« 今日の躓き石 情けないBS1 MLB解説の「リベンジ」連発の堕落 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞社報道倫理崩壊を歎く 「わが町にも歴史あり」 2/2 »

2022年8月19日 (金)

今日の躓き石 NHK BS-1の「のんき」な誤解加担 紛らわしい「ゴールドグラバー」

                         2022/08/19
 今朝のNHK BS-1のMLB中継で、解説者から「ゴールドグラバー」が出てきたが、大半の視聴者は、Gold Glove Award(ゴールドグラブ賞)の受賞者『GOLD GLOVER』(デタラメ カタカナ語)と思ったのではないか。いや、この単語自体は、時に現地放送で出て来るから、一種「通称」と思うのだが、大半の日本人には、詳しい説明無しで、正確に理解できないはずである。
 つまり、生煮えのカタカナ語「ゴールドグラバー」は、”Gold Grabber”であって、”Gold Glover”ではない。大体、日本では、Gloveを「グローブ」と呼んで、棲み分けているので、「ゴールドグラブ」も、生かじりのカタカナ語なのである。複合汚染であるが、NHKは、事態を認識しているはずである。
 つまり、英語では、頭の「G」だけ共通で、全体にまるで違う発音でも、カタカナにすると同じ、日本語の発音も同じなので、日本人には、自然な誤解かも知れない。それにしても、NHKほどの権威の持ち主、公共放送が、安易に誤解を広げては、怠慢と見える。
 現に、日本での誤解のせいか、ほぼあり得ないGold Gloverで、検索ヒットしそうである。無理が通れば道理が引っ込むのだろうか。

 ちなみに、賞の名前は、”Rawlings Gold Glove Award"であり、がっちり商標化しているはずである。いくらNHKでも、冠スポンサーを飛ばしてタイトルを引用するのは、感心しないのではないか。

 NHKとしては、この間の事情を整理した上で、解説者、つまり、用語事情の素人に丁寧に説明して、とりあえずは、MLB関係番組内で、紛らわしい「ゴールドグラバー」を使わないにこしたことはないのである。世間が、鈍感で誤解を撒いているのに、NHKが加担することはないのである。

*巨大な負の遺産~再発防止の提案
 最近のNPB中継で、コメント募集のお題に「ナイター」が登場してしまい、中継放送では、解説者共々、基準に従い「ナイター」と言わずに「ナイトゲーム」という、大変ご苦労様な対応をしていた。それにしても、俳句の季語になっている(らしい)「ナイター」に、静かに引退いただき、ひっそりと廃語にするのは、今後百年かかっても、不退転の意気で挑むにしても、何にしても、かくも困難を伴うのである。
 たちの悪い誤解は、自然に聞こえるものであり、それが広がってしまうと、地に根が生えて退治しようがなくなり、世代交代によって自然消滅するのを待つしかないのである。

 もう一つ困った誤用を「歴史」上に蔓延させないために、公共放送関係者ご一同には、くれぐれもご自愛頂きたいものである。

 いや、民間放送各局にしても、無頓着でいるわけではなく、一部の心ない怠け者数社以外は、言いたくてたまらない「ナイター」を口にしないように、絶大な努力に挑んでいるのである。

以上

« 今日の躓き石 情けないBS1 MLB解説の「リベンジ」連発の堕落 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞社報道倫理崩壊を歎く 「わが町にも歴史あり」 2/2 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 情けないBS1 MLB解説の「リベンジ」連発の堕落 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞社報道倫理崩壊を歎く 「わが町にも歴史あり」 2/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ