« 新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ」 改改 1/5 | トップページ | 私の本棚 8 都出 比呂志 「古代国家はいつ成立したか」 改補 5/5 »

2022年12月19日 (月)

今日の躓き石 NHKが泥を塗った「唯一無二」の決意の輝き

                      2022/12/19

  今回の題材は、公共放送NHKの看板番組「NEWS WATCH 9」の途方も無い愚行である。

 サッカーワールドカップで輝かしい成果を得たポイントゲッターのインタビューで、選手が「リベンジ」、つまり、恨みを晴らす血の復讐を宣言しているのを何度も取り上げたのに加えて、キャスターまで汚染蔓延に同調して「リベンジ」と叫んでいたのは、何とも、情けなかった。それにしても、勝って当然、負けたら報復とは、とてつもない誤解を抱えた世界観の腐敗が漂っている気がする。こんな問題発言を報道して、視聴者にどう感じろというのか。困ったものである。

 「リベンジ」は、どうやら、戦前以来の蛮習を引き継いでいる野球界独特の発言だと思っていたが、サッカー界で、しかも、欧州で活躍している一流の選手が、罰当たりな言葉をぶちまけているのは、何とも、情けないことである。サッカー用語の英語は、紳士の國「イングランド」から起こっているから、罰当たりな言葉への非難は厳しいはずである。今後とも、海外で活躍したいのであれば口を慎む事である。

 過去の番組から見て、NHKスポーツ担当記者は、どうしても選手に「リベンジ」と言わせたいのか、画面外で「リベンジ」を言うように誘導しているふしがあるから、今回も、うまく言わせたのかも知れないという疑惑がある。そうでないなら、今回の「放送事故」に近い失態について、懺悔すべきである。

 近来、NHKは、軽薄な若者に媚びて、国民のお手本となる品格を穢しているという批判があるようだが、今回もその流れかと思うのである。今回も、おおいに価値を落としているが、こんな番組作りをしているのなら、受信料はご勘弁頂きたい。お気に入りの若者層からたっぷり儲けて頂きたいのである。

 それにしても、僅かな発言内容で血まみれのテロリスト用語、「リベンジ」連発とは、選手の人格が疑われるのである。闘志を燃やすのは結構だが、敵を罵らなくても、闘志は維持できるはずである。口汚いのは、野球界だけで十分である。

以上

 追記すると、再放送のない「NEWS WATCH 9」でなく、 BSのdチャンネルのニュース報道によっても、堂々と「リベンジ」宣言している。
 ここでの報道は編集できるから、当の選手の恥が広がらないように、保護できたように思うのだが、そうしていないという事から、NHKとしてこの罰当たりな言葉を公認して、普及に努めているとも見える。本当に困ったことである。
 それにしても「エースとリーダー」になるのは、当人が勝手に言うことではなく、実力と人望、つまり、人格も合わせて問われると思うので、ぜひ、考えと言葉をそれにふさわしいように改めて欲しいものである。
 これは、NHK受信料の問題で無く、善良な納税者としての意見であるが、それにしても、次の四年間、全ての大会で対戦する相手を血祭りに上げて、今回の敗戦の悔しさを思い知らせるというのは、NHKとして報道するような意見なのだろうか。

 因みに、別の選手の談話報道には、このとんでもない暴言は出てこないから、サッカー日本代表チームの公式見解では無いかも知れない。言っている内容に変わりはないように思うので、日本代表チームにふさわしい広報担当は居ないのだろうか、誠に不満である。これもまた困ったことである。「リーダー」にふさわしい、自省された「大人」、「紳士」の談話に、大いに感服する。

以上

« 新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ」 改改 1/5 | トップページ | 私の本棚 8 都出 比呂志 「古代国家はいつ成立したか」 改補 5/5 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ」 改改 1/5 | トップページ | 私の本棚 8 都出 比呂志 「古代国家はいつ成立したか」 改補 5/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ