« 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 7/10 | トップページ | 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 5/10 »

2023年2月23日 (木)

新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 6/10

中央公論新社  2004年6月
私の見立て ★★★★☆ 労作 必読 批判部分 ★☆☆☆☆ 2023/02/21 2023/05/27 2024/02/11
 
*行程談義
 氏は、先だって、投馬国を吉備に比定し退路を断っているので、続く「南邪馬壹国」に窮しているはずですが、何とか、言いくるめにかかっています。

8.「南邪馬壹国女王之所都」と決め打ちして、次なる「水行十日陸行一月」を「吉備なる投馬国」から「その南方の邪馬壹国」の所要日数としています。

*「女王之所都」の無法
 「女王之所都」と解するのは「通俗」で、氏の独創ではありませんが、『陳寿が、東夷蕃王に「都」の栄誉を与えて、魏文帝の洛陽首都と同等に遇した』と非難するのは、途轍もありません。あまりひどいので、繰り返しました。

*明解な解法~西晋史官には自然な読み
 そのような見当違いは、「南邪馬壹国女王之所」、「都水行十日陸行一月」と普通に/素直に/時代相応に解すれば氷解し、誤解は発生しないのです。
 それにしても、本来、ここで、「邪馬壹国」が比定され、以下の議論で利用できますが、氏は、別の思い込みに合わせて諸処の解釈を曲げています。

*野獣の径(みち)
 文書解釈の本道を外れ困ったものです。古代史で、「道」を外れると泥沼や草ぼうぼうで野獣の「径」に入り、天下無道と納まり返っていられません。
 続いて、氏は「三国志」道里書法について訓戒を垂れています。厖大な「三国志」全体で検証された偉業に感謝しますが、根拠は開示されていません。まして、「三国志」全体の水行・陸行の記事』が、「全て延喜式の後世東夷の旅費規程に従っている』というのは、幾ら何でも無謀です。
 陳寿が一人で、「三国志」の全道里記事を書いたわけではないし、もちろん、陳寿が「延喜式」を読んだわけもないのです。「三国志 
」の記事は、それぞれの記事の報告者が書いたものが集大成されていて、中には、太古(夏殷周代)以来の「金科玉条」も在るのです。
 又、夫々の記事は、別に、都度、測量して書いているわけでもないのです。大事なのは、帝国内の重要な拠点が、京師なり、首都から、何里と決まっているかという事であり、それが、正史に収容され、継承されているのです。
 この点、安直な誤解が支配的であり、氏が、通説に体制順応しているのは、やむを得ないと考えますが、それでも、あえて、率直な苦言を呈さざるを得ないのです。

*「自女王国以北」の捻転
 「自女王国以北」も、行きがかり上「曲芸」解釈し「以西」としますが、氏の解釈に従うと、既出の国が全て「以西」で、奇観を呈しています。陳寿が、そのような混沌を是正せずに、皇帝に上申する構想だったとは、何とも、当時天下無双の史官に対して、二千年後生の無教養な東夷が振りかざす、無謀な誹謗中傷となります。
 もっと、単純、明解な説明だったと考えて頂けなかったのが、残念です。

 当方の提言では、「倭人伝」道里行程記事は、郡を発して一路南下し最終的に倭人への行程を述べているのであるから、狗邪韓国以後、対海国、一大国、末羅国、伊都国の本筋の行程であり、「女王国以北」とは、女王国自体は別儀として、行程上の対海国、一大国、末羅国、伊都国の四国であり、余傍、つまり、脇道の奴国、不彌國、投馬国は、含まないと明記しているので、誠に明解なのです。だれも知らない現地地理情報はいらないのです。

11 なぜか、念押しされていませんが、氏の説にしたがうと、狗奴国は、女王国の南方なのか東方なのか、ともかく、はるか彼方に狗奴国が在ると主張されていると見えますが、氏は、方位確認を放りだして次に進みます。

12 「男子無」以降は、邪馬壹国風俗とされますが、結構南方らしい温暖な海岸の佇まいと見え、まして、氏の主張される邪馬壹国から、方向感覚がずれている漢族が、なぜ、「会稽東冶」の方角が正確に分かるのか不思議です。

15 なら盆地南部は、夏、暑く、冬、寒いので、なぜ「温暖」か不可解です。

24 唐突に「東洋」ですが、三世紀当時にあり得ない、時代によっては大変不穏当な表現なので、史学談義では、せいぜい時代錯誤と言うべきです。

28 景初二年/三年談義ですが、氏が、限られた知識を絞って、景初三年とするのは悲痛です。文献誤解が祟っていて、とても採用できません。史料は、原文によって解すべきと言う、基本則をど忘れされているようです。

 「魏志」明帝紀引用は、司馬懿による遼東太守公孫氏の討滅を言いますが、帯方郡は南方であり、遼東戦局と直接連動しません。別記事で、明帝は、司馬懿の遠征軍と別に渤海湾で兵船建造し、軍兵・食糧を送り、別途、いち早く樂浪、帯方郡に帝詔を発し、公孫氏郡太守を更迭、新任太守を着任させたと明解です。

*魏帝の自然/東夷の不自然~急使日程算段
 目的は、遼東半島以南の公孫氏勢力(両郡郡兵主体)による妨害の予防であり、従って、景初初年に、両郡は魏明帝指揮下だったでしょう。倭人は、帯方郡新太守が、急使で急遽参上を命じたので即応したのでしょう。
 おそらく、その際に、末羅国から伊都国、そして、その南至近境の女王国の「道程」がつたわり、万二千里の行程道里でなく、実際の所要日数四十日を見きわめて、皇帝下賜物の到達に要する日数が確認できたものと見えます。
 
 先帝明帝曹叡の遺詔を奉じていた雒陽の諸官は、雒陽から倭までの所要日数を確認した上で、輸送部隊を組織したはずです。じつに明解ではないでしょうか。

 ちなみに、簡単な日時計を設ければ、その地での南北、東西を知るには、日中が晴天な日が一日あれば十分で、中学生の夏休み宿題にもならないほどの「初歩的」課題であり、三世紀当時、正しい東西南北を知らない東夷はいなかったのです。

                                未完

« 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 7/10 | トップページ | 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 5/10 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 7/10 | トップページ | 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 5/10 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ