« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  7/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  5/10 »

2024年5月 5日 (日)

新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  6/10

 安本 美典            記2019/09/17 追記2020/10/06 2024/05/05
私の見立て ★★★☆☆ 古典的卓見の現状確認

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

〇井上光貞事例
 続いて、井上光貞氏の席上談話が延々と引用されています。
**引用開始**
 東京大学の日本史家、井上光貞氏は、『論争邪馬台国』(1980年、平凡社刊)の中で、松本清張氏の問いに答え、次のように述べておられる。
「(邪馬壱国が本当であるというのは)、ぼくは結論的には、古田さんの思い過しであるという結論です。その理由は、古田さんの論拠の根底に原文主義がある、原文通りに読めというんです。ところが問題は、原文とは何ぞやということであります。原文というのは、『魏志』は三世紀に書かれたものですが、そのときの原文、これはないのであります。だから原文原文といっているのは非常に古い版本ということである。しかし古い版本は原文ではないのであります。校訂ということを学者はやるわけであります。おそらく古文をなさる方もいらっしゃるだろうと思いますが、それはいろんな写本やなんかから、元のそれこそ原物はどうであったかということを考えるために、いろんな本を校合して、元を当てていくわけです。これが原文に忠実なのでありまして、たまたまあった版本だの、後の写本に忠実であるということは、原文に忠実ということとは違うんだということですね。

これは非常に基本的なことなのであります。ところが古田さんはそこのところが何かちょっと違っているんじゃないか。これは学問の態度の問題であります。これだけいえばもう私はほとんど何にもいう必要はないのであります。」

「たとえば『三国志』は三世紀の末頃に出来て……これ、末のいつであるかということは問題だけども、まあ三世紀の末だろうと思われる。一方、いちばん古い版本は、……南宋の本で十二世紀なんですね。その間、本としては九世紀の隔(へだ)たりを持ってる。本としてはその間に今日のところ何もないわけです。写本はもとよりのこと、版本もそれだけの距離を持ってるわけです。ところがその間にいくつも逸文というものがある。それを途中で読んだ人の記録というのがあるわけです。

そういう意味からいって、途中で読んだ人の記録を見ると、やはり大きいのは『後漢書』だと思います。『後漢書』も、もちろん原文が残っているわけではないのですけれども、……『後漢書』のあの記事は明らかに『三国志』を見ているわけですけれども、そこにはちゃんと『邪馬台国』『台』と書いている。『後漢書』が出来たのは五世紀でありますが、それが『台』と書いているとすると、『後漢書』の編者のみた『三国志』の『魏志』の『倭人伝』には『台』と書いてあったととるのがすなおな見方です。」
*引用終わり*

〇古田氏史料観の当否
 冒頭で、井上氏は、古田氏の「邪馬壹国」論に秘められた根底は、要するに単純素朴な「原文」主義に過ぎない』とした上で、『陳寿「三国志」の三世紀原文は存在しないから、遡って原文を確立した上で議論すべき』と高度な一般論を持ち出します。

 大局的にはおっしゃる通りですが、素人の率直な意見としては、大変疎漏な見解と見えます。ご意見は理性的ですが、『佚文や類書、そして、不遇時代の続いた笵曄「後漢書」は、当然、原本そのままではない』という公平な考察が疎かになっていると思います。
 更に言うなら、正史たる陳寿「三国志」(裴注本)は、歴代皇帝の至宝として、写本継承されるときも、多数の高位の人材が投入され、高度で組織的な管理が行われて史料テキストの劣化が抑制されているのに対して、提示されている諸史料は、所詮、人材、資材、所要期間に制約のある「業務」で処理されているので、格段に、誤記、誤写の危険性が高まっているものです。くり返して念押しすると、笵曄「後漢書」は、反逆者として斬首された笵曄の遺品から、どのように名誉回復され、有力「後漢書」として、南朝遺物から北朝に回収され、遂に、章懐太子によって、正史として称揚されたか、其の経過の大半は、不明瞭なのですから、陳寿「三国志」鉄壁の信頼性と比すべきもないのです。

 井上氏といえども「全知全能」でない以上、専門外の分野の論議には介入を控え、専門家に委ねるべきと思います。案ずるに、国内史学界では、文献史学と遺跡/遺物考古学の二大分野の間には、分厚いあぜ道があって、互いに相手の領域に踏み込まないという「仁義」が定着していると見られるので、井上氏が、御自ら、中国史書の解釈について、蘊蓄を傾けたのには、正直驚愕したものです。いや、著書執筆の際には、中国史書解釈について「専門家」にしかるべく諮問し、然してその答申に随うものでしょうが、講演会に続く座談会では、ご自身の見識に頼らざるを得ないので、若干覚束ない発言になっても、しかたないと見えるのですが、このように、第三者に引用されてみると、氏の権威に陰が差してしまうのではないかと危惧するのです。
 要するに、この部分は、筆者の念入りの推敲と専門家による編集を経た出版物である著書の引用でなく、散漫な席上談話の書き起こしなので、このような重大な論考に引き合いに出すのは、大変不都合なものと考えます。

 そこ(笵曄「後漢書」)にはちゃんと『邪馬台国』『台』と書いている。『後漢書』が(…)『台』と書いているとすると、『後漢書』の編者(笵曄)のみた(…)『倭人伝』には『台』と書いてあったととるのがすなおな見方です。」 と井上光貞氏が、素朴な、むしろ、子供じみた/素朴な、非学術的な「感想」を述べたところを、安本氏は、手っ取り早い論拠として持ちだしていて、「まことに失礼」と思うのですが、どんなものでしょうか。

                                未完

« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  7/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  5/10 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  7/10 | トップページ | 新・私の本棚 邪馬台国の会 第381回講演「邪馬台国」論争 三  5/10 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ