« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 8/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 6/9 »

2023年6月26日 (月)

新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 7/9

「一中国人の見た邪馬台国論争」 好評連載第二回 梓書院 1982年5月刊
 私の見立て ★★★★☆ 泥中の真珠再発見 2022/12/01 部分改訂 2023/01/15 23/06/07, 12, 19, 21, 23~26

➀最初の区間~郡管内韓国を歴る官道行程
 まずは、倭人伝に収録された「郡から倭に至る」「従郡至倭」行程の最初の区間は、「郡」を発して、一路半島中央部を南下し、韓国領域を通過し、街道関所を通過して郡の最南端である狗邪韓国に至ったと見るのが至当である。
 当然、この行程は、街道、つまり、乗馬往来の官道で、途上、関所兼宿場兼郵局があり、蹄鉄交換なり、替え馬などにより、秦漢代以来の街道制度が実施されていて、安定した行程が確保されていたと見るべきである。「郵局」というのは、中原においては官営の「飛脚」であり、恐らく、韓地では、各宿場の責任者が、係員を駆使して送り継いだと見るものである。もちろん、郡太守の親書は、郡の「飛脚」が、走り継いだと思われるが、それぞれ、別に特筆するような内容ではないから、道里記事には書かれていないのである。
 後漢献帝建安年間に、穢、韓、倭を統轄する帯方郡が成立したが、遼東郡の下部組織であった。そして、狗邪韓国街道は、維持されたのである。
 因みに、「韓国」を歴るとは、馬韓、秦漢、弁辰の三韓を歴訪するのは明らかであるから、郡を発した街道は、それぞれの韓国の王治に届いていたことは明らかである。そもそも、「倭人」が、帯方郡に参詣するには、三韓の承認が必要であり、郡の発行した「過所」(通行許可証)がなければ、各国の街道関所で阻止されるのである。

*「万二千里」の起源
 行程記事の末尾で、行程公式道里は「万二千里」とあるが、以上、これは、「遼東郡から倭に至る」道里である。帯方郡移管後、「帯方郡から倭に至る」道里となるから、後世人の感覚では、随時里数を訂正すべきと思われだろうが、倭に至る「公式道里」は、皇帝承認後は一切変更できず、「万二千里」だったのである。
 と言うことで、「万二千里」は、「初見」時点において、遼東太守公孫氏が「公式道里」として設定したもので、後世、陳寿の「倭人伝」編纂時、、皇帝承認の不可侵史料が不合理と見えても、是正不可能だった。
 西晋瓦解に伴い雒陽に継承されていた史官組織が崩壊したこともあり、このような史官職業倫理は、史官でない笵曄には継承されなかったと見える。継承されなかったのは、雒陽公文書だけではなかったのである。

*郡/狗邪韓国~倭人伝道里の定義
 「従郡」は、郡太守治所(郡治)の位置を言う。道里は、まずは、郡の南端、狗邪韓国の渡海海港までを示し、ここまで七千里の道里原器(物差)が定義されている。一千里単位と言いたいが、千、三千、五千、七千、万、万二千と飛び飛び概数であり、有効数字1/2桁の大変大まかな世界である。

*「馬韓」評判記
 晋書「張華傳」には、西晋太康年間(280-289)都督幽州諸軍事治世の記事に治所から「馬韓」迄四千里とされている。目的地「馬韓」は、馬韓伯済国と推定され、千里単位の道里である。幽州雒陽道里は明確でも馬韓行程は不明である。三世紀末は楽浪郡経由の雒陽道里が至当であるが、当記事は道里の記事でなく、遠隔地を張華が適切に管理したという評判記である。
 笵曄「後漢書」「郡国志」の各郡道里は「公式道里」である。 西晋 司馬彪( - 306 )「続漢書]「郡国志」には、後漢雒陽公文書から各郡地理情報が集成され、劉宋 笵曄(-445)「後漢書」の「志部」として併合されたから、笵曄の美文修飾は介入していない。
 遼東郡: 雒陽東北三千六百里。 玄菟郡: 雒陽東北四千里。 樂浪郡: 雒陽東北五千里。 幽州涿郡:雒陽東北千八百里。
 晋書「地理志」は、幽州を歴史回顧し、建興四年(316)西晋滅亡時に、北方異民族の支配下に入った旨略載し、公式道里は収録していない。
 要するに、晋書「張華傳」記事にも拘わらず、三韓公式道里は不明である。馬韓を代表する権威の治所への実務道里が知られていただけである。
 但し、幽州都督の三韓支配は、両郡からの撤退で喪われたと見える。

②次なる区間~「渡海」道里の起源
 「渡海」道里「千里」は、並行街道が無い以上「形式上の道里」であって、海岸から州島に移動し次の州島に乗り継ぐ以上、実質的意義は無い。

*予告する「水行」定義/伏線回収
 「渡海」道里は、正史記事に前例がないので、不意打ちで困惑させないよう冒頭定義文で、『「倭人伝」『並行街道無き渡海』を「水行」』と明記した。
                                未完

« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 8/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 6/9 »

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 8/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 6/9 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ