« 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 5 「伊勢・出雲ライン」の妄想 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 4 2/3 »

2024年4月17日 (水)

毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 4 3/3

 私の見立て☆☆☆☆☆                       2016/02/17 再掲 2024/04/17
 =専門編集委員・佐々木泰造

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

承前

国生み神話に共通点
 その後に、「古事記」の国生み神話が引用されるが、はなから、おのころ島」を架空の島と断じて、無用に慎重な姿勢を示しているのに、以下、大八島(洲?)については、現代の地図に照らして確定しようとする。首尾一貫しない御都合主義の態度である。

 日本書紀の12種類の国生み記事を踏まえて、「こうした記述の解釈に議論が分かれている」と健全な発言をしながら、突然、自身の所説に馴染ませやすい古事記の記述を採り上げるのは、これまた、こじつけであり、不確かで多様な資料の中から、自分の気に入る資料だけを選別して採り上げるのは、科学的な態度ではない。記事筆者の思考の外れ方が思いやられる。

 自身の意見に合わせやすい一説に、自身の所説の修飾を施して勝ち誇るのは、まことに、非科学的な論法である。

 素人目にも、列記された諸島の比定で、大小の格差が著しいのは、不審である。大体が、当時本州島全体が一つの「島」と認識されたはずはなく、現代の「県」ですら、目の行き届かない巨大な地域である。
 素人目には、伊予二名島は、四国全体でなく、例えば、西方から接近したときの現在の松山市程度の狭い領域であり、筑紫島は、例えば、北方から接近したときの博多湾岸一帯であれば、首尾一貫するのである。どちらも全島一望とは行かないはずなので、「島」全体の名前とは思えない
 してみると、大倭豊秋津島も、せいぜい国東半島程度の領域ではないだろうか。古来、「豊」は豊前、豊後をあわせた領域、つまり、豊の国の一領域という意味と思える。

 「島」というと、地続きは半島であって島ではないとか、地理の教科書のようになってしまうが、当時の人々が、今日の全国地図や西日本地図のような確かさ、視野の広さで各地の地形を認識していたわけではないと思うのである。
 不確かな情報は、不確かな情報として扱うべきである。それが、科学的な態度である。

 因みに、タイトルで「国生み神話に共通点」と見出しで書き捨てているが「斉明西征の意味」に続いているので、これを主語として解釈するものなのだろうが、言葉としての意味が理解できない。 不確かな情報を断言するなと言うのは、言葉遣いを錯綜させて、煙に巻けばよいと言うことではない。

迷走の果て
 今回記事の結末には、あろう事か、「飛鳥と本州北端を結ぶ」とおおぼらが出て来るが、当時の「本州北端」がどこかという認識があったか、という問題以前に、この大地がどこまで続いているか、知っていたかどうか疑わしいのである。
 どうせ、妄想を言い立てるのなら、国後島北端とか、樺太北端とかを採り上げれば、歴史的に固有領土であった証拠として国際的に主張できるのではないか。本州北端とは、志の小さい話である。

 そこまでの距離と白村江までの距離がほぼ等しいというのは、2年後の海戦の位置を知っていたという主張であり、そこまで予知していたのなら、なぜ、2年後に予知していた敗戦に荷担したかと言うことになる。
 当時の最高権力者に対して、幻想・幻視に支配されていたと非難するものであり、不遜、不敬であり、ゆゆしき主張である。

 「斉明の西征の目的は、天皇の影響力を朝鮮半島に及ぼすことだった。」と突如断言しているが、大軍を率いて親征したのならともかく、瀬戸内を数ヶ月にわたって徘徊して、半島まで影響が及ぶと思った、根拠は何だったのだろうか。不可解である。

 ところが、突如理性に促されたか、「距離まで一致するのは偶然」としても、と譲歩しているが、何とも不可解である)というが、距離以外の何が一致しているのか、書き漏らしているので趣旨不明である。方角は、ご執心の線図から大きく外れている。

事実の報道
 個人の意見は個人次第であり、思想信条の自由に属する大事な権利であり、個人の意見を個人の意見として報道するのは、報道の自由に属するのだが報道機関は、個人の意見を自身の意見と混同させるような形態で報道すべきでなく、また、事実に反する報道は禁じられているはずである。

 当ブログ筆者の知る限り、毎日新聞社は、「正確な事実」の報道を信条としているのであるが、ここまでに提示したような不確かな推定を基礎として憶測を積み上げた「非科学的」記事を紙面に掲載するのは、どういう理由があるのだろうか。社内で、どのような過程を経て、事実の報道と検証して掲載したのだろうか。お伺いしたいものである。

以上 

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 5 「伊勢・出雲ライン」の妄想 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 4 2/3 »

毎日新聞 歴史記事批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 4 3/3:

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 5 「伊勢・出雲ライン」の妄想 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 地図幻想批判 4 2/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ