« 今日の躓き石 NHKBS「球辞苑」の廃語趣味 「ナイター」乱発 | トップページ | 新・私の本棚 岡田 英弘 著作集3「日本とは何か」 倭人伝道里 新考補筆 »

2023年4月 3日 (月)

今日の躓き石 NHK「サイエンスゼロ」の非科学的提言紹介 「曇天革命の奇蹟」待望か

                                   2023/04/03

 本日躓いたのは、なぜ、NHKが公共放送の科学番組で、これほどあからさまに「でたらめ」なお話を広げるのかということである。いや、躓いたなどというものでなく、ごついレンガの壁であった。
 賑々しく提示された「課題」は、「太陽電池の変換効率が曇天時に低下する」欠点を解決し、これにより、利用できる電力量を拡大するというものである。

 しかし、これは、問題点を見損なっている。まず、太陽電池が、太陽エネルギーを電気エネルギーに変換する効率は、せいぜい十㌫程度であり、残りは、電池パネルを加熱しているのであるから、もともと、大して効率的なエネルギー源では無いのである。
 そして、曇天時には、降り注ぐ太陽エネルギーの量が、がた落ちであるから、自然、ほとんど役に立たないのであるが、それは、太陽電池の変換効率を上げてもどうにもならないのである。
 そもそも、「現存の太陽電池」の変換効率を、例えば、最高50㌫に改善できれば、つまり、五倍、十倍にすることができれば、曇天、雨天、降雪など、気にしなくてもいいのであるが、そんなことができないのは、周知の事実のように思える。出演者は、現在のシリコン太陽電池の変換効率は、100年近くかかっても、ほとんど改善されていないが、新素材は、急速に効率が上昇しているので将来性が期待できるなどとホラ話を捏ねているが、それは、非科学的な夢物語であり、所詮、成長が速ければ、短期間で天井にぶつかるだけである。

 そうした事情は、長年、何の変化もないことだから、大抵の関連技術者、科学者の知り尽くしていることなのだが、それを正直に言うと、政府からの支援(要するに税金からの支出)がなくなるので、今回の番組にあるような「呪文」を唱えて、視聴者を煙に巻いているのである。
 まして、新素材が低価格であろうと、太陽電池パネルの構造は頑丈でなければならないし、付随して、大容量の電力変換/蓄電設備/機構が必要であり、送電電線として、現在と同様の大量の銅やアルミを使用することに変わりは無いし、加えて、これまでに設置した太陽電池パネルの性能は、一向に改善されないのである。曇天時に変換効率が高い太陽電池が登場しても、何も改善効果はないのであり、何も改善効果が無い「新素材」の開発に「巨額」の費用/税金を投じても、それは、無駄遣いと言うべきであると考える。

 そのような「ごまかし」論法に、公共放送が加担するのはどうしたことか。巨額の財政赤字を抱えている国庫から、さらに、無駄遣いをさせるのは、NHKの姿勢として問題である。

 当方は、一介のやじうまであるから、公開されている気象データや表明されているであろう機器データを組み合わせて、年間の改善効果を算出して、経済的に評価することはできないが、これほど明らかな、暗算や筆算すら必要の無いような、明々白々な不合理を、科学的な追跡で批判しないのは、まずは、番組担当者の怠慢と思われる。

 以上、NHKには、もっと真剣に、最重要課題に取り組んでもらいたいのである。

 

« 今日の躓き石 NHKBS「球辞苑」の廃語趣味 「ナイター」乱発 | トップページ | 新・私の本棚 岡田 英弘 著作集3「日本とは何か」 倭人伝道里 新考補筆 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 NHKBS「球辞苑」の廃語趣味 「ナイター」乱発 | トップページ | 新・私の本棚 岡田 英弘 著作集3「日本とは何か」 倭人伝道里 新考補筆 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ