« 新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 1/3 »

2023年2月25日 (土)

新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 2/3

邪馬台国探訪 『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』2023-02-24 07:00:39 2023/02/25 1:21

 つまり、この件を殊更に問題化したのは、古田氏とその信奉者だけなのです。

*へえ~、そうでしたか知らなかったとでも返すのでしょうか。何が殊更か分かりませんが、稚拙な「論拠」で反論し論義を泥沼にしたのは、反対派ですが、ことは、解釈できるかできないかという「問題」(question)なのです。

> 「『記・紀』は大部分が正しいことが記されている」とは当世には随分希で、多分新説なのでしょうが、これほど雑駁な提言を支持する方は、「ほとんど」いないのではないですか。
⇒ このような決めつけた話を言い張る貴殿は、津田左右吉史学にどっぷりと浸っているようですね。

*言い出しっぺがごまかしていては見苦しいところです。失言は失言です。当家の風呂場を盗撮しているとは知りませんでしたが、今回は、告発はしません。
*ちなみに、「津田左右吉説」はあっても、「津田左右吉史学」などないというのが、世評では無いのでしょうか。貴兄が、格別のご執着を示されている古田氏は、貴兄の愛好されている津田説に、随分批判的でした。どちらに組みするか、それが「問題」です。

 つまり、貴殿は自分の考えが多数派だから正しいと言っているのでしょうが、多数派が必ずしも正しいわけではありません。

*多数派に格別の意味は無いというのは、当方が言い続けている意見です。この堂々たる「パクリ」、無断盗用は、恥で無いのですかと言っておきます。要するに、貴兄の一本調子の論義に皮肉を投げかけたのです。


 例えば、津田史学では第10代崇神天皇以降が実在人物であり、それ以前の天皇は架空だと見做していますが、この件に関してはどうお考えですか?
 私は神武天皇以降の天皇が、全て実在したと考えていますから、上記のような話を持ち出すわけですよ。
 実際、邪馬台国畿内説派は倭迹迹日百襲姫命を実在人物としており、しかも卑弥呼だと言うのですが、その父親である孝霊天皇は架空の天皇としているのです。つまり、父親のいない人物が実在する。このことについてはどうお考えですか?

*本件の対象外、論外ですから、お付き合いしかねます。因みに、「上記」とは何のことですか。「処女受胎」説、いや、どうでもいいのですが。

> それは、とうの昔に測量されていたから、正始魏使現地測量説は、有名無実の空砲です。
⇒ また、御自分の空想(妄想)を正しいと決めつけていますね。
*正しいと思わなければ高言しません。貴兄は自身の虚言癖から他人も同様と決め込んでいるようですが、虚言癖で生き続けるのは困難なのですよ。

 まあ、そう考えるのが論者の常ですが、それでは具体的に測量は何時の時代に行われたのでしょうか?
*既に説明済みですから蒸し直しはしません。各千里の海上行程については、測量してないと明言しています。お得意の「スルー」ですか。いや、今回は、誤変換しなかったのでお許し頂きたい。「空砲」の意味はご承知ですか。

 もし、答えられないなら、里程はこの時の帯方郡使の報告でいいですね?

*相手の全否定を読み取れないで、仮定質問では、「ご勝手に」です。貴兄の手口を真似ると、無料だから、ブログ記事を全部読め、と言うところです。


> 折角、丁寧に、丁寧に説いたのですが、「分からない」と「ズル」されたようです。

                                未完

« 新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 1/3 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 号外 ブログ記事 makoto kodama『「ToYourDay」氏の批評に反論(其の一)』 1/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ