« 新・私の本棚 松尾 光 「治部省の役割と遣外使節の派遣を巡って」~古代日本外交の謎 | トップページ | 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 1/2 補 »

2023年5月 3日 (水)

新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 2/2 補

 私の見立て★★★★☆ 必読       2019/05/16 2023/05/03
 今回の題材は、毎日新聞夕刊文化面の月一の歴史コラムです。

*王の実力を数値化、可視化する方法
 また、記者は、忽然と仁藤氏の発言を引用して「外交」と述べますが、素人目には、巨大墳墓を並行して造成できる勢力は、それぞれ、いわば独立国、独立の伝統の持ち主で、「外交」とは、日本列島内諸国間「外交」かと思うのです。因みに、中国側視点では、「倭」は国でなく蛮夷に過ぎず、従って、「外交」はあり得ないのです。語彙の時代錯誤でしょう。別の意味で、「交易」も三世紀はおろか五世紀にもなかったと思われるので、時代錯誤でしょう。誰が誰とどのような通貨、決済手段で、交易したというのでしょうか。

 仁藤氏は、「実力」要素として『「外交」「軍事」「交易」の三項目が最優先され」たとおっしゃったようですが、「三項目」を「最優先」するというのは、一種の冗談かと思うのです。国内古代史業界言葉で、そう言わないと排斥されるのであれば、保身していただいても良いのですが、せめて、一般読者向けに、誤解の無い言葉に言い直す配慮をいただきたいものです。

 取り敢えず、解釈を試みると、軍事」は、日本列島内諸国 で、「物理的に誰が一番強いか」と、総当たり式の実力行使の果てに比較できそうですが、「外交」、「交易」は、時代錯誤で当時通用しなかったというのは別として、不可視で数値化できず互いに比較もできず、また、「軍事力」にどのように加味するか、全く意図不明で、さらには、これら以外の「書かれてもいない要素」に対して、どのようにして「最優先」させるか、何も説明が無いので、善良な一般読者には、理解しようがないのです。
 仁藤氏の断言は、厖大な歴史に学んでいる現代人にも趣旨不明で、当時の評価は知りようがないのです。元々、「実力」とは、政治的な折衝力とその果てに来る軍事行動の強さであり、そう解すべきのように思えるのですが、どうでしょう。

 いや、当方は、仁藤氏が、推定にとどめている五世紀について、どのような数値モデルで「実力」を求めたかわからないし、記者が、素人、つまり、一般人読者に通じる言葉遣いで、仁藤氏の主張を噛み砕いてくれないので、毎日新聞夕刊を目前にしていても、途方に暮れて、素人臭い質問を呈するしかないのです。「それは、どういう意味ですか。なぜ、そう思うのですか」
 担当記者は、随分受け売り得意の特技の持ち主のようですが、記者の使命は、一般読者に理解できる言葉で伝えることだと思うのです。

*「法理論」の怪、「女系OK」の怪
 ここで、突然、意味不明な断定が出て来ます。古代に「法理論」は、一切なかったので、いくら言い立てても、当時の世人に一切理解できない後世人の後知恵だろうし、「女系OK」に到っては、世間一般に通用する現代語ですらないのです。「柔軟性」(記者の意図は不明、趣旨も不明)にも、ほどがあります。
 古代とは言え、国家制度の根幹が、自分の書いている言葉の意味すら不確かな民間人の意見で左右されるとは思えない、いや、これは記者のことであって、仁藤氏のことでないのは言うまでもないのですが、読者は、記者の変移させた語彙に載せ替えた意見を読んでいるとは気づかないので、全て仁藤氏の意見として受け取り、仁藤氏に被害が及ぶのです。

*首相談話無理解
 安倍晋三首相の答弁が引用されていますが、政治家に付きものの強調、断言を割り引くと、男系継承が「伝統」として保たれていたことを歴史の重みと理解することに、特に、文句を付ける必要はないと思います。
 記者は「正確な歴史認識」と意味不明の虚辞を持ち出しますが、「歴史」は人知で把握しようのない膨大さであり、「歴史認識」は人それぞれに異なる個人的感想である以上、「正確」な「歴史認識」の「共有」(記者の意図は不明、趣旨も不明)なぞ虚言の極みです。
 まして、人それぞれの語彙で染められて認識されているから、共通の「歴史認識」など成立せず、具体的な論点の個々について、互いの言い分が正確に互いに理解されるまで、十分に言葉を尽くして論議するしかないのです。いかに、記者が、自己視点を押しつけて短絡的な解決を望んでも、互いに理解し合えないままでは、結論は出せないのです。
 記者は、自身の脳内を眺めて独り言しているから、反対意見も質問も聞こえてこないでしょうが、一個人の早合点が、記者故に、制止されることがないままに、全国紙の紙面を占拠するのは、不気味ですらあります。

 個人的な意見ですが、記者が記者個人の(瑕疵込みの)「歴史認識」を述べたことに、特に異議はありませんが、「共有」と称して、記者の認識への同意を強要されれば断固否定します。いらないものはいらないのです。

 それは、個人的意見の「独立宣言」に反すると考えるものです。今回、記者の無法な意見に同調できないと書いて結語とします。仁藤氏は、そのような無法は主張していないと思われるので、仁藤氏と喧嘩しようとする動機は全く無いのです。

 いや、かくのごとき問題満載のタイトルが、乱暴で意図不明の体言止め、言いっぱなしなので、趣旨を誤解したかも知れませんが、個人的理解で述べました。
 まして、タイトルを偽ってネット掲示するなど、いったい何をたくらんでいるのか、奇々怪々です。
(いや、褒めているのではありません)

                                完

追記 5月18日17時現在、タイトル「偽装」は終了し、正しいタイトルが表示されているが、訂正したとの告知はないので、当方は現状確認に止める。

« 新・私の本棚 松尾 光 「治部省の役割と遣外使節の派遣を巡って」~古代日本外交の謎 | トップページ | 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 1/2 補 »

毎日新聞 歴史記事批判」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 松尾 光 「治部省の役割と遣外使節の派遣を巡って」~古代日本外交の謎 | トップページ | 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 1/2 補 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ