« 新・私の本棚 出野 正 張 莉 「魏志倭人伝を漢文から読み解く」 ⑵ 1/1 | トップページ | 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充 »

2024年5月18日 (土)

今日の躓き石 毎日新聞 名人戦観戦記の「屈辱」

                2024/05/18

 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊第14版掲載の「第82期名人戦七番勝負 豊島将之九段-藤井聡太名人 第2局の1」である。

 呆れたのは、同記事は、別主催者のタイトル戦「叡王戦」5番勝負第二局で、藤井叡王が屈辱的な敗戦を喫したと、ちと古い報道で開始している。最後は、同タイトル戦主催者の担当者の談話が盗用されているのである。「盗用」というのは、どう考えても、毎日新聞社ともあろうものが、「藤井名人がタイトル戦敗者として晒し者になった」などと云う屈辱的な報道を、名人戦観戦記の冒頭に24行に亘って掲載するはずがないからである。叡王戦中継番組関係者は、低額予算で番組維持のための連日の苦闘と引き比べて、大資本の全国紙の観戦記運営の暢気さを揶揄しているのではないかと見えるのである。
 これでは、名人共々、挑戦者の顔も丸つぶれである。合わせて、長年の伝統を継承している毎日新聞の品格が疑われているのである。
 なにしろ、今回の掲載は第四局の初日であり、挑戦者はカド番に喘いでいるし、叡王戦は、逆に叡王二敗のカド番であり「屈辱」どころか逼迫しているのだが、朝刊掲載の観戦記は、別次元の懐旧談であり、これでは、新聞棋戦の読者が減るのではないかと思われる。
 別に速報せよと言っているのではないが、第三者の棋譜報道を制限している以上、速報性を持たせるべきではないのだろうか。

 当該観戦記者は、A級順位戦観戦記で一方対局者のぼやきを延々と盗用して一回分原稿料をもぎ取っている実績があるから、初回ではないので、ここで悪質だと言われたとき、毎日新聞社はどう反論するのだろうか。名人戦共催なので多少の手抜きは、被害が薄められると思っているのだろうか。無駄な、というか、逆宣伝効果のある観戦記を割愛したらどうかと言うつもりはないが。

 今回は、字数が少ないが、不快感は、いや増しである。宅配講読者としては、この部分の紙面、全記事39行中の24行相当を返金してもらいたいほどである。それとも、毎日新聞の観戦記運用が気に入らなかったら、朝日新聞に切り替えろというのだろうか。なんら改善がないから、口調がきつくなるのは、当然であろう。

以上 

« 新・私の本棚 出野 正 張 莉 「魏志倭人伝を漢文から読み解く」 ⑵ 1/1 | トップページ | 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 出野 正 張 莉 「魏志倭人伝を漢文から読み解く」 ⑵ 1/1 | トップページ | 新・私の本棚 「新古代史の散歩道」ブログ批判 南畝 「乍南乍東」2/2 補充 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ