« 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 5/6 再掲 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 3/6 再掲 »

2023年7月 4日 (火)

倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 4/6 再掲

                                                       2019/02/27 表現調整 2020/11/10 2023/07/04

*周制回顧
 ここでは、主として、「晋書」地理志所収の「司馬法」に規定が書かれている、周制に始まり魏朝に至る里制について考察します。
 
 当記事の一部として創作した概念図から、まず見て取れるのは、周制の単位系が、一尺25㌢㍍程度の「尺」から、天子の領地にあたる一辺一千里の「畿」まで、ハシゴ段(階梯)に欠けがないよう、十倍、百倍で続いているのです。(「井」、「里」の下で三倍、九倍になって例外となっていますが、例外があるのは、それなりの事情あってのことです。例外があるから、「例」が証明されるということです)
 
 丁寧に追いかけると、里から尺に下る単位系と里から畿に上る単位系は、趣旨が一致しないようですが、この点は本論に関係無いので、取り敢えず、割愛します。
 

 当概念図は、当方が自習用に作成したものであり、晋書」所収の司馬法は、当然、言葉の定義だけですから、概念図の出来具合は本論に関係無いのです。

*綿密な単位体系
 周制に始まる「単位系」は、このように綿密に築かれているので、里を1/6、ないしは、6倍に伸縮すると、尺、歩に始まり畿(一辺千里)に至る「単位系」の階梯が連動して乱れるので、天地崩壊とも見える大混乱無しに実施できないのです。
 なお、「里」(り)に始まり、「歩」(ぶ)を経て、度量衡として運用されている「尺」に下る部分は、全体として「歩」(ぶ)に綿密に連携していて、歴年保守されてきた土地台帳に常用されている「畝」(むー)を含んでいるので、国家的、社会的に大混乱を起こさず、単位の実施することはできないのです。 
 総じて言うと、周制でこうした単位系が始めて構築、公布されて確定して以降、里長の伸縮は、歴史に深い刻印を残さずには不可能だったのです。

*周制以降
 なお、ここで提示しているのは、殷周革命により周が天下を把握して、相当部分で殷制を踏襲した「周制」の公布後は、全単位系を動揺させることなく里を伸縮することは不可能、というだけです。
 里長や換算係数の当否は本論に関係無いので議論しません。
 
 司馬法の「周制」以前、つまり、商(殷)の単位系は、史料に残されてないので実体不明であり、短里の由来や時間的、空間的棲息範囲は、今となっては憶測/夢想しかできないのです。

 「魏志倭人伝」が、地域制度倭人伝限定の里制の孤証です。例外として適用されているので、当然、他に用例はありません。

 ここまで、確実な歩調を保っていたので、滑ってはいないはずです。

                         未完

« 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 5/6 再掲 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 3/6 再掲 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 4/6 再掲:

« 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 5/6 再掲 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 短里説の終着駅 3/6 再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ