« 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 15/17 | トップページ | 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 13/17 »

2022年10月12日 (水)

私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 14/17

ザ・プレミアム 英雄たちの選択新春SP▽ニッポン 古代人のこころと文明に迫る [BSプレミアム]
私の見立て★★☆☆☆  2018/1/3   2018/02/03記 復元再掲 2021/07/19 補充 2022/10/11

※広域連合の虚妄

 「交通手段が未開通で、しかも、文書通信の存在しない、できない時代、九州北部の筑紫と中和(中部大和)の纏向を結びつけた広域連合が成立していた」というほら話に従うと、事ごとに不審感がやってくる。
 例えば、伊都での一人の人物、一女子(卑弥呼)の擁立について、中和(大和中部)の地方政権であり、倭人伝に名の出ていない纏向政権がどうやって知り得たのだろうか。
 一ヵ月どころではない行程を駆けつけた伝令による召集を受けて、一か月どころではない行程を歴て、遠隔地の連合総会に出席するのだろうか。とても、国の体制を維持できないと思う。

※音信不通
 広域連合だと、立候補者に賛成するには、その場で投票するしか手段がないし、連合総会の決議に不満を抱いて脱退しても武力制裁のしようがない。諸国一体化どころか、けんかもできない遠隔交際である、と愚考する。世上の各兄姉は、当時、中和纏向から九州北部に届く広域政権が成立していて、一貫交通ができていたと、はなから決めてかかっていて、論点は、広域政権所在地だけのようになっている。しかし、三世紀前半、東西の果ての相互間の連係に関して、何らかの物資の流通があったということを示すとされる貴重な出土遺物以外に、何を巨大政権説の根拠にしているのだろうか。

*近隣交易の連なり
 それにしても、多少の産品であれば、交易の鎖を辿って、数百㌖を、数か月、数年を経て移動できるが、一気に持参などできないのである。嵩張って、重みのある壊れ物の土鍋については、ますます、鍋釜担いで参上とは行かなかったと思うのである。まして、遠隔地にも、鍋釜はあるから、担いで行く理由がないのである。

 近隣取引であれば、買い手の求めに応じて提供するだろうし、都度、取引の一環として交換を重ねていけば、誰も急かさないので、始発点から終点まで、数年かかっても問題なく届こうというものである。太古以来、ものが「豊かなところ」とものが「乏しいところ」を仲立ちするのが、近隣交易の走りだったのである。近隣交易であれば、掠奪も詐取も、ほとんど心配なかったのであるし、途上で、遭難、徒死することも、ほとんどなかったので、大した利益がなくても、言うならば、近現代に到るまで、細く長く続いたのである。

※狹域連合の勧め
 結局、三世紀の社会に見合うものは、広域ならぬ狹域連合でしかない。と愚考する。新王擁立の諸国総会は、諸国が出席に数日を要する範囲に限れば、なんとか想定できるのである。もちろん、それはそれとしても、通常の手順としては、月に一度、国王臨席の朝会に参集できるかどうかである。
 文書通信のない時代、報告、連絡、指示、通達は、面談するか、伝令の伝言しかないのである。相互に、報告、連絡、指示、通達がなければ、統治-被統治の関係が維持できないのである。つまり、「列島制覇」などと言わずに、ほぼ筑紫内の狹域連合であれば、各国から盟主に税務、労役、軍務の義務が果たせるのである。

*名のみの連盟
 連合の中核を成す、言わば正会員の列国、例えば、対海、一大、末羅、伊都の「倭人伝」道里記事上の四大国は、密接に連携していたとしても、残る名のみの諸国は、別に、連合の運営に参画しなくても良いから、正会員でなくて良いのである。北九州一円、と言っても、実は、「筑紫」界隈であれば、遠隔地と言っても知れているのである。(目立つ例外の「奴」、「不彌」、「投馬」の除外は、話せば長くなるので、ここでは脇に置く)
 まして、一部の論者がこだわるように三世紀に中和政権による広域支配を想定したとき、筑紫から中和まで大量の食糧貢納は不可能であるし、人員の労役、軍務派遣も同様に不可能である。何をもって支配というのか疑問が絶えない。あり得ないという方が、随分簡単で、明快である。

*なかった諸国盟約
 諸国盟約の証しとして、人質でも取ったのだろうか。中国古代の周王は、封建の際に、盟約の証しとして金石文を刻んで渡したとされているが、三世紀当時の東夷では、文字を読めない国主が大半であったろうし、どのみち、王位とともに盟約が継承される国王ではないので、代替わりすれば作り直しであり、とても、やっていられなかったはずである。近所づきあいの取り決めであれば、別に、金石文で誓約する必要はないのである。
 色々、時代、地域相応に世界像を考え直していただいた方が良いようである。
 そうそう、これは、遠隔諸国まで総出で総選挙して、女王を共立したという年代物の戯画は、ヒビの入った骨董品の博物館遺物(レジェンド)にして、退席いただいた方が良いとする俗説批判でもある。

                     未完

« 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 15/17 | トップページ | 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 13/17 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 15/17 | トップページ | 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 13/17 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ