« 新・私の本棚 遠山 美都男 「卑弥呼誕生」 三訂版 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 再掲 1/2 »

2024年2月26日 (月)

新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 再掲 2/2

古代中国の女性観から読み解く~個人名ではなかった「卑弥呼」が女王とされた理由  歴史読本 2014年7月号
私の見立て ☆☆☆☆☆ 零点 よいこは真似しないように 2020/10/04 2023/01/25

卑弥呼は個人名ではない 承前
 卑弥呼は「ひみこ」、あるいは「ひめこ」「ひめみこ」の音を写した[中略]

コメント:
 出所不明、根拠不明の「ひみこ」談義の言葉遊びは、一種感染症のようで要治療です。ひょっとして、これが「卑弥呼」の語義論と言うつもりなのでしょうか。『三世紀「倭人伝」の「倭の」ことばと後世八世紀の「大和」言葉の関連を示す資料はない』と古代言語の権威が、揃って明言しています。素人が何を言うかという事です。

 卑弥呼は「鬼道」[中略]に長じていた[中略]倭国大乱を鎮めるために「鬼道」に長じた女子[中略]に卑弥呼という名があたえられた[中略]

コメント:
 中略部分の「霊能力」は意味不明で、倭人伝に無い「妄想」と思われます。何か、漫画か古代史ファンタジーでも読んでしまったのでしょうか。
 倭人伝に一切書かれていない「倭国大乱」を卑弥呼が鎮めるとは、これも、出典不明で癒やしがたい妄想です。
 このように、卑弥呼命名談は妄想羅列で、史料批判のけじめは見えません。自身を史料批判すべきでしょう。素人が何を言うかという事です。

卑弥呼になった二人の女性
 [中略]卑弥呼とは[中略]地位・身分の呼称と考えるべきである。

コメント:
 思い付きは思い付きとして聞き置きます。「卑弥呼の実名が知らされていない」とは、氏の妄想に過ぎません。中華天子に実名を名乗らないことはあり得ません。素人が何を言うかという事です。

 [中略]結局、卑弥呼に就任した[中略]彼女らはいわゆる倭国王の地位にあったといえるのであろうか。[中略]中国史料による限り、この前後、二世紀から三世紀前半にかけては一貫して男王が擁立されたと伝えられており、なぜここで二代だけ女王があらわれるのかは不審[中略]

コメント:
 氏は、突然正気に返ったのか、尊大に「中国史料」と仰いますが、依拠史料名を明らかにしません。男王の国も、正体不明です。それこそ、「不審」と言わざるを得ません。根拠不明の妄想連発で逐行批判に疲れたので、以下、概略にとどめます。

 中国史料は、西暦年代を知らないので、「二世紀から三世紀前半」の150年間のことと言われても、何のことかわからないのです。せいぜい、男王の一代前も、その前も、ずっと男王であったのだろうなと言う程度です。また、晋と音信不通になって以降のことは、当然「魏志倭人伝」に書かれてはいないのですから、「ここで二代だけ女王」と勘違いを言っていますが、何を言っても、氏の勝手な思い込みに過ぎないのです。どうも、氏は、「卑弥呼」は、倭女王が襲名する職名と見たようですが、そのような異様なことは、「倭人伝」に示唆すらされていません。勝手な素人の思いつきに過ぎないのです。

 卑弥呼とはこのように男王による権力の継承を祭儀によってサポートした女性の地位を示す[中略]

コメント:
 時代錯誤で意味不明の「サポート」で読者は混乱します。「倭人伝」は男弟が女王を佐したと書いていますが、氏が説いている倒立実像なみの「女王が男王を佐す」とは、常人には理解困難です。ここまでの主張と蹉跌を起こしていて、目が回りそうです。

 以上、『魏志』倭人伝に対する史料批判をより徹底化するならば、[中略]卑弥呼機関説も十分成り立つものと確信している。

コメント:
 「より徹底化する」とは何語でしょうか。善良な読者が、ちゃんと理解できる、ちゃんとした「日本語」で、ちゃんとした文章で述べて欲しいものです。氏が何を言っても一切反問できない、氏のお弟子さんに話しているのではないのです。
 「説」と言うには、論理的な根拠を、先行論文や原史料の忠実な、正しい意味での史料批判を経て、展開しなければならないのは学問の常識と思います。個人的な思い付きに合うように史料解釈を撓めるのは、史料批判ではないと信じるのでここに明記します。

〇まとめ
 以上、氏は、長年醸しだした世界観をもとに滔々と談じていますが、原史料を遠く離れた「他愛もない幻想」(氏の用語)を露呈していると見えます。藪医者は、まず、自分を見立てて、癒やすべきであり、これでは、誰も、氏に相談を持ちかけないと思いたいところです。
 言いたい放題で過ごしてきた「レジェンド」は、晩節を汚さないように、早々に後進に道を譲るべきでしょう。

 当記事掲載誌は、学術論文誌ではなく、古代史初心者も包含した古代史ファン向けムックと思われますが、「古代史ファンは子供だましのホラ話で十分」と見くびられたことになります。けしからん話だと思うのです。とは言え、執筆をオファーしたからには、訂正指示の朱筆を入れたり、没にしたりはできないので、寄稿依頼した時点で勝負がついているようです。

 読者にも、批判する権利はありますが、「ジャンク」記事相当分の返金要求は無理でしょうか。

                                以上

« 新・私の本棚 遠山 美都男 「卑弥呼誕生」 三訂版 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 再掲 1/2 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 遠山 美都男 「卑弥呼誕生」 三訂版 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 再掲 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ