« 新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古田武彦氏の道程論は本当に成立するのか?」 !追記 | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古代史の散歩道さんへの返信(その二)」6/6 »

2023年2月18日 (土)

新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古代史の散歩道さんへの返信」

                                                2023/02/18
◯回答の弁
 拙記事に関して折角回答頂いたので、ブログ記事の形で回答しますが、随分冷静にみせて、丁寧な、そして、よく読み返した回答に驚きました。貴兄は、古田武彦氏に、随分、格別な情感を抱いているようで、そのような私情に溺れて、書き飛ばし同然の二件を公開されたことを忘れたようですね。これだけ丁寧に書けるのに、何で、粗雑に書き殴ったのか不明です。古田氏の月命日に一献傾けたのでしょうか。瞑目。

 また、冷静を装いつつ、くり返し、当方が怒って書いていると、眼前に目撃しているかのように書いていますが、それこそ、事実無根の与太話です。それとも、当家の書斎を盗撮しているのでしょうか。大抵、このような見解は、ご当人の内面の反映に過ぎないのです、それなら、別に盗撮しなくても、お見通しでしょう。
 貴兄の周囲では、論争の喧嘩手順で先例があるのでしょうが、喧嘩腰に逃げるのでなく、先例より前に目の前の記事を読んで、やんわりと揶揄されていることが理解できないようです。教育的指導が読み取れないのでしょうか。これでは、折り返し感情論を咎めるしかありません。売り言葉に買い言葉。罵倒と見えるのは、当方の批判を非難ととり、非難を罵倒ととる、貴兄の内面の反映に過ぎないのです。

*道里行程論談義~所詮一解
 本題の道里行程論ですが、「倭人伝」が、新来の「倭人」に関する初出の記事である以上、帯方郡から倭に至る行程が本題であり、途中で枝分かれしている行程は、本題ではない、傍線であることは、「倭人伝」の記事から見て当然の理屈であり、それを現代の論者が便宜上どう呼ぼうと、何も非難には当たらないと感じたものです。僅か、十ヵ国に満たない行程諸国ですから、当時の皇帝、高官になったつもりで、冷静に考えれば、順調に読み解けるはずです。何を怒り狂っているのかと口まねしたいところです。
 また、「倭人伝」が、郡から倭までの道里行程を、「万二千余里」と「水行十日、陸行一月」と両様に書いているというのは、「倭人伝」の文書主題に関わるものであり、大変高度な文書解釈ですから、貴兄の読解力が及ばないのであれば、それもまた一説と受け止めて頂きたいと考えるものです。誤読したければ、好きなように誤読すればいいのであり、相手の深意を解することなく、名指しで非難するのは感心しないと言うだけです。

 また、「倭人伝」の書法は、先行する正史にはない独自のものなので、他に前例を求めるのは賢明ではありません。古田武彦氏が広く用例を捜索することを第一義に立てたので、それに囚われて無批判に追従されている方がいるようで、このように特異な事例にまで、前例を求めるのには難儀します。無批判の古田武彦氏追従は、いい加減にして欲しいものです。

 韓国内陸行否定の根拠に上げられている一文は、明らかに、その時点限りの特異な事情だと言うことは明らかです。帯方郡は、漢魏晋代の「郡」であり、治安の維持、街道の保全は、郡太守の責務であるから、異常時にそれが達成できなかったから、殊更、皇帝に報告したものです。どんな事情で、異常事態報告の一文に執着するのか不審です。因みに、郡太守が責務が果たせないと判断されたら、小帝王とも言われる郡太守も、一片の帝詔で更迭されるのですから、手段を尽くして街道を維持したのです。

 当方は、「倭人伝」行程道里記事は、景初中に原文が書かれていて、後代の正始魏使の道行記事ではないという「普通の理解」であり、また、平易明解に書かれていて、特に前例を要しないという意見です。それとも、古田武彦氏の教えに倣って、三國志全文を読めとおっしゃるのでしょうか。
 それにしても、一片の記事で、正始初頭に街道往来ができなかったと断じて、何の根拠もない、実行不可能と決まっている沿岸航行に、世上の論者がどうして執拗に執着するのか不可解/残念ということです。郡街道が沿岸と並行して海上に設けられていたというなら、然るべき先例が必要です。

*最後のお願い
 と言うことで、当方としては、これが最後ですよと、時間をかけて具体的に批判する記事を書いたのに、読んだら意見があるはずの誤字指摘にも、無法な地図でっち上げの非難にも無反応で、感情的な暴言連発だけでは、つけるクスリが無いのかと思われます。ひょっとして、他人の書いた記事は、一切、読み解けないのではないかと心配します。
 また、当方は、古田武彦氏が「邪馬台国」と言わないという当たり前のことを指摘しただけです。何も、場違いなことは言っていません。このあたりも、他人の書いたことを読み損なうくせが出ているようです。

 定番ですが、同時代の日本人が丁寧に書いた文章が理解できないのに、三世紀中国人が同時代中国教養人のために書いた「倭人伝」が理解できるはずがないのではないかというのが、年寄りの苦言です。

*古田武彦氏所説談義
 念のため言うと、当方は、古田武彦氏の山成す所説に対しては、他の論者の諸説に対する意見と同様に、是是非非であり、その一角である「倭人伝」解釈のそのまた一角であって氏の所説の出発点でもある「道里行程記事解釈」は、穴だらけであると具体的に論じています。

*届かない趣旨
 貴兄の今回の二文を改めて批判したのは、素人目にも、感情的に書き飛ばしているだけで非論理的であり、実は、タイトルで名指しした批判対象の「古田武彦」説が、まるで理解できていないと見てとったからです。ただし、稚拙な議論と言うのは差し障りがあるので、丁寧に論じたのですが、どうも、少々きつく言わないと届かないのかと釘を刺し、論点が見やすいように、千八百ページを超える手前味噌記事で、始めて文字背景色づけまでしたのですが、趣旨が届いていないようです。

◯まとめ
 「暴言は、無能な論者の最後の隠れ家」という諺が思い浮かびましたが、そろそろ、穴蔵から出てきたらどうでしょうか。
 ロナルド・レーガン元合衆国大統領の名言に随い、ここでは、論者の知識・経験不足を批判するのは控えることにします。
 そうそう、当ブログの筆者は、「プロフィール」に書かれているように、「ToYourDay」であり、ブログ名は「古代氏の散歩道 など」です。「古代氏の散歩道」は、別人の別プログであり、誤爆注意と申し上げます。因みに、なぜ、このように紛らわしいブログタイトルが存在するのか、不可解ですが、取り敢えず、事実は事実として報告します。

以上

*追記 コメント遮断のお詫び
 失念していましたが、以前、やりとりしたときに、貴兄が、感情的に滾ってきて、つまらない、喧嘩腰のコメントを連発したので、これでは、引っ込みがつくまいということで、謹んで遮断したものです。今回の記事を見ると、相変わらずのようなので、今後とも、コメントは遮断し続けるものとしましたが、要するに、コメントだと暴言連発になるよう気質のようなので、此の方が、読み返しが入って、まだしも良いと見たものです。
 因みに、今回の回答は置くとして、先行する二本の書き飛ばし記事は、貴サイトを汚しているので削除をお勧めするものです。そもそも、今回の発端は、その点にあるのです。

以上

 

 

« 新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古田武彦氏の道程論は本当に成立するのか?」 !追記 | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古代史の散歩道さんへの返信(その二)」6/6 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古田武彦氏の道程論は本当に成立するのか?」 !追記 | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブログ記事 makoto kodama「古代史の散歩道さんへの返信(その二)」6/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ