« 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 6/7 改 | トップページ | 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 4/7 改 »

2022年10月12日 (水)

新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 5/7 改

私の見立て ★☆☆☆☆ 壮大な空転 2017~2019/01/03  記 2019/01/13 追記 2021/01/03 2022/10/12

*無視横行
 それにしても、番組の流れで、時に、ガイド役の説明者に、当然とも思える素朴な疑問が呈されますが、屡々無視されるのはどうでしょうか。
 回答に窮して、次に進めているのでしょうか。別にガイド役を困らせようというつっこみでもないのですが、想定外、台本外の質問は無視する習性の人なのでしょうか。芸人として、度外れに抜けているように見えます。

 例えば、纏向の大型建物柱穴が先立つ丸穴が角穴になったと説明していますが、何があってそう変わった(と決め込んだ)のかとの質問に返事がないのです。また、建物の時代比定が、大幅に旧くなった件も、返答がないのです。トップ指示でそう言わされていて、箝口令でも敷かれているのでしょうか。
 それより、磯田氏が、どさくさ紛れに纏向遺跡を二世紀としているのも、司会者に禁物の素人判断であり、視聴者は、マニアが浅知恵を競うのを見たくて、NHKの特番を見ているのではないと思うのです。

*東西基線の意義
 いや、素人考えという点では、纏向論などに見られる古代史論も、ある意味、素人考えを脱していないのは困ったものです。
 例えば、纏向建物は東西基線の配置ですが、太陽の運行に世界観を託したものです。「会稽東治の東」などという表現は、天下を二分したものであり、南北は度外視されているものです。単に、何らかの直線上に縄張りされたというものではないのです。
 これに対して、「君子南面」などの中国思想は、南北基線であり、歴代王都で、東西基線を敷いた例は、まず見られないはずです。
 つまり、基本思想が、根本的に違う
のです。

 また、所詮当時の人が引いた縄張りは、結構うねっていて「完璧な東西直線」の筈はないのです。基線は、理念なのです。

□暴走と混乱
 いずれにしろ、全国視聴者に代わって質問しているのに無視/黙殺とは、無礼にもほどがあるのではないでしょうか。芸能バラエティーばりに、アドリブは禁止なのでしょうか。それなら、NGで撮り直すべきです。
 司会者ご両人が、先に書いたような私見を言いっぱなしで、相手に無視されても何も言わないのも、おかしな話です。視聴者に伝えるというプロの根性はないのでしょうか。
 それ以外でも、古代史マニアや新説愛好者の言いっぱなしの「私見」が飛び散らかされていて、「史学」の裏付けのないままです。
 それをもてはやすように、だれかが操作すれば、でかい表示がバチバチ切り替わって、全土一律に追従するという幻想を与えているのが、今回の番組のだまし絵です。
                          未完

« 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 6/7 改 | トップページ | 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 4/7 改 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 6/7 改 | トップページ | 新・私の本棚 番外 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再論2019 4/7 改 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ