« 新・私の本棚 外野 ウィキ 「古代史の散歩道」続考 seit2023 1/4 | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブログ記事 sinfu「光正解釈説 総纏集」 9/10 »

2023年2月 4日 (土)

新・私の本棚 番外 ブログ記事 sinfu「光正解釈説 総纏集」10/10

光正解釈説 総纏集 「中国語学習と邪馬台国研究と家電修理等」2018-04-16 13:20:00
私の見立て ★★★☆☆ 丁寧な労作 ただし前途遼遠      2023/02/03

 ゆえに、末盧國から女王国(邪馬台国)は 2,000里余りになります。
概数計算しているのに「ゆえに」は、どえらい勘違いです。万二千余里は、千里、二千里を呑み込んでびくともしない大まか里数と思われるし、七千余里、千余里も同様に大変、と言うか、時代相応、環境相応に大まかと思われます。書いた人に合わせていくべきではないでしょうか。
三度の渡海各千余里は、海上であり、絶対測定不可能です。
・結論として、万二千余里から七千余里と千余里を三度引いた後に何が残るか、絶対に予想不可能です。

 光正解釈説で解釈した内容をまとめると
① 末盧國から東南へ五百里歩いて行くと 伊都國に到る。
② 末盧國から東南へ百里で奴國 
③ 末盧國から東へ百里で不彌國 
④ 末盧國から南へ水行二十日で投馬國
⑤ 末盧國から南へ水行で行けば十日、陸行すれば一月で
  女王が都する邪馬壹國
⑥ 女王國より北には 順に、
  斯馬國 巳百支國 伊邪國 都支國 彌奴國 好古都國 不呼國 姐奴國 對蘇國 蘇奴國 
  呼邑國 華奴蘇奴國 鬼國  為吾國 鬼奴國 邪馬國  躬臣國 巴利國 支惟國 烏奴國 奴國が有る
⑦ 奴國は女王国の端である
⑧ 奴國の南には狗奴國が有る  (女王国には属していない)
⑨ 末盧國から女王國は2,000里

・原文は無改行です。それにしても、「⑥ 女王國より北」は、不可解です。その他は、何の「順」なのでしょうか。
 原文の誤解は、できるだけ減らして欲しいものです。
・突如、餘里抜きの算用数字2,000里になるのは、数字自体の由来が不明なのに合わせて、異様な表現で不可解です。
・そして、不可解な尻切れ蜻蛉です。「総纏集」の態を成していないのでは、それこそ、締りがないのです。 
・以上で、誤解の罪の軽いところで、「歩く」とは誤解です。中原では、馬車、時に騎馬です。数千里の徒歩行で、帯方郡を出た指令文書が倭に着くのに、何ヵ月かかかるやら。予測不可能です。

 ついでながら、現代中国語で現在地からどこかへ「行く」に相当するのは、「去」ですが、大変、大変、大変古くから常用されている漢字なので、古典漢文では、色々な意味があり、現代用法に囚われると文意を見失います。

・出過ぎた物言いとなりますが、「倭人伝」構成を推定すると、この女王国記事で正始の魏使派遣の事前説明記事は締めくくられ、以下、狗奴国風俗と見え、後日の訪問取材と見えます。

末羅国起点放射行程新説の不合理と「水行陸行」迷走、「女王が都する」錯誤は兎も角、水行・陸行の川船十日と街道歩行三十日並列は、理不尽の極みです。相談相手を間違えたように見えます。出発点で追分を誤ると、荒れ地に迷い込んでいくだけで結論に近づけないものです。

◯まとめ
 以上、「総纏」とあるのを真に受けた全力指導です。総じて、以上に書いたような初心者向けの査読(作文指導)がされていないのは、困ったものです。延々とダメ出しを続けさせられては、大抵の方は、口を挟まないでしょう。それでも、生徒が理解して取り組んでくれたら良いのですがね。

 独学で形式の整った文章を書くには、先賢諸兄姉の著作に「謙虚に」学ぶ必要があります。勿論、過ちを踏襲する必要はありませんが、学ぶことは多いはずです。

                                以上

« 新・私の本棚 外野 ウィキ 「古代史の散歩道」続考 seit2023 1/4 | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブログ記事 sinfu「光正解釈説 総纏集」 9/10 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 外野 ウィキ 「古代史の散歩道」続考 seit2023 1/4 | トップページ | 新・私の本棚 番外 ブログ記事 sinfu「光正解釈説 総纏集」 9/10 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ