« 新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 4/4 補充再掲 | トップページ | 新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 2/4 補充再掲 »

2024年2月13日 (火)

新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 3/4 補充再掲

 eブックランド (アマゾン) 2018/09/11
 私の見立て★★☆☆☆ 労作 前途遼遠    2023/09/22 2024/02/13

*一大国~海流に削られ/膨らむ島々
 対海国論の「方四百里」の後回しでの「方三百里」論は納得できないのです。
 著者は、対馬島が海流浸食から魔法のように復元したとしますが、著者の知る瀬戸の島々は、そうして伸び縮みしたのでしょうか。対馬は、海中に岩山が聳える形状で、海流で削られないはずであり、まして、そこから復元するとは思えません。
 壱岐は、盆を伏せたように背の低い、ほぼ真ん丸の島の四囲に海浜が見え、砂浜が海流で多少削られることはあるでしょうが、それにしても、河川による沖積もあって、平衡が取れているように見えるのです。先に述べたように、壱岐が、激流に揉まれて、消しゴムのように細り続けていると感じた方がいらっしゃったのですが、多分、その方も、瀬戸内、それも、来島海峡、鳴門海峡、さらには、関門海峡の早瀬の波涛の様子で連想したのでしょうが、何かの勘違いでしょう。
 本当の意味の「瀬戸内」は、東西の瀬戸に挟まれた浩瀚な燧灘であり、ここは、島影もないので、激流は無いのですが、これは、余談でしょうか。

 いずれにしても、行程で三度渡し舟に乗って、州島、つまり中之島を跨いで越える「対馬海峡」は、当時の中国語で珍しくない「大海」と紹介されていて、特に、「瀚海」と言うように、広々とした(塩水で飲めない)「内陸」の流れであり、水深も結構深く、また、干満するとは言え潮流は見当たらないので、激流と見えず、むしろ、中原人が見なれている大河、河水(黄河)のように「淡々と」流れているように見えるのです。
 要するに、当時の中国人が見たことも聞いたこともない瀬戸内のように、干満が激しい波涛に曝されているわけではないのです。

 ここで、珍しく、原文、それも、句読のない白文を書き流していますが、つづいて、わけのわからない/意味の通らない/理解困難な日本語訳が付いて、原文掲示の趣旨が不明です。筆者は、すらすらと読解できるのでしょうが、一般の読者には、「珍紛漢紛」(ちんぷんかんぷん)です。

*泥沼の「方里」こじつけ
 突然「方可三百里」としますが、議論を「漢字源」に付け回し、根拠なく「使者実測」として、そのヒントを正体不明の野津清氏につけ回していては、説明になりません。
 それどころか、根拠不明の「三百里」を島囲と決めつけ、現代地図で「精測」した四十三㌔㍍を根拠に、一㌔㍍七里としていますが、自認のように島の外形は、誠にあてにならず、現代地形から恐らく国土地理院が制作した地図から「倭人伝」の深意を推定するのは、不正確この上ないのですが、野津氏の責任としたのでしょうか。
 ここでの小説家高木彬光氏の「考証」は、素人考えに過ぎず、前後不覚、何しろ意識不明ですが、邪馬台国論で、高木氏の所説があてにならないかもしれないのは常識」として、高木氏も、このような場違いの席で、野津氏の後ろ盾として引き合いに出されて、またもや批判の的になったのでは、たまるまいと思います。

 と言うことで、著者は、一里は0.14㌔㍍(現代中国語で、「公里」)、百四十㍍程度と決め付けます。この検定には、疑問と言うより否定的で、「到底賛成できない」としておきます。

 因みに、著者はここで「餘」の解釈を決め付けますが、一大国「可三百里」は、「言うなら三百里としておく」との表現です。また、全般的に登場する「餘」が、「多少多い」との解釈は、時に、頑固にしがみついている人がいますが、「倭人伝」の筋道からして、計算にならず、「明らかに謬り」ですが、場違いなので留め置きます。

 両件併せて、大事な事項で勉強不足のように感じますので、率直に指摘します。

*末羅国から弓なりの曲折を経て辿り着く伊都国
 著者は、原文を大きく離れた空想世界を繰り広げます。現代地図らしくJR線路が「紆余曲折」しますが、原文にそのような曲芸はないので、不合理です。陳寿が、JR線路入りの地図を見たはずはないのです。
 著者は、末羅国を、「到」、「至」論で決め付けた「下関市千代裏町室津」としますが、論理が通らず、混乱していると見えます。一大国始点方角がないのは、引き続き南に進んでいるからです。勝手読みが昂じていて心配になってきます。
 続いて、伊都国は、さらに空想行程を流れていて不審ですが、郡使者が着いていた伊都国が、九州島を外れているのは、大変困ったものです。大事な「倭人伝」の大事な書き出しで、『「倭人」は帯方の東南に在る』と明記されているので、これを大きく踏み外していては、陳寿が、冒頭で大嘘をついたことになりかないのです。
 なお、以下、奴国、不弥国は、既に書いたように、行程の圏外なので、外します。

 チラリと覗くと、著者は、許多ある先賢諸兄姉の諸説から、田中俊明氏の飜訳と野津清氏の方位解釈を、自説に合わせやすいと見くびっていますが、正確な検証無しに、通りがかりの落とし物をぱくつくのは、身体に悪いのです。「倭人伝」に関して何を言っても、口先のこね回しでこじつけられたら良いというのは、両氏の言としても、よい子が真似すべきでない詭弁に加担していることになるのです。「倭人伝」を好きなように書き換えて、気がすむのなら、最初から、倭人伝を持ち出すべきではないのです。

*無視された常識~喪われた初心
 方位解釈で言うと、どんな未開発地でも、その地の東西を知るには、「太陽の南中の方角で南北を知った後、それと直角に東西を求めれば、季節に関係なく正確に知ることができる」のに気づいていないのです。それは、小学校理科程度なので、ここでは、くどくど述べませんが、著者が、自説に有利ということで、野津氏の暴論を検証していないのは、誠に残念です。

 要するに、野津氏は、「倭人伝」を端的に解釈しては、氏の我流論義/さらには、氏の属する学派の論義に不利なので、懸命にごまかしているだけなのです。良くある話ですが、「子供だまし」の「こけおどし」に巻き込まれてはならないのです。

                                未完

« 新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 4/4 補充再掲 | トップページ | 新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 2/4 補充再掲 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 4/4 補充再掲 | トップページ | 新・私の本棚 海戸 弓真 「邪馬台国は四国だった」 女王卑弥呼の都は松山 2/4 補充再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ