« 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 3/12 | トップページ | 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 1/12 »

2024年4月20日 (土)

私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 2/12

 学生社 2001年9月 増訂初版 (初版 1971年)
 私の見立て ★★★★☆ 豊かな見識を湛えた好著 2018/05/26 補充 2020/06/24 2022/12/13 2024/04/20
 最初に見立てを入れるのは、以下を非難と取られたら困るからである。

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

*なじまない「東アジア」
~私見
 続いて、著者の用語に不満なのは、多分、学会用語として通用しているものと思うのだが「東アジア」なる現代語が使用されていることである。他の古代史書でも見かけるから学会基準かも知れないが、素人目には異議が感じられる。
 「東アジア」というからには、三世紀古代の中国に「アジア」全域の地理の知識があって、そのうち、一部分を「東アジア」と呼ぶという前提だと思うのだが、何も定義されずに登場するので、大変居心地が悪い。やはり、古代史論で、意味の明確でないカタカナ語は避けたいものである。

*「アジア」と「ヨーロッパ」の原義確認
 実際、三世紀当時の東地中海、つまり、ギリシャの視点では、お膝元の地元がヨーロッパであり、エーゲ海を隔てた対岸、今日言う小アジアの地域が「アジア」だったから、中国東部と朝鮮半島を中心とした地域とは、何の関連もないのである。要は、良くある「時代錯誤」であり、丁寧に説明して使わなければ、一般人に「ウソ」を押しつけていることになると思うのである。
 ちなみに、「ユーラシア」と陸続きを強調するのは、カスピ海の北方を通過すれば、遮るもののない草原の道という意見であるが、冬季、氷原/雪原と化する地域(シベリア)があるので、魔法の絨毯とは行かないのである。

*地域包含視点
 と言うものの、氏が、当時の倭だけをとらえるのでなく、倭を中心した地域を包含した視点は、貴重である。特に、倭から西北に遼東に到る直線的な経路だけでなく、帯方/遼東郡と青州山東半島との連携を見出して、渤海を囲む環渤海圏の「地中海」的交流を描くのは、大変ありがたい。
 氏は、広大な「東アジア」と言うが、実際意義があるのは、環渤海圏+朝鮮半島、倭という、限定された世界であり、当時の人々にとっては、それが、辛うじて認識/到達可能と思う。当時の倭、韓、帯方世界が認識していない「東アジア」呼称は、現代人に幻想を及ぼすので、無用有害に思う。

 帝都史官は、東西全ての地域を西域伝、東夷伝、地理志などによって把握したかも知れないが、ここでは、東夷諸國とそれを束ねた楽浪/帯方両郡など、倭人伝編纂に関わった人々の意識を言うのである。「倭人伝」は、もともと「倭人伝」の原史料を書き留めた人々の世界観で書かれているはずである。

*「邪馬台国」の国際関係
 現代感覚で「国際」と言うが、国としての構造・権威を保っていたのは、せいぜい、後の魏・呉・蜀三国であり、遼東の公孫氏政権は、後に王と自称したものの、それはあくまで曹魏の一地方であるから、国家としての体裁を成していなかったと思われる。
  但し、曹魏の大義名分は、魏の領分は、後漢から禅譲を受けた領域全土であり、東呉、蜀漢をも包含したから、三鼎形勢など存在しなかったのである。
 一方、蜀漢は、「漢」であり、後漢の継承者であり、曹魏は謀反人勢力だった。
 東呉の正義はどこかわからないが、自立した天下と自認していて、それ故、史官を任じて、自国の正史を編纂していたのである。

*蛮夷と外国
 それ以外の蛮夷の世界で、東夷伝諸國、特に、細分化された「小国」は、大小にかかわらず、中国基準の「国」ではなく、「蛮夷」の集落であり、何より根幹的なこととして、言葉/文字に基づく「文化」を「中国」と現代語で言うと「共有」(シェア)していないから、「国際関係」はなかったと見る。
 当時、「外国」は「不属の蛮夷」という意味であるから、「外交」は、言葉の意味を外していないかも知れないが、現代語の縁で誤解を誘うので、厳に避けるべきだろう。

                               未完

« 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 3/12 | トップページ | 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 1/12 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 2/12:

« 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 3/12 | トップページ | 私の本棚 大庭 脩 「親魏倭王」 三掲 1/12 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ