« 新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 8/12 臺論4 三掲 | トップページ | 新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 6/12 臺論2 三掲 »

2023年8月28日 (月)

新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 7/12 臺論3 三掲

 「通説に惑わされない21の鍵」(文藝春秋企画出版)2015年4月刊 
私の見立て ★★★★☆ 総論賛成、各論疑義  2021/08/14 2024/02/14

 謝承後漢書」では「邪馬壹国」……范曄も「邪馬臺国」と記した可能性が……あります。……斐松之が、「邪馬壹国」の部分だけは見過ごしたとは考え難いと思います。と見れば斐松之が見た「三国志」では「邪馬臺国」となっていた可能性が……浮上します。

 謝承「後漢書」に、「東夷列伝」「倭伝」を「見る」のは、根拠の無い幻想です。正史「三国志」「魏志」で、東夷の一国名は些事です。裴松之が特段の関心を持ったとは思えません。論議に値しない「可能性」は、さっさと廃棄すべきです。

 ……「三国志」……原本は残っておらず、「三国志」が……刊行された……北宋……南宋となった以降にも……刊行されています。後の時代に……「邪馬壹国」と書き換えられた可能性があるのでしょうか。その場合、……意図があって書き換えられた……ように思われます。

 世上出回っている「妄言」「謬見」の最たるものが、物々しく示されていますが、何所のどなたの受け売りなのか、つまらないことを云うものです。三世紀の陳寿完成稿の原本も、百五十年後の劉宋史官裵松之が付注した加筆版典本も、現存していないのは、むしろ当然です。それは、別に、陳寿「三国志」に限ったことでは無く、批判の根拠とされている諸史料も、軒並み同列です。「翰苑」は、写本の末裔が、たまたま、日本に将来されていて、断簡が残っていますが、無惨な残骸であって、原本などではありません。
 続いて、途轍もない言いがかりが述べられていて、合わせて、高柴氏に、消せない汚名を残しています。もったいないことです。
 「何らかの意図」は、不思議です。「印刷工房」所蔵の版木を改竄しても流通刊本は手つかずなので、不法行為は、早晩露見します。正史改竄は、本当に命がけで、露見すれば(英語で言えば、仮定の問題である「IF」でなく、その時どうするという「WHEN」です)、共犯一同斬首で首が飛び、連座妻子は、首が繋がっても、奴隷、宮刑、果ては娼家に売られ「ただでは済まない」のです。誰がそんなことをするのでしょうか。
 もちろん、刊本は、印刷本なので、同時に多数あり、手書きで全数を書き換えるなど、無理も良いところです。そして、いくら刊本を書き換えても、版木が健在であれば、次回刊行すれば、原文が復活するのです。何とも、筋の通らない話です。

 近年、強引な説法として、「陳寿原本が、本来(筆者の)「自説」通りだったのが、後世、原本改竄されて今の刊本になった」との救いようのない「ホラ話」がありますが、皇帝蔵書をどのようにして改竄するのかという疑問を置いたとしても、「どの史書のどの文字も、盆本に手を入れれば思いのままに改竄可能」とは、底なしの泥沼論です。氏が、無根拠、無法の「思い付き」株病原体に感染していなければ幸いです。
 ついでに言うと、何者かが史書の一部の文字を差し替えるとしたら、字数をあわせて跡を残さない高度な技巧が必要であり、それこそ、実行不可能となるのは、目に見えています。いや、史料が紙資料なのか、簡牘巻物なのか、紙資料としても、袋綴じの冊子なのか、裏打ちした巻物かでも、手口は、まるで異なります。

 これからは推測になりますが、一つの可能性として考えられるのが中央公論社「歴史と人物」昭和五十年九月号に掲載された薮田嘉一郎氏の「『邪馬台国』と『邪馬壹国』」と題する一文です。……三国志の校定者が「邪馬臺」や「臺與」の「臺」という文字を似たような字画(字形)である「壹」と書き改めた可能性があると……述べておられます。

 首を傾げて、ここまで、「丸ごと推測」では無かったのかと言いたくなりますが、それは置くとして、僻諱で、似た字形の代字を選んだとは、安直な素人考えの与太話です。因みに、正史筆頭三史「後漢書」の「臺」は、なぜ見過ごされたのでしょうか。まことに不思議極まりないホラ話を信じる方も信じる方です。後世正史の「臺」も、残らず生き延びています。
 因みに、「三国志の校定者」などと苦し紛れの思いつきを述べていますが、「三国志」は、国宝級の貴重書であり、もし、校訂するとしたら、当代最高の人材が合議して校勘するものであり、独断、無根拠では手出しできず、また、正史校訂は、それこそ一字ごとに記録を残すのであり、ますます、個人が好き勝手にできるものではないのです。
 とは言え、ことの責任を、欠席裁判で薮田氏に押しつけて済む問題ではないでしょう。誰でも、何か「妄想の虫」に取り付かれる事はあったとしても、客観的に評価されていれば、「却下」です。存在しない「可能性」など、無意味です。
 このように著書に書き込むには、証人審査した上で取り上げるべきです。

 ……南宋の時代に……帝の居所を意味する……「臺」の字を東夷の国名に使うことは許されないとする考え方があったとする……、薮田氏の推測は正鵠を射ているように思われます。……はじめに倭人伝の間違いは多くないとしましたが、「臺」の字だけは「壹」と書改められたと見た方が良いようです。

 「三国志」改竄論は「世も末」です。「三国志」南宋刊本は、多数の学者が議論して校勘したのであり、個人的な思いつきで版木改竄の大罪を犯すことはあり得ないのです。
 無知な方は無限の妄想を逞しくできてうらやましい限りですが、「二千年後生の無教養な東夷」の推測されるように、陳寿「三国志」「魏志」の「臺」の「筆禍」で趙宋代の誰かが処刑されることはないのです。「筆禍」は、あくまで当代王朝、今上帝に対する大逆罪です。刊刻の際に、当代、先代の皇帝の実名を憚ることはあっても、帝の居処は、時代に応じて変遷して、一々付き合っていられないのです。
 無学、無知な現代人(二千年後生の無教養な東夷)の無責任な(妻子や両親の「首」のかかっていない)発言は、無視すべきです。「正鵠」は、物知らずの物言いです。
 倭人伝」に誤字は希としながら、ここで一字の誤記/改竄に、ここまで執拗にこだわるのは、断然不合理です。先人は、何らかの錯誤でそうなったに違いないと決めつけているだけです。一度、顔を洗って、ご自分の書いた文字を見なおしていただきたいものです。

*史家の気骨
 再確認ですが、劉宋士人の笵曄は、左遷先を訪れた友人から皇帝退位陰謀を聞かされて不同意でも密告しなかった、これは、陰謀加担と見なされて、連座した嫡子共々斬首されました。密告して免罪に与る保身策に訴えなかったのは、士人の志を堅持したのです。
 笵曄は、史記「司馬遷」はもとより、漢書「班固」、三国志「陳寿」も、厚遇どころか迫害/処刑された先例は承知していたのです。

                                未完

« 新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 8/12 臺論4 三掲 | トップページ | 新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 6/12 臺論2 三掲 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 8/12 臺論4 三掲 | トップページ | 新・私の本棚 高柴 昭「邪馬台国は福岡平野にあった」鍵14 6/12 臺論2 三掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ