« 私の本棚 野田正治 「古墳と仏教寺院の位置が示す真実」 2/2 | トップページ | 私の本棚 長野正孝 鉄が解いた古代史の謎- 消されていた古代倭国 6/6 »

2023年11月20日 (月)

私の本棚 野田正治 「古墳と仏教寺院の位置が示す真実」 1/2

  私の見立て☆☆☆☆☆ 論外のジャンク         2016/11/28 2023/04/19 2023/11/20
  別冊宝島「古代史15の新説」  古墳と仏教寺院の位置が示す真実 野田正治

◯はじめに
 当ブログ筆者は、毎日新聞が夕刊紙上で月一連載している「歴史の鍵穴」コラムの多くの記事に「地図妄想」との批判を浴びせて、その趣旨の論証を計っている。
 つまり、『現代の地図上で、古代史に名の上がっている地点が厳密な直線上などに配置されているのは、古代においてそのような厳密な位置関係を企図して設置したからである』とする「非科学的/不合理で根拠のない憶測」を、筋の通らないデータとともに押しつけるのは、コラム筆者の根拠のない妄想であり、全く科学的ではないと丁寧に批判しているが、ここにも、同様の妄想にとらわれている論者がいるのには、憮然とするのである。ということで、趣旨は重複しているが、別のメディアの別の論者の批判である。
 筆者は、どうも、建築学における泰斗であり、斯界の専門家として、絶大な権威を持っているのだろうが、考古学に関しては、まるっきりの門外漢/素人と見える。そのような素人の不出来な考察を、なぜ、このような考古学論の場に持ち出すのか、不可解そのものである。「別冊宝島」の編集部は、論文の掲載にあたって、論文審査をしないのだろうか。困ったものである。「ムック」は、闇鍋の泥仕合、「泥レス」だと評する向きが有るが、このような無資格論文が陳列されているところを見ると、せめて、ちゃんと味見しろと言いたいところである。
 これでは、「ムック」全体が、ゴミだと受け取られてしまうのである。

*安直な妄想
 何しろ、現代の地図上で「直線配置状に見える」と言う主張は、まことに安直にできてしまうのだが、古代の建設時にそのような配置を行ったと確信するには、単なる結果論とならないように学説としての多大な検証行為が必要なのである。いや、当時、現代風の衛星地図が存在しなかったのは明らかであるから、実行も郍にも不可能であり、むしろ、動的に『妄想』と断定でき、さっさとゴミ箱入りとするのだが、いったん、断罪を保留する。

 当記事では、浅はかな「結果論」症状の現れとして、各地点の地理データの過度な精度が示されている。
 地上の特定の施設や建物の位置は、現代の技術をもってしても、ある程度の不確かさ(誤差)を避けられない数値であるが、論者は、そうした誤差含みの数値を、緯度・経度については、小数点以下五桁、つまり、角度で言えば、十万分の一(0.001%)のデータ精度を誇ってみせるのである。
 そして、計算結果である方位角では、一万分の一(0.01%級)の精度を誇示している。現実世界の測量では、千分の一(0.1%)の精度すら達成困難(事実上不可能の意味)と考える。

 10cm(100mm)の「定規」/「物差」でも、0.1mm単位の読み取りはまず無理である(絶対不可能の意味である)。最低、ノギスやマイクロメーターのお世話にならないとだめである。ノギスやマイクロメーターを使用するにしても、温度管理された恒温/測定室のような高度な測定環境や精度を保証する定期校正が必要である。もちろん、試料は、測定に先だって長時間恒温に保持され、それこそ、試料の深奥に到るまで温度が一定していていないと、測定が、全く無意味である。野田氏は、全くの素人なのか、一桁を単に数字一つのように思っているのだろうが、一桁の精度向上には、莫大な労力とそれをささえる技術が伴うのである。専門家には、常識である。

 以上のような議論は、高校生レベルの常識であるので、よく言う「文科系」が数字に弱いなどと言ういいわけに無関係な半人前の論義である。なぜ、誰も止めないのか、不審である。ということで、ここに書かれた計算結果は、元データもろとも、実測不可能であり、明らかに架空、つまり、虚偽である。
 研究偽造で、即刻更迭されてしかるべきだと思うのである。

 後に論者自身が渋々認めているように、建造物のどの場所を位置測定するかによって、緯度、経度に若干の変化があり、ここに表として示された数字は、それに伴って大きく(0.1%程度を言うなら)変わるのである。そう考えると、ここにあげられた数字は何なのだろうか。論者のもくろみに合うように選定されているのではないかと懸念される。数字だけ提示されていれば、無批判に信じるというのは、批判精神の放棄であり、誠に残念である。

 世上溢れている「ペテン」が、このように易々と公表されているのは、どうしようもなく不合理である。気の毒なことに、当記事の筆者は、不朽の悪名を掲げているのである。

以上

 計算の基礎となったデータの出所にこだわると、Google
Mapや奈良文化財研究所のデータを利用していて、国土地理院が提供する「距離と方位角の計算」の計算に従っているという。それぞれの出所が、どのような根拠でどのようなデータを保証しているかは知らないが、適宜免責される条件に限って、条件付きでサイト利用者が商用利用することを許可しているものと思う。
 国土地理院の計算サービスの趣旨は確認していないが、自身の行う計算によって、元データの精度が高まるものでないことは明示しているものと思う。
 論者が、データや計算の提供元に対して、背信行為をしていないと祈るだけである。

 

 ということで、せっかく論者が延々と各地の事例を列挙して自説を検証したように見えるが、肝心の計算精度の根拠が示されていない以上、このような数値は、論証の根拠として無意味なものと思われる。計算結果が論者のもくろみに合うように、元の緯度、経度データを選別しているのではないかという疑惑が避けられない。

 

 次に、これも深刻なのであるが、国土地理院もなければ、衛星測量データもない古代に、どんな方法で、このような精密な角度算定ができたのか、という難問が控えている。後出のように、憶測でごまかせる問題ではない。
 また、当時は、ISOで体系化された各種単位もなく、三角関数表もなく、もちろん、計算方法もなかったと思われる。
 また、任意の地点で、正確な方位を知る手段もなかったものと思われる。
 もちろん、そこから見通せる地点の方位は知ることができただろうが、見えない地点の方位は知る方法がないのではないか。あるなら、ご教授いただきたいものである。

 

未完

« 私の本棚 野田正治 「古墳と仏教寺院の位置が示す真実」 2/2 | トップページ | 私の本棚 長野正孝 鉄が解いた古代史の謎- 消されていた古代倭国 6/6 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の本棚 野田正治 「古墳と仏教寺院の位置が示す真実」 1/2:

« 私の本棚 野田正治 「古墳と仏教寺院の位置が示す真実」 2/2 | トップページ | 私の本棚 長野正孝 鉄が解いた古代史の謎- 消されていた古代倭国 6/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ