« 新・私の本棚 藤井 滋 『魏志』倭人伝の科学  新釈 2/3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞記事批判 「わが町にも歴史あり・知られざる大阪」 /588 »

2023年1月14日 (土)

新・私の本棚 藤井 滋 『魏志』倭人伝の科学  新釈 1/3

 『東アジアの古代文化』1983年春号(特集「邪馬台国の時代」)  大和書房
 私の見立て ★★★★★ 必読・画期的 2019/03/10 補充2020/03/20 2021/12/26 2022/11/11 新釈 2023/01/13

▢新釈の弁~長文注意 2023/01/13
 本稿の「新釈」では、四十年以前の藤井滋氏の論考への絶大な賛同と些細な異論を書き留めるため、『「倭人伝」道里行程記事が、伊都国を到達地としていて、帯方郡からの文書の受領地としている』との「作業仮説」を述べています。
 つまり、「従郡至倭」と書かれているのは、『帯方郡を発し、伊都国に到る「本行程」の道里と所要日数』との提言です。(部分的には、同様の趣旨の提言もあったかと思いますが、全体の「結構」は、「新規」かと思います)

 随分、「作業仮説」が積層しているので、相当場違いではありますが、この機会に当方の論理の階梯の確認もかねて、以下、少し、字数を費やして、明解にするようにします。

 「倭人伝」道里行程記事で、到達/到着地を示す「到」は、伊都国が「本行程」の最後と示しているものであり、それ以降の「至」とされている各国記事の行程道里、所要日数は、「本行程」外なので、計上されないとの見方です。つまり、伊都国の南の至近にあると想定される女王治所までの道里は「本行程」外であり書かれていないという解釈です。(なぜ、「倭都」と言わないのかは、別儀です)

 郡道里「万二千里」は、後漢末期に、東夷を統轄していた遼東郡太守公孫氏が、班固「漢書」西域伝の西界を飾る大月氏、安息など京師から万二千里程度の「道里」に在る西戎に倣い、「倭人」を東夷では最遠の蕃夷として、「道里」ならぬ里程を設定したものと見えます。公孫氏の「史官」ならぬ書記官は、あるいは、西域諸国の記事は、「西王母」などと同様に地平の彼方の幻像であり、実「道里」を積み上げたのではなく、概念として、里数を書いたと解した/誤解した可能性があります。
 そのため、倭人まで万二千里という「公孫里程」は、実道里」と関係無いものとされていたと見えますが、早々に、そのまま洛陽の公式記録に収録されたため、綸言と等しいものとして修正できなかったと見ています。事績としては、後漢末、霊帝、献帝時代のことのようですが、笵曄「後漢書」郡国志(司馬彪「続漢書」を収載)には、献帝建安年間の帯方郡創設すら収容されていないので、経緯が不明であり、公孫氏は、なにも報告していなかったと思われます。(綸言とは、天子の言葉であり、一切訂正ができないのです)

 「倭人伝」の道里は、「本行程」に沿って 順次里数を減算しても、伊都国で見かけ上「千五百里」を余していますが、これは、千里、二千里の大まかさ(概数計算)の按分/割り当ての「帳尻」であって、概数計算では「一致」していると見なせるものです。「倭人伝」道里行程記事は、郡道里「万二千里」が、「倭人伝」限定のものであることを示すために、記事冒頭で「狗邪韓国まで七千里」と臨時に定義し、いかなる里制にも無関係であると「明記」しています。陳寿は、魏志の記事で明帝の錯誤は書けないので、正史として許される範囲で、「麗筆」を振るったのです。(史官は、必要で許容されるなら、筆を振るうのです)

 そもそも、「倭人伝」道里は、新参の東夷の王に対して発する帯方郡文書が、郡から公式発送されて以降、何日で到達するかを公式に規定するのが必須事項であり、それには、倭人の文書受領日付として、伊都国の公式受領日付が必須なのです。必然的に、倭内部の送達日数は示していないと見るものです。(そのような運用は、曹武曹操の行動原理です)

 再確認すると、明帝景初年間ないしはそれ以前に、つまり、正始魏使の発進以前に、倭人への道里と所要日数は、綸言、つまり、皇帝公式記録となっていたものと思われます。要するに、魏使の大部隊を出発させる以前に、所要日数は知られていたと見るものではないでしょうか。所要日数を確認しないままに大部隊を出発させるのは、無謀/無法であり、実務として実行不能です。(どう考えても、入念な準備が必要なのです)
 つまり、万二千里の全体里数と全所要日数は、新帝曹芳の正始元年には、公式に確認/確定されていたものであり、以降の報告は、少なくとも、当記事には反映していないと見るものです。(「歴史」は、不朽なのです)

 以上、随分なことであり、諸兄姉に於いては、折角形成してきた所説に干渉されて、さぞかしご不快と思われますが、よくよくお気を鎮めて、ゆるりと御再考いただきたいものです。(できないことでしょうが、維持できない虚構を放棄して、早めの降参をおすすめしているのです)

*「冤罪」記~余談御免
 ついでながら、世上、万二千里の総道里は、二千年後生の無教養な東夷において、『西晋代に、陳寿が、魏志「倭人伝」記事を造作した』との「誣告」が、結構根強く出回っていますが、以上のように、この件は、早々に帝国公文書に記録されていて、陳寿は、史官の本分として、「史実」、即ち、公文書記録をそのままに記録する責務を負っていたので、かかる「造作」誣告は、不当、不合理で無法です。(「史実」とは何かとの論義でなく、陳寿にとって、『伝承すべき「史実」』とは、何であったかと言うことです)

 この「誣告」は、高名な岡田英弘氏が、早合点して言い立てた武断論見えますが、威勢の良い意見に検証無し、無批判に追従する形勢があって、見たところ、古代史界の一部で、止めどない「ご乱行」蔓延となっています。
 率直なところ、そのような追従は、氏の絶大な名声を大きく穢す汚点であり、まことに勿体ないことです。 (ご当人のご意見は、訂正しようがないのですが、氏の快刀・剛腕に心酔して、理屈抜きに追従している方達に、降参をお勧めしているのです)

----------
〇はじめに

 藤井氏の本論は、『東アジアの古代文化』各号影印版(テキストデータ無し)で有料公開の電子版を200円でダウンロード、閲覧できます。

*隠された珠玉の道里論

 「倭人伝」に書かれた「邪馬壹国」がどこにあったか探るとき、まずは道里論と思います。
 ただし、史料に忠実に議論すると、「畿内説が成立しないのが明解」なので、「畿内派」は道里論に正面から取り組まず、決定的議論の困難な誤記、誤解の水掛け論に逃げ込んで保身し、そのため、早々に切りを付けるべき論点が、持ち越しの繰り返しで押し入れの肥やしになり、数十年空転しています。
 当方は、別に生活がかかっていないので、正直な意見を以下に述べます。
 なお、自明ながら、里数などの各種数字は、概数です。

*支持者
 「邪馬台国の会」主催者である安本美典氏は、藤井氏の論考を折に触れ引用し、「邪馬台国」九州説のなかでも、末羅から二千里程度離れた朝倉にあったとする安本氏の「朝倉」説の裏付けとしています。藤井氏の主張が決定的なので、安本氏は賢明にも強弁の上塗りはしません。

*感慨
 当方は、ここまでほぼ独力で、「倭人伝」諸数字の意義を読解こうとしてきましたが、四十年前の先人を知って、自分の見識が裏付けられてうれしいと思うと共に、これほど明確に論証しても、古代史学界でほとんど顧みられていないことに、正直慄然たる思いになったのです。「ほとんど顧みられていない」と感じるのは、当論文を引用参照した論考がほとんど見られないからです。(安本氏は例外です)

 藤井氏が挑戦的に述べているように、本論は道里論解釈で群を抜いて決定的であり、それ故に、本論で明確に否定されている畿内説の支持者が、「賢明にも」論議を避けて風化を図ったと思われます。三十六計逃げるにしかずです。学術的な議論は、論争を経て前進するのですから、議論回避は「保守」どころか、「退化」「退嬰」です。これでは、当方の議論も埋没の運命にあるようで、暗澹としてくるのです。

*議論の核心
 それはさておき、本論文の核心部分について、以下批判します。
 藤井氏は「倭人伝」の数字から、次の見解を示していると見えます。

  1. これらの数字、道里や戸数の統計値は、概して、有効数字一桁であり、現代的な算用数字の多桁表記は避けねばならない。
  2. これらの数字は、したがって、厳密なものではなく「誤差」をたっぷり含んでいるから、そのように扱わなければならない。
  3. これらの数字に付されている「餘」は、端数切り捨てでなく、「約」に相当する中心値表現である。

*応用数学実践
 以上の見解は、いずれも、工学分野、「応用数学」の概数論に即したものと思われます。当方が学んだ電気工学は、厖大な厳密計算より、端的な実務計算を重んじていて、当方は、電気工学の徒として同感するものです。

                                未完

« 新・私の本棚 藤井 滋 『魏志』倭人伝の科学  新釈 2/3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞記事批判 「わが町にも歴史あり・知られざる大阪」 /588 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・私の本棚 藤井 滋 『魏志』倭人伝の科学  新釈 1/3:

« 新・私の本棚 藤井 滋 『魏志』倭人伝の科学  新釈 2/3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞記事批判 「わが町にも歴史あり・知られざる大阪」 /588 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ