« 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 4/6 再掲 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 2/6 再掲 »

2023年7月 4日 (火)

倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 3/6 再掲

                                                       2019/02/27 表現調整 2020/11/10 2023/07/04
2 周朝短里(仮説)の再考/結末
 「曹魏短里」説に於いて、短里は、周制のものとする仮説が述べられました。
 ここでは、周制が短里里制であったが、秦が里制を「普通里」に変え、これが、漢に継承されたが、後漢末まで維持されたが、漢の後継を越えて独自境地を求めた曹魏明帝が、秦漢の「普通里」を解消して周制に復帰した』と見る「作業仮説」です。
 この見方は、「倭人伝」に公式記録されている「郡から倭まで万二千里」の里数が、普通里では、大いに過大になっているとする論難に対する「説明」として、一応筋が通っていると見えるものです。

 この見方は、ほぼ、藤井滋氏の提言を、安本美典師が着実に「倭人伝」道里記事の解釈に応用したものと思われます。

 私見による総括で失礼ですが、本件は、古田武彦師が、漢魏晋代の国制と食い違う地域制度里制の想定を不合理だと見なし、「三国志」が、西晋史官陳寿が、統一した編集方針で編纂した「正史」であるとする見解から、「三国志」全体の道里が「倭人伝」道里と通じているとする「三国志短里」を提唱し、後に、「魏志」に絞り、さらに、魏明帝期から西晋末までに限定した「魏晋朝短里」に集中したように見えます。

 広範囲に史料根拠を求めた古田武彦師の巻き起こした「悉皆」手法による史料精査検証は、二千字程度の「倭人伝」の前半部という局地的な、限定された史料範囲に対する論考であるものの、「倭人伝」論義に深く、広く影響を及ぼし、今日に至るまで沈静していないように見えます。

 しかし、今般、「晋書」地理志を確認した結果、以下に述べる「司馬法」に示された「周制」は、「短里」でなく「普通里」であった、との見解に至りました。まずは、この一歩から、事態の沈静化を進めるべきではないかと思量し、本稿をまとめたものです。
 素人考えにお付き合い頂くのは恐縮ですが、別に、個人的見解を押しつけて、諸兄姉の信念を攻撃しているものではない、もし、これまでお見過ごしにされていたのであれば、ご一考頂きたいというものに過ぎません。

◇「司馬法」談義
 「晋書」地理志に、秦漢以来の諸制度の典拠として引用された「司馬法」は、司馬穰苴(春秋・齊の将軍 BCE500頃か)によって書かれたとされる「兵法書」であり、武経七書の一つですが、史料としては現存せず。所収部は佚文とみられますが、正史である「晋書」に収容されたところから、唐代には、健在と見なされていたものまであり、以後は、正史「晋書」の一部として、維持、継承されたことから、信頼するに足る典籍と見えます。この点は、史書としては散佚している魚豢「魏略」の一部である「西戎伝」が、劉宋裴松之によって、魏志に補注、つまり、参考資料として、伝全体が、善本収容されたため、今日まで、健全に継承されていることと通じるものがあるように見えます。
 「司馬法」に関して言えば、唐代の権威者が、正史の志部の要諦として信頼を置いたという「見識」を尊重すべきだということです。
 
 司馬法」条には、秦朝が周制由来とした里制に基づく諸公所領などが規定されているため、秦漢制の基礎として「晋書」地理志に引用されているのです。

*「周髀算経」に依る短里説
 周制短里の論拠として、谷本茂氏による周髀算経の検証により、周代に七十五㍍(程度)の里長が知られていたとされています
 ただし、これは、せいぜい、周代の教養人の常識として、太古以来の「遺制」として「短里」が知られていたと見える』だけであり、周代に国家制度として短里が有効であったと証するものではない』ように見えます。

 「普通里」が厳然と施行されていた漢代に通用していたと見られる「九章算術」(幾何・算法の教科書)には、一日三百里走行する駿馬が示される例題がありますが、これを古制の残影と見るというより、解法で示される計算過程を見ても、分数計算が不要となるように桁上げされている可能性が有力です。
 ついでながら、実務を重視している同書の「課題」全体として、「普通里」に基づく、「里」(り)、「歩」(ぶ)が通用していて、共に、面積単位としても通用しているのは、貴重です。つまり、これら算法教科書の記事は、周朝短里制の根拠とはならないのです。

 少なくとも、俗に『周礼』とされる儀礼体系の中に、短里制が組み込まれていたと云う証拠はありません。むしろ、周里制は「普通里」であり、「普通」の名にふさわしく、「明記しなくても、当然自明なので書かれていないだけで、事実上明記されているのであり、厳然として適用されていた」と見えるのです。

*里制不変説
 以上を合わせて考えると、以下のように思量します。
 周朝国家制度として「短里」が採用されていたという証拠がありません。
 証拠がないのは、そのような国家制度はなかった証拠です

 従って、魏文帝、明帝が、周制回帰を謳ったとしても、周制に短里は含まれず、結局の所、「曹魏短里は無かった」のです。
 もちろん、「大夫」を、陳腐な庶民の階級から、皇帝に準ずる高官に復帰させたほど、周制の復活に精力を傾けた、新王朝の皇帝王莽も、里制には手を付けていないのです。

3 地域短里説の堅持
 「魏志倭人伝」短里説の旗手とされた曹魏短里は無効、後ろ盾の周制短里も根拠薄弱では、短里説そのものの当否が問われる事態になっています。しかし、「魏志倭人伝」の道里が、短里と見えるという解釈は、依然として揺るがないのです。
 
 今や孤塁となった「地域短里」説ですが、時に批判の論拠となっている「三国志全体が普通里制として、なぜか、そこに短里が紛れ込んで混在している」との評価は、評価者の深刻な認識不足です。

 行程道里記事の冒頭で、郡から狗邪韓国までを「地域里」で規定する「宣言」/「里原器の定義」がなされ、伝末まで全て「地域里」なので、「倭人伝」を通じて首尾一貫した語法が敷かれていて、「混在」などしていないのです。
 言うまでもないと思いますが、倭人伝に限定して提起された「地域里」は、後続されている呉志、蜀志に効力を及ぼすものでは無く、また、魏志全体に遡って効力を及ぼすものでも無いのです。効力を及ぼそうにも、周制以来の「普通里」との換算が示されていないので、統一しようがないのです。
 当時の読者としては、「倭人伝」冒頭で、『以下は、「ここ」だけ限定、ここ限りの定義ですから、目前の「倭人伝」に集中してください』とでも一声をかければすむことです。何しろ、『正規の街道はないし、牛馬のいない、「無文」の蕃王界』ですから、道里に意味は無く、所要日数が肝要なのです、とでも示唆すればすむことなのです。
 何しろ、後漢末建安年間以来、魏明帝景初年間までの長きに亘って「不法」に東夷を管理していた公孫氏が、結果として明帝を欺いたために、道里の潤色が「正史」に記録されたのであり、魏志巻末の蛮夷伝という位置付けを考えれば、『郡から倭まで万二千里という「公式道里」に、実質的な意義が無い』としても、西晋恵帝時の当時の皇帝、高官、権威者に許容されたと見るべきなのです。いや、許容されなければ、「倭人伝」は、無傷で生存できなかったし、劉宋裴松之の怜悧な慧眼を免れることができなかったのです。

 農地面積表示の「方里」は、「道里」ではないものであり、つまり、一次元と二次元で異次元なので、「別格」なのです。「方里」は、当該領域の土地台帳に記帳された「歩」(ぶ)、「畝」(ほ)、「頃」(けい)なる、度量衡とは別由来の単位系に属していると見られますが、従来は、道里の「里」を一辺とする方形領域と「素直に解され」、あるいは「誤解されて」、今日見られる混乱を招いたものと見られます。
 言うまでもありませんが、史官である陳寿は、西晋代まで健全であった「九章算術」の訓練を受けているので、二千年後の東夷の無教養な誤解は免れていたのです。

 論理の帰結として、三世紀に書かれたと見える「魏志倭人伝」の道里記事に記載された朝鮮半島中南部以遠、「韓国」の南に接する「倭」の道里に、短里が適用されているように「見える」と見るべきです。

*2020年時点の達観
 文献史料に記載が無いので、なぜ「短里」と見える「里」が適用されたかは、未確認です。
 そのような「道里」が、「魏志倭人伝」で有効であったとする根拠は、「魏志倭人伝」そのものですから、広く用例を探ることに意義は無く、本説を否定することも困難です。

                                未完

« 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 4/6 再掲 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 2/6 再掲 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 3/6 再掲:

« 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 4/6 再掲 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 2/6 再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ