« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 7/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 5/9 »

2023年6月26日 (月)

新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 6/9

「一中国人の見た邪馬台国論争」 好評連載第二回 梓書院 1982年5月刊
 私の見立て ★★★★☆ 泥中の真珠再発見 2022/12/01 部分改訂 2023/01/15 2023/06/07, 12, 19, 21, 23~26

*隠れた本懐/本解
 兎角、季刊「邪馬台国」誌「好評連載」「一中国人の見た邪馬台国論争」記事における張氏提言を、当ブログにおいて、しばしば非難したが、時に氏の韜晦の陰に、透徹した明解な解が披瀝されているのに気づいたものである。
 そして、しばしば、支持者に忖度してか、当提言は、突如大きく撓むため、近来に至るも、遂に理解されていないと見えるので、謹んで素人が蒸し返す。

*「余傍」の深意
 本「張明澄」提言を意義あるものとみると、「畿内説」の成立の余地がなくなるので、当記事は、埋め戻し、黙殺の憂き目を見ていると懸念される。

*さらなる補足 2023/06/07
 再読して、説明不足に気づいて再度補足する。随分の分量であるが、当ブログで再掲が大半というものの諸兄姉に探させるのも何なので復習した。

◯倭人伝道里記事の新解 2023/06/07
*里数概数の確認~イロハのイ
 念を押すと、本記事では、以下、里数の自明の「餘」を省略しているが、それは、概して、二千里刻みの切りの良い、千里、三千里、五千里、七千里、万里、万二千里と飛び飛びの数値を示しているのであって、その際に、切り捨て操作はしていない。つまり、見たとおりの漢数字で加減算して良いのである。もちろん、多桁算用数字で書くと、どこまで意味があるのか不明になるから、漢数字論義がイロハのイである。

*「郡」と「倭」の由来
 記事は、「従郡至倭」で書き出されているが、記事原文が書かれたのは、「倭人」が、半島以南の東夷を「都督」していた遼東太守公孫氏の治世『後漢中平六年(189)霊帝没年以降』の「初見」時点と見える。(雒陽の大混乱に乗じて、自称したようである)
 帯方郡の創設は、建安九年(204年)なので、漢代以来の歴史を持つ楽浪郡から報告を受けて、いわば、画期的な判断をしたとも見える。
 よって、「倭に至る」道里の起点は、本来、遼東郡であったと解するのが合理的と思える。
 後世人は、帯方郡成立後、それも、魏使訪倭紀行記事の視点に囚われて、「従郡至倭」行程を、「帯方郡」から「邪馬壹国」と決め込んでいるが、丁寧に時代考証するとそうとは言いきれないのである。
 例えば、「倭在帯方東南」と言い切るには、帯方郡の後方(西北)に、天子としての視点を確立している必要がある。

*時代考証の第一歩
 「倭人伝」を丁寧に読むと、「初見」は後漢霊帝末期、女王共立以前である。当たり前ことで提起されなかったが、「王」は男王であり、後年「女王居所」とした「邪馬壹国」は、当然、存在しなかったと見える。それが、「従郡至倭」の起源である。これも、当然至極なので、書かれることはないが、史官は、「史実」、つまり、公文書史料遵守で、史料改竄/捏造/書き換え/上書きなどあり得ない。
 従って、「従郡至倭」の正確な解釈には、「倭人伝」に対する丁寧な時代考証が必要である。それには中国古代史書の素養が前提であることは言うまでもない。いや、「三国志」の(国内)最高権威と称揚されるほど素養があっても、基本的な理解力/知性が欠落していると、『「史官」は、史実の継承を本分としていない』などと、とんでもない暴言を吐くから、困ったものである。

*張氏の時代観の限界~唐代/中世
 張世澄氏の中国古典書の理解は、どうも、中国の中世、唐代漢詩の解釈が限界のようである。そこに絞り込んでいる限り、比較的多数の読者を期待できるのであり、豊富な見識で名声を博したのに違いないが、秦漢代史書の解釈は、手に余っているのでは無いかと思われる。「魏志倭人伝」解釈は、圏外の三世紀史料とは言え、字数が限られるので、余技として、威勢良く秘剣を振るったと見える。
 読者諸兄姉は、その限界を踏まえて、氏の庖丁の技を賞味すべきである。

                               未完

« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 7/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 5/9 »

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 7/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 5/9 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ