« 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 6/10 | トップページ | 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 4/10 »

2023年2月23日 (木)

新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 5/10

中央公論新社  2004年6月
私の見立て ★★★★☆ 労作 必読 批判部分 ★☆☆☆☆ 2023/02/21 2023/05/27 2024/02/11

*「乍南乍東」の一解
 氏は、南下する際、上陸の際に東に進むことと解していますが、誠に策士策に溺れるです。出港で西に向かうのをお忘れですし、先に述べたように、南海岸では、全く通用しません。敵は、方位に疎い漢民族です。「倭人在帯方東南」ですから、郡を出た官道は、東ないしは南の方向に進むに決まってるのです。
 きまりが悪いのか、氏は、この下りを駆け抜けます。因みに、都合悪いところを端折るのは、誰でもすることで、氏を非難しているのではありません。

*魚豢「魏略」談義
 因みに、氏は、しきりに、陳寿が魚豢「魏略」を参照したとしていますが、史官は、漢魏公文書を編纂して正史としたのであって、魚豢「魏略」のような非公式文書は、公式文書欠落時の緊急避難です。裴注で追加されたが、陳寿が没にしていたと推定される諸資料を見れば、全て明解です。
 氏は、中国正史の編纂がいかなるものか、ご存知ないようですが、それは、氏が教示を仰いだ先賢諸兄姉の落ち度であるから如何ともし難いのです。

*「首都」の怪~国産熟語の不合理
 ついでに言うと、氏は、古代壱岐國に「首都」があったと時代錯誤に耽っていますが、同時代用例では、「首都」とは、魏文帝が、「漢代以来皇帝の滞在した諸都の発令文書が交錯して各地の機関が困惑したのを是正した」際、長安、許昌、鄴など旧「都」を有効と認めた上に、洛陽を首たる都、「首都」と称したのであり、氏が誤解されているように蕃王居処を「都」とするのは、不敬/死罪です。
 因みに、もし、一大国に王城が認められていたら、城名が記録されそうなものですが、そのような記事はないのは、氏も承知のことと思われます。時代錯誤というのは、そうした複数の要因を指しています。
 中国語にない蛮夷文字を「国字」と言い、例えば、辻、峠などが相当します。恐らく、中国語が不自由な百済で「ふりがな」めいた補助文字と並んで、発明・常用された国字が、中国から厳禁され、海を隔てた当地で生き残ったとみられます。差し詰め、「宮都」は「国語」であって、「倭人伝」論義には禁句、ついでに言うと、後世の日本式律令も厳禁です。

*混迷の所在比定
 氏は、根拠無しに、つまり、ここに至る文献解釈にないのに「邪馬台国」を伊都国から往復一ヵ月の遠隔地に追い、郡使などが一旦伊都国に待機したと見ていますが、そのような隔絶は、「倭人伝」読者に理解不能です。

*渾身の大河ドラマ~鳥越流「邪馬台国」比定
 氏は、独創の大河ドラマを創出して、末羅国から伊都国、奴国、不弥国と海岸沿いに海船を発たせますが、そのような大作は、「倭人伝」に書かれていません。氏は、ドラマを正当化するために、記事中の方角を無根拠で改竄していますが、それは無理というものです。自分の気の済むように史料を改竄するのは、当業界の通俗であっても、史学者として最後の隠れ家でしかありません。
 「最後の隠れ家 」 は、大抵の場合無意味です。

7.投馬国行程は、ハッキリと「南」ですが、氏は当然「東」とにべもありません。一度だけ言うと、魏使一行の大半は、帯方郡住民であって多分漢族では無く、幾度か倭と往来しているので、そのような子供じみた錯覚は持ち合わせないはずです。

*止めどない「延喜式」依存症
 続いて、氏は、定番となった「延喜式」を持ち出しますが、数世紀後の街道整備された時代の法的規定を三世紀の蛮夷に持ち出すのは乱暴です。まして、同規定は帆船航路が整備された時代であり隔世と言うべきです。
 どうにもこうにも、氏は、相談相手を間違えていたと見ざるを得ません。

                                未完

« 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 6/10 | トップページ | 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 4/10 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 6/10 | トップページ | 新・私の本棚 鳥越 憲三郎 「中国正史 倭人・倭国伝全釈」肆 4/10 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ