« 私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 6/10 補充 改頁 | トップページ | 私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 4/10 補充 改頁 »

2024年4月22日 (月)

私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 5/10 補充 改頁

 雄山閣 新装版 2004年11月 (初版 1987年3月)
私の見立て★★★★☆ 『「倭人伝」は「唯一無二の史料』 2016/06/18 追記 2020/06/07 2021/07/17 2024/04/21

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

*未曽有の「国難」
 さて、その際の「国難」は、西晋亡国事例の再現でもあったが、この際は、北方異民族による亡国、南方への避難と言うだけでなく、北方異民族が、「蛮夷を毀傷する中国文明」の撲滅を図った徹底的なものであった。
 「文書破壊」は、四書五経そのものの棄却、焚書に始まり、史記以来の正史に到る書籍類が根こそぎ駆逐され、更に、復刻をも許さないとして、木版印刷の版木に到るまで破壊したのである。地域としても、江水、つまり長江流域までに侵略が及んだので、宋代刊本事業は壊滅したが、侵略者は後退し江水流域で南宋が回復したが、甚大な破壊は、大打撃を与えたのである。
 先例である西晋滅亡時には、異民族軍に洛陽/長安が蹂躙されて、皇帝、皇族が連行されたが、退避できた皇族が江南で東晋を再興し、その際は、比較的良質な古典書籍類が生存したようであるが、北宋亡国時の国難は、そのような先例すら越えて、未曾有の甚大な被害と言って良いようである。

*再度の復刻
 さて、一旦、復刻を完成した「三国志」であるが、なぜか、再度、復刻が行われ、新たに刊行された「紹熙本」は、既刊の「紹興本」より優れていると判断されたということである。南宋創業に伴う「国家刊刻事業」計画としては、「三国志」刊刻は、いわゆる「紹興本」刊刻により終了していて、他の経書、史書の刊刻にかかっていたため、計画外として民間事業に附託したものである。そのため、時に「坊刻」と称されるが、それは「国家刊刻事業」の枠外で、民間の起用により刊刻したと言う事であり、別に、質を貶める根拠にはならない。いわゆる「坊刻」が刊刻の質が低いとは言い切れない。
 因みに、国難以前の北宋時代、刊刻は国家が独占していたが、亡国、南遷によって、中原の官営事業は壊滅し、辛うじて、江水、つまり、長江沿岸に展開されていた刊本事業を、侵略者の破壊から復元したものである。

*「青磁」の起源~余談
 そうでなくても、南宋創業の際には、太古以来、国家事業として運営していたものの多くが、宋代に興隆した民間事業に移管されたのである。
 参考であるが、北宋に至るまで、秘儀として天子の執り行う礼式に使用されていたのは、殷周代以来、精巧な青銅器が伝世されていたのである。北宋壊滅時、神聖な青銅器の避難が叶わず、南宋朝は、秘儀祭器に事欠いたが、殷周代の青銅器鋳造技術は、とうに喪われていて、祭器復元は敵わず、「青磁」と呼ばれる精巧な磁器が、青銅器に代わる祭器となったのである。
 歴代の天子は、太古祭器の継承が権威の根拠とされたので、青銅器に代わる「青磁」は、本来、尚方という名の帝室工房に独占される門外不出の技術であるべきであったが、南遷に伴って異動した尚方には、必要な祭器を制作するのに必要な技術、技術者、製造設備が完備せず、民間に委託せざるを得ず、結果として、青磁の技術は、南宋代に民間に流出したと見える。

                                未完

« 私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 6/10 補充 改頁 | トップページ | 私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 4/10 補充 改頁 »

私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 6/10 補充 改頁 | トップページ | 私の本棚 51 水野 祐「評釈 魏志倭人伝」 4/10 補充 改頁 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ