« 新・私の本棚 古田史学論集 24 正木裕 改めて確認された「博多湾岸邪馬壹国」 補充 1/3 | トップページ | 新・私の本棚 石井 謙治 「古代の船と航海の歴史」 再掲 1/2 »

2024年5月28日 (火)

新・私の本棚 石井 謙治 「古代の船と航海の歴史」 再掲 2/2

石井 謙治 「古代の船と航海の歴史」 歴史読本臨時増刊 「渡来人は何をもたらしたか」新人物往来社 1994年9月刊
私の見立て ★★★★★ 当記事に限定 瑕瑾ある卓見 2020/11/12 2024/05/28

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲したことをお断りします。代わって、正体不明の進入者があり、自衛策がないので、引きつづき更新を積み重ねています。

*遣唐使新羅道談義
 新羅道は、半島東南部の王治慶州(キョンジユ)から北上し、小白山地を竹嶺で越えて、西に黄海岸に降り、漢江河口部南方の通称唐津(タンジン)海港を経た山東半島渡航の途次であり、慶州~唐津間を要所の驛亭を経る安全/確実な陸道としたのに拘わらず、氏は、頭から西岸沖合航行と決めてかかっています。
 半島史素人にも、第三次遣唐使時点、西海岸南方は概して百濟支配下でしたが、肝心の漢江河口部南方には、新羅が戦い取っていて海港を設けていたと窺えます。つまり、西海岸沖合航行で百濟海港に寄港する行程なら「新羅道」と呼ばれることはないのです。

 因みに、半島西海岸中部から「大陸」に渡るには、海上行程の短い漢江河口部南方が唯一の適地であり、それ以外の土地からの渡海は、行程が長期化するため、不可能だったのです。あるいは、山東半島側には、新羅公館が設けられ、百濟船の入港を武力排除していた可能性もあるのです。いずれにしろ、当時、同航路は、新羅の独占、排他状態であり、新羅は頑強だったのです。尤も、遼東半島との往来は、依然として、高句麗が頑健に死守していたので、港湾は、新羅、高句麗の「呉越同舟」だったともみえます。

*新羅の国威の根源
 新羅は、古来、南下する高句麗とこれを排除する百済との武力の狭間を、多大な犠牲を払ってこじ開けて自国領を確保し、中国に認知されるに至ったので、独占した海港の権益を損なう試みには断固実力行使したはずです。

 と言う事で、丁寧に時代考証すると、氏の唱える北路観は、憶測に過ぎず、はなから間違っています。氏は、慶州唐津間行程が陸上街道で、唐津から山東半島渡海船は新羅船では、和船の出る幕が無いので、意識外にしたようですが、先入観に囚われた論考は勿体ないものです。南方からの和船参入はあり得ないのです。

*沖合航行談義
 因みに、氏の「北路」は、特に難路ではないので、航路に熟知した現地「パイロット」(操縦士でなく水先案内)を想定していますが、当然、航路全般に通暁した案内人はいないので、寄港地毎に案内人が交代したはずです。これは、港港と「条件交渉」すればいいので、地元は、入港料や水、食糧の補給代に多額の関税もあり、商売として成立すれば維持できたはずです。
 結局、出発地政権と新羅、百濟両国の関係を、「日鮮関係」と時代錯誤の概念で括るのは随分粗雑です。百済と新羅の怨恨を無視されているのは、感心しません。

◯百済新羅抗争
 古来、漢江河口部に在ったとされる百濟の王治漢城ですが、史上知られる高句麗長寿王時代の南下攻勢で漢城は陥落し、王族は全滅して、百濟は亡国で要地を奪われ、南遷して、旧都回復目指し反撃角逐していたところ、東方嶺東の僻地から興った新羅が、小白山地越えで貿易最適地を奪ったので、百濟は再度の失地回復を国是としていて、南部でも小白山地を挟んだ新羅との東西紛争であり、両国の和解はあり得なかったのです。

*「北路」航海記欠落
 氏は、遣唐使記録に「北路」航海記がないと歎きますが、新羅道陸行は、新羅使随行の臣従の体で、とても、実態を書き残せなかったのです。
 氏は、天平八年(736)の遣新羅使の半島東海岸への航海記を提示していますが、近隣外洋航海と見受けます。恐らく、筆者、読者ともども、内陸住民で海を知らなかったため、ことさら感動、特記したのでしょう。

◯まとめ~半島内陸行の裏付け
 と言う事で、新羅慶州から漢江沿岸部の海港唐津への陸道は、倭人伝時代以来、確立された公道で迂遠で危険な沖合航行はなかったのです。
 これは、帯方郡から狗邪韓国まで「陸行」』の当然とは言え、強力な支援です。
 氏にしたら、新羅道陸行説は、不倶戴天の敵、すなわち「天敵」なのでしょうのが、結果として、倭人伝」行程道里解釈の順当な解釈を妨げ、国内古代史解釈に長く暗雲を投げたので、まことに罪深いのです。
                                以上

« 新・私の本棚 古田史学論集 24 正木裕 改めて確認された「博多湾岸邪馬壹国」 補充 1/3 | トップページ | 新・私の本棚 石井 謙治 「古代の船と航海の歴史」 再掲 1/2 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 古田史学論集 24 正木裕 改めて確認された「博多湾岸邪馬壹国」 補充 1/3 | トップページ | 新・私の本棚 石井 謙治 「古代の船と航海の歴史」 再掲 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ