめると4800㌔㍍。これでは日本列島をはるかに飛び越してしまう。
・「誇張説」・・旅費の過大請求のため。
・「短里説」・・・・中国本土確認できない。
・「地域的短里説」・・『魏志倭人伝』における一里は、おおむね90㍍であり、理由は分からないが、それなりの一貫性を保っている。
結論::『魏志倭人伝』には、正確な部分もそうでない箇所もある。従って、、是々非々で検討するしか道はない。逆に言えば『魏倭人伝』のみで結論は出せない。日本文献や考古学成果など、総合的・多角的なアプローチが必要。

コメント 「誇張説」は(正確な)実測値が存在したとの妄想(推定、憶測、願望)に基づいています。過去の遺物と言うべきです。
 「短里説」は、魏晋朝で国家制度として実施された証拠が全く存在しないので、無法な強弁です。(里制は、国政の根幹に関わるので、改訂があれば、全国に告知する必要があり、記録に残らないことはあり得ないのです)
 「地域的短里説」は、さらに、文献上何の証拠もありません。単なる逃げ口上に過ぎないのです。(当ブログ筆者も、隠れ家にしていましたから、その点に関しては、逃げられないのです)
 「倭人伝」道里行程記事の解釈で確実なのは、『「倭人伝」道里行程記事が、首尾一貫して短里らしき里長で書かれている事を否定できない』だけであり、文献としては「倭人伝」が孤証です。

 なお、「倭人伝」が、同時代の同地域の道里の「唯一の文献記録」ですから、他に信頼できる史料が提示できるはずがありません。現実逃避、先送りは、徒労の繰り返しであり、後世に申し送りするのは「非科学的」で賛同できません。

 倭人伝」のことは「倭人伝」に聞くしかないのです。つまり、「倭人伝」に、「郡から狗邪韓国まで七千里」とする「道里」で書くと宣言されている以上、それ以降は、そのように解すべきなのです。

5、邪馬台国は何カ国の連合か
コメント 当ブログの圏外。別に30国でも31国でも、道里行程論議には、何の問題もありません。

6、邪馬台国の周辺諸国について
⑴『魏志倭人伝』には、「女王国より以北はその戸数と道里を略載できるが、その余の傍国は遠絶していて詳らかにはできない」として、二十一か国の国名だけを挙げている。

コメント 「余の傍国」の代表は、投馬国です。五万戸の大国としながら、正確な道里行程も戸数も報告していません。本来、女王、つまり、魏朝に対して無礼ですから、「遠絶」「不詳」「余傍」と「逃げ口上」を貼り付けて、譴責を避けたのです。
 思うに、倭人に東夷としての登録時に、調べの付かないままに「全国七万戸」と登録してしまったため、倭人伝をまとめる際に、「余の傍国」として、奴国二万戸、投馬国五万戸を付け足しただけであり、両国に関する実質は不詳というか、不明なのです。
 この点、全道里万二千里の辻褄合わせと同様、「前世」、つまり、後漢献帝期から曹魏明帝期までの「倭人事情混乱時代」に「誤って登録されてしまった」報告内容が、時の王朝の「公式記録」になって、「禅譲」という儀式の一環として、「公式記録」は削除も改竄もできないのです。
 そのため、倭人伝の記事で、別の観点からの記事を書くことによって、誤解の拡散を鎮めようとしたものと見えます。当時の読者は、陳寿の苦肉の策を見過ごすことにしたようですが、後世読者は、そうした「大人の」事情に気づかず「誤解」を募らせたようです。(言うまでもなく、単なる私見です)
 因みに、「遠絶」とは、地理的な距離の問題でなく、女王に対する臣下としての報告がなく、そのため、指示も届いていないという意味であり、服属していても、臣下でなく、もちろん、同盟なども存在しないという趣旨です。つまり、女王の臣下は、対海国から伊都国までの「女王国以北の」少数精鋭であり、これら列国については、戸数の明細を得ていて、 女王国での朝議に参列しているかどうかは別として、それぞれ官を配置し、「刺史」の巡回監察や日常の「文書」交信によって、密接な連絡を取っていて、組織的、かつ、綿密な経営が存在したという意味でもあります。(言うまでもなく、単なる私見です)

⑵これらの国々については、名前以外の情報が一切ないので、この記事だけで最終の結論を得ることは不可能に近いが、筑後川右岸の佐賀県地方にかなり近い郡名が見受けられる。

コメント 東夷の「名前だけの国々」は、形式として国名列記しているだけで、それぞの実態が不明なのは、韓伝で例示されているように、むしろ当然であり、改めて言うまでもないのです。それを殊更「言い訳」したのは、奴国、不弥国、投馬国について、一見重要視しているように見せつつ、詳しく書かないからです。「言い訳」には、存在意義があるのです。

 「不可能に近い」と言い切りつつ余人の憶測を認めるのは、あるいは、氏の保身なのでしょうか。感心しませんが、この当たりは当ブログの圏外です。

7、狗奴国はどこにあったか
コメント 当ブログの圏外です。

 以下の講演内容は、総じて秀逸ですが、当ブログの守備範囲を外れるので論評しません。

〇まとめ
 世上言われているように、倭人伝の道里解釈は、百人百様の誤解、迷走であって、コメントに値しない「ジャンク」、「フェイク」の山です。河村氏に求められるのは、こうした無面目の混乱の中から、屑情報を早々に論破して、検討に値する「説」だけを称揚することだと思うのです。
 それにしても、氏の「放射状行程仮説」嫌いはどういう由来なのでしょうか。まことに残念です。

                                以上

« 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 2/3 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅰ 壹臺 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 河村 哲夫 講座【西日本古代通史】「邪馬台国論争のいま」Ⅱ 道里 2/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ