« 新・私の本棚 NHKBS「古代史ミステリー 第2集 ヤマト王権 空白の世紀」 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 番外 小澤 毅 邪馬台国の会 第386回 講演会 4/4 三 »

2024年4月 2日 (火)

新・私の本棚 NHKBS「古代史ミステリー 第2集 ヤマト王権 空白の世紀」 1/2

私の見方 ☆☆☆☆☆ 果てし無い浪費の泥沼 豪勢な金継ぎ骨董 2024/03/27       2024/04/02

◯番組紹介引用
詳細
古代史の謎を解くカギ「空白の4世紀」に何が!?“国宝級の発見”東アジア最大の「蛇行剣」や前例なき「盾形銅鏡」が明かす驚きの技術革新。史上初の統一国家「ヤマト王権」の力の秘密は?韓国で見つかった“謎の前方後円墳”。風雲急を告げる東アジアの動乱。危機に挑む「倭の五王」の秘策は?宿敵・高句麗との激闘の行方は?最新科学や実験でダイナミックな戦略を徹底検証。私たちの国のルーツに迫る壮大なミステリーの幕が開く

◯はじめに
 毎度の苦言だが、「ルーツ」なるカタカナ語は深刻な誤解を抱えている。
 この語句をタイトルに綴った名作文学は、アフリカで平和な暮らしをしていた男性が、邪悪な奴隷商人に拐帯されて家族から切り離され、アメリカ南部の綿花プランテーションの奴隷労働を終生強制されたが、その子孫が、アフリカの土地で先祖の故郷を発見し、親族の子孫と会合する大きな物語であり、アメリカの奴隷制度の忌まわしい歴史を伝えているから、安直な転用は「不適切」と言える。
 それとも「私たちの国」は、異境から誘拐され到来したとしているのか。

*継ぎ接ぎ細工
 それはそれとして、今回のお話は「空白の四世紀」と称して史料の無い事態であって、空白のキャンバスに大胆な絵図を描いているから、せいぜい、夢物語なのだが、乏しい遺物証拠に、新作を大胆に継ぎ接ぎして、大層な絵物語を提供しているが、制作者の想像力貧困/無教養が眼について寒々とした。

*劉宋幻想
 言い古された南北風土差であるが、南朝領域では騎馬疾駆できないので、高句麗蛮族が南下しても戦力にならない。また、北魏は高句麗の西にあり、長年抗争の果てに、高句麗が臣従したから、とても友好関係とは言えない。
 東呉孫権政権は、大型海船で数千の兵を遼東半島まで送ったが、劉宋は、中原の長安、洛陽の奪還を図った北伐で国力を消耗していて、百済救援どころではなかった。ちなみに、西晋滅亡時、百済に遺臣が亡命して、政権高官となっていたから、百済は「法と秩序」が整った、東夷随一の文明国になりつつあった。
 番組から隠されていたが、倭国は、宋朝に百済支配権を請求して拒否された。百済は、劉宋の親交の深い重要属臣でもあり、倭国の支配圏を認めるなど論外だった。なお、高句麗は、もとより不和とは言え、北魏に形式的に服属していたのである。

 とはいえ、当番組の描いた図式は、地図錯誤とあわせて、無残な時代錯誤と言える。

*高句麗南下の戯画
 高句麗は、黄海岸「制海権」を握って、遼東半島から中国東莱への交易を独占しようとしたが、嶺東荒れ地、新羅領域制覇を目指したのではない。そもそも、小白山地に遮られているので「東アジア動乱」など夢でしか無い。

*「倭讃」談議
 それにしても、中国の天子に対して「倭讃」と称するからには、「親魏倭王」金印か同等の印綬を提示したはずである。常識的には、既に南方で再興した司馬晋、東晋に遣使していたはずである。その時点では、新羅道内陸行と旧帯方郡と山東東莱の渡船が健在で、さほど困難な遣使では無かったようである。

 このような前提から、古田武彦氏は、「邪馬壹国」王統が「倭国」に順当に継承されたとみて、「九州王朝」の基礎としたものである。すくなくとも、中国史書の論理から、そのような推定を否定するのは相当困難と見えるが、当番組は、素知らぬ顔でとぼけているのである。勿体ないことである。

                                未完

« 新・私の本棚 NHKBS「古代史ミステリー 第2集 ヤマト王権 空白の世紀」 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 番外 小澤 毅 邪馬台国の会 第386回 講演会 4/4 三 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝新考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 NHKBS「古代史ミステリー 第2集 ヤマト王権 空白の世紀」 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 番外 小澤 毅 邪馬台国の会 第386回 講演会 4/4 三 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ