« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 5/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 3/9 »

2023年6月26日 (月)

新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 4/9

「一中国人の見た邪馬台国論争」 好評連載第二回 梓書院 1982年5月刊
 私の見立て ★★★★☆ 泥中の真珠再発見 2022/12/01 部分改訂 2023/01/15 2023/06/07, 12, 19, 21, 23, 26

◯「張明澄」提言~末羅分岐説
 各条の書き出し「始めて」、「又」、「又」で、三度の「渡海」とわかる。
 このように、「順次行程」は、「又」で列挙する。
 一方、末羅から先の行程は、「又」が欠け、末羅での分岐行程と見る。

*コメント
 卓見であるが、氏の「解法」は、中途半端、不徹底と見える。
 張氏は、「到」、「至」蘊蓄を傾けて個々の意義を説明したが、判じ物として不得要領であり、論ずべきは凡庸な学識の持ち主に通じる真意であり、本来、「至」と「到」の使い分けは、同時代の想定読者にも通じる「明快」表現と見える。
 ということで、折角のご指導であるが、御趣旨は大いに援用させていただくものの、無批判に追従はできない。
 末羅国は、三度目の渡海の「対岸」の海津、つまり、単なる海港であり、行程の「要」(かなめ)と思えないからである。

*異論表明~伊都分岐説
 伊都以降の記事で、④伊都条は「到」であるが、以下は「至」である。
 「到」する伊都は、「丗有王、皆統、屬女王國、郡使往來常所駐」と「列国」として重んじられていて終着地と明記されたと見える。
 張氏も、「駐」は、偶々通りがかりに足を止めたとの意味ではないと明快である。要するに、遼東郡からの行人は、伊都国で、国王と面談していたという実績を示しているのである。

*「餘旁國」に「至る」
 それに対して、以下「至」の諸国は、伊都起点の「餘旁國」、脇道である。そして、掉尾の邪馬壹も、伊都からの行程・道里に欠けるが、順当な見方では、至近距離であって書くに及ばないという趣旨と見るものである。
 これら諸国は、「又」が存在せず、従って、行程が直線状に順次移動すると読むのは、「倭人伝」道里記法に外れている。つまり、伊都からの道里行程は、放射状に分岐していると理解される。
 これが、中国語に極めて造詣の深い張明澄氏の提言の眞意と見え、素人の東夷にしても、容易に納得できる明快な教えである。

*「至る」と「到る」
 漢字学の権威である白川静師の字書により、「至」は行程目的地、「到」は行程到着地であり、途上で爾後行程への出発点とされる。記事で、狗邪韓国と伊都国が「到」である。

*「邪馬壹」の姿~予告
 この「国」は、「国邑」であって古来の「邑」(ムラ)であり、「倭人伝」では、各国は山島に在って、周辺に城壁を設けて防備していないとされ、「邪馬壹」「国」も、城柵で守護しているに過ぎないと見える。推定するに、伊都の防壁の中に在って、伊都の支援を得ていたと見える。

                               未完

« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 5/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 3/9 »

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 5/9 | トップページ | 新・私の本棚 張 明澄 季刊「邪馬台国」第12号 道里行程論 新解 3/9 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ