« 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 1/17 | トップページ | 新・私の本棚 番外 NHK 英雄たちの選択 「ニッポン 古代人のこころと文明に迫る」 再論2019 6/7 改 »

2022年10月12日 (水)

新・私の本棚 番外 NHK 英雄たちの選択 「ニッポン 古代人のこころと文明に迫る」 再論2019 7/7 改

私の見立て ★☆☆☆☆ 壮大な空転 2017~2019/01/03  記 2019/01/13 追記 2021/01/03 2022/10/12 2023/11/23

*NHKの低俗化を憂う 
 今回、NHKの近年の古代史番組制作姿勢について手厳しく批判しているのは、以上のような愚行が、近年NHKの方針として進められている(と思える)からです。また、愚行の背景に窺えるNHKの古代史解釈に大変不満だからです。

*NHKの偉業紹介
 現時点(2022年)、NHKの公開アーカイブで、次の番組を見ることができます。制作時点の最新成果と考古学者の知見が提示され、無理な理屈づけとは無縁なので、安心して見ることができます。
 NHKオンデマンドサービス(有料)で随時視聴可能です。
Ⅰ NHKスペシャル よみがえる邪馬台国 全三回 1989年
 *吉野ヶ里遺跡が中心
Ⅱ NHKスペシャル “邪馬台国”を掘る     2011年
 *纏向大型建物が中心

 それぞれ、当時のNHKの総力を上げた、最善の労作と見え、取材動画に、それぞれ斯界の権威の見解を求めて、公共放送の面目躍如の手堅い番組で、これからも、かくあっていただきたいものです。
 いや、古代史学者の森浩一氏は、Ⅱの番組すら、拙劣と酷評しています。恐らく、纏向関係の報道が、特定の学派の提灯持ちに堕している」のを歎いたものでしょう。いや、森氏は、「貴重な国費が、根拠の不確かな考古学活動に、堂々と費やされている」ことを歎いていたと見えます。国費の出所は、善良な市民/庶民の納税したものに違いないのです。関係者は、自身の真の顧客(庶民納税者)を欺いて、終生、天に恥じないのでしょうか。

追記:「驚き桃の木」 2023/11/23
 今日見返して分かるのは、当時、纏向遺跡の桃種発掘の様子が紹介されていることです。いや、遺跡発掘で、貴重な発掘成果が、適切な扱いを受けずに等閑(なおざり)にされているのが、報道されているのです。
 三千個に上るという遺物は、もともと廃棄物として投棄されていたのか、大事な役目を果たした「厄落とし」として埋設されていたのか、素人には知る由もありませんが、少なくとも、深い坑に順次持ち込まれているので、考古学の遺物調査の常道として、遺物の層を、例えば、20㌢㍍ごとに順次取り出して、少なくとも、階層/位置を明記して資料保管されるべきであり、遺物とその周囲の泥を、全数が無理としても各層九ヵ所でも、明記して保管すべきであったと思われるのです。もちろん、現代のことですから、都度、「記念撮影」するものと思うのですが、どうでしょうか。

 そのように堅実な遺物管理がされなかった(らしい)というのは、当時の発掘当事者が、ここを単なる「ゴミため」としか見ていなかったと思われます。報道カメラの前で、水道水で洗ったと見える桃の種をぞろりとシートの上に並べているのが見えたからです。

 要するに、当時の発掘は、山師紛いの一発打開願望で「親魏倭王」の金印探しに熱中していて、誠実な考古学遺跡の発掘になっていなかったということでしょう。風聞ですが、望む成果が出るまで地域を発掘し尽くす」という壮大な抱負が纏向の総帥から示されていたようです。
 自費ならぬ公費の継続的な投入というのは、何とも壮烈ですが、納税者の立場では、国費の継続投入を正当化できるものではないと見えます。もう半歩進めると、所望の成果が出てしまうと、大規模な発掘事業は打ち止め/終焉となるので、事業を持続するためには、「余り早く見つけるなよ」という示唆とも見えます。

 衆知の如く、後年、これら桃の種が年代鑑定試験に曝されましたが、個々の遺物標本の埋蔵深さが分からないから、その標本が最下層にあったとも、表層付近で後年追加されたとも、わからないのです。また、個々の遺物の周辺の泥を残していれば、泥に含まれる有機物の鑑定で、埋蔵された年代が特定できたのですが、桃種自体を計測せざるを得なかったため、埋設された年代を特定できていないという弱みも呈しています。

 おかげで、年代鑑定が所望の結果を示すように、測定方法と測定結果の考証に多大な労苦を要しながら、遂に、確定的な結果を示すことができず、国際的な測定基準の信頼性にまで言及したようです。恐らく、依頼者の所望の結論が出なければ、以後、研究を委託しない、費用を支払わない」とでも指針が示されたのでしょうか。誠に、土壇場の悪足掻きとしか見えないのです。
 NHKの客観報道は、当然、そのような情景の描写を含んではいませんが、十分に明瞭に示唆しているように見えるのです。

 追記終わり

 それはそれとして、素人目にも、NHKは、相談する相手を間違えているのではないかと懸念されます。国民の支払う受信料は、特定の学派の保身に費やすのでなく、意義ある番組制作に投入する方が良いのでは無いでしょうか。それとも、多額の国費が費やされている事業を提灯持ちするのが、公共放送の任務とみているのでしょうか。

*NHK古代史番組低俗化の由来か
 今回の番組は、散発的な発掘成果から生じた「一説」を、論証も何もないままに、そして、てんでバラバラに、機械的、かつ強引に全国に塗りつけて、確たる定説と見せかける暴挙であり、各地で真摯な発掘活動を続けている関係者まで巻き込み、大変迷惑なものです。日本列島の考古学分野では、長年、着実に、古代史像を築き上げたものであり、そのような伝統的な考古学を「なし崩し」にしている動向は納得できないのです。

 NHKは、当番組制作に大変な経費を投入した手前でしょうが、臆面も無く、つまり、無反省で、連年年始に再放送していますが、NHKの変節が古代史界に悪影響を振りまいているのでなければ幸いです。それとも、ここで素人が批判しているような意見は、どこからも寄せられなかったのでしょうか。

 このような粉飾で、各省庁から毎年確実に関係予算を得ているとしたら、所管官庁も予算査定部門も、悉く「子供扱い」されているのであり、一納税者としては嘆かわしいものと考えます。

                                以上

« 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 1/17 | トップページ | 新・私の本棚 番外 NHK 英雄たちの選択 「ニッポン 古代人のこころと文明に迫る」 再論2019 6/7 改 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

歴博談議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の意見 英雄たちの選択 ニッポン 古代人のこころと文明に迫る 再掲 1/17 | トップページ | 新・私の本棚 番外 NHK 英雄たちの選択 「ニッポン 古代人のこころと文明に迫る」 再論2019 6/7 改 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ